ホビー

プラモデルやミニカーなど

プラモ製作(114)1/12 ホンダ・モトコンポ

もともと早期リタイア後はほとんど引きこもり状態に近いような生活をしていますが
昨今の新型コロナ騒動になってからは麺紀行や美術館・博物館めぐりなども自粛状態で
いっそう引きこもりが強まっているわけですが、
それなのにプラモデル製作はほとんど進んでおらず手つかずの状況となってました。
特に理由はないのですが、なんとなくやる気にならなくなってたんですよね。

どこかで聞いた話ですけど、あれだけTV収録などで忙しかったビートたけしが
この新型コロナ騒動のステイ・ホームで趣味の(半分プロ級?)絵画などに熱中してるかと思いきや
「なんかやる気にならなくて10分で飽きちゃうんだよな」とか言ってましたけど
その気持ち、なんとなく分かるなぁと思ってました。

B200207_1 
アオシマ文化教材社の1/12スケールのホンダ・モトコンポ1981年式を作りました。
いや、実はこれ、今年の2月に作ったもので、その後はずーとおろそかになってます。

続きを読む "プラモ製作(114)1/12 ホンダ・モトコンポ"

| | コメント (0)

プラモ製作(113)シティ・カブリオレ

B200130_2
タミヤ製1/24のホンダ・シティ・カブリオレを作りました。
ピニンファリーナ設計ということでプジョー205CTi(カブリオレ)とイメージが被るんですけど
実はプジョー205CTi が1987年日本発売(本国発売は不明)なのに対して
シティ・カブリオレは1984年発売とこちらの方が先だったみたいですね。
それに、プジョー205CTi が生産までピニンファリーナに委託していたのに対して
ホンダ・カブリオレはホンダ製のようですから違いがあります。
もっとも元のシティが日本製で、日本と欧州と地理的な問題もありますが……

似たようなFF2BOX車のオープン化ということだとゴルフ・カブリオ(“レ”は付きません)でしょう。
文法としてはほぼ同じですが、これはジウジアーロ・デザインのゴルフを
カルマンにてカブリオレ化して生産されたとのことです。

続きを読む "プラモ製作(113)シティ・カブリオレ"

| | コメント (0)

プラモ製作(112)ロータス・エスプリS1

B200126_4 
フジミ模型の1/24スケールのロータス・エスプリを作りました。
2016年製造のキットですからモールディングなどシャープで精度も良くできてます。
フジミにしては曖昧な部分も少なく組立説明書はそこそこ丁寧なので結構作りやすかったです。
エンジンなどは再現されてないのでややあっさりしたキットの印象もありましたけど。

ロータス・セブンなどが好きだったガキの頃(中学生?)のボクのロータス・エスプリの印象は
良い意味でのロータスごときがスーパーカーみたいなの作ってんじゃねぇよという
いささか冷ややかなものだったのですが
それでも異様に薄べったいのに全体のプロポーションはいいなぁとは思ってました。
あっこれってジウジアーロのイタルデザインだったんですね。今知りましたorz

それに今になって見ると、サイズも手頃で性能も手頃で全然スーパーカー的じゃなく
ハンドリングを楽しめるスポーツカーって感じで好感が持てますね。
いや、買えませんけどね(笑)

続きを読む "プラモ製作(112)ロータス・エスプリS1"

| | コメント (0)

プラモ製作(111)童夢・零

B200126_3 
フジミ模型の1/24スケールの童夢・零BLACK BODYを作りました。
童夢・零としてはル・マン24時間レースに参戦した
プロトタイプレーシングマシンの童夢・零RLというのもあり
こちらのプラモデルは大昔に作っていてこの記事で紹介しましたが
今回のはレーシングマシンの前に公道向けスーパーカーとして企画された
ショーモデルのプラモデルキットになります。

ただ笑えるのは箱絵の右下にこんなことが書かれているんですよ。
このプラモデルは架空の仕様です。実際のモデルではありませんのでご了承下さい。
って、童夢(林みのる代表)に無断でプラモデル化ししたわけでもないでしょうから
架空の仕様とか言っちゃうのはちょっと変かなぁと思いますけどね。
プラモデル化でどの程度デフォルメや簡略化するかはメーカーの裁量の範囲でしょうし。

続きを読む "プラモ製作(111)童夢・零"

| | コメント (0)

プラモ製作(110)BMWイセッタ250

B190715_1 
前回のBMW M1に続いてのBMW車のプラモデルを作りました。
まぁBMWといってもイタリアのイソ・イセッタのライセンス生産であるBMWイセッタですけどね。
ですから、前回に続いてドイツ・レベル(Revell)社製のキットを作りましたの方が正確かな。

イセッタはバブルカー……1980年代日本のバブル時代のバブリーな車という意味ではなく
ヨーロッパなどでの戦後しばらくまでの「泡のように小さな車」のバブルカーです。
ですから、全長2m少々のほんとにちっちゃくて可愛いクルマなのですが
このキットは1/16スケールというなんとも中途半端な大きさのキットになってます。
完成サイズのボリューム感では先日製作したシトロエンHをも凌ぐほどになります。
それでもころっとした丸っこくて寸詰まりのデザインは愛らしいですけどね。

続きを読む "プラモ製作(110)BMWイセッタ250"

| | コメント (0)

プラモ製作(109)BMW M1プロカー

B190702_06 
レベル(Revell)のBMW M1 Procar(プロカー)を作りました。

グンゼ(グンゼ産業)と提携していたころのレベルのプラモデルキットは
もしかしたら作ったことがあったかもしれませんが、
少なくともレベルそのものとして日本に輸入されてきているプラモデルキットを作るのは
記憶の限りでは初めてということになるかなと思います。

ちなみに、組立て説明書もドイツ語表記(英語などもありますが日本語はなし)なので
おそらくこのキットはドイツ・レベル製なのでしょう。
ただ、レベルを作るのも初めてのボクですからアメリカ・レベルとドイツ・レベルとの
違いなんかまったく分かっていませんですけどね(笑)

続きを読む "プラモ製作(109)BMW M1プロカー"

| | コメント (0)

プラモ製作(108)ルノー4L

B190625_1 
またまたエブロ(EBBRO・株式会社エムエムビー)の1/24スケールの
ルノー・キャトルL(RENAULT 4L)を作りました。
確かボクはルノー4に乗った記憶はないのですが
フランス車のイベントなどではよく見かけていたクルマですから身近な印象がありますし
またシトロエン2CVとともにフランスを代表する愛すべき大衆車ですから
作っておきたいクルマのプラモデルの1台でもあります。

フランス・エレール製のキットもあるみたいですが
エブロ製のキットの方を購入して作りました。
¥4,800という高額なキットですがそれでもエンジンなども再現されていて
それなりに気合いの入ったキットになっている印象です。

続きを読む "プラモ製作(108)ルノー4L"

| | コメント (0)

プラモ製作(107)シトロエンH(アッシュ)

B190624_1 
前作のシトロエン2CVピックアップに続いて同じエムエムピー・エブロ(EBBRO)の
1/24スケールのシトロエンH(アッシュ)バンを作りました。
日本ではあまり見かけることのないHバンですけど
この時のようにクレープ屋さんとかお洒落な洋菓子などの移動販売・キッチンカーなどとして
今でもたまに見かけることがあるクルマです。
実際にこのエブロのキットでもクレープ屋さん仕様のものも発売されてます。

またHバンにはいろいろなバージョンもあって
この時見たようなロングバージョンのもものもありますが
今回のキットは標準というか短いバージョンです。
短いといっても1/24スケールとしてはうすらデカイボディになりますけどね。

続きを読む "プラモ製作(107)シトロエンH(アッシュ)"

| | コメント (0)

プラモ製作(106)シトロエン2CVピックアップ

B190622_1 
エブロ(EBBRO・エムエムピー)の1/24スケールのシトロエン2CVピックアップを作りました。
エブロというとミニカーのイメージが強いのですが少数ながらもプラモデル・キットも出ています。
1/20の古いF1と1/24のシトロエン&ルノーがメインのラインナップという渋さです。

エブロって最近出てきたメーカーだよなと思ってましたが、調べてみると1998年設立ですか。
それに、元タミヤの設計技師による設立だったんですね。

エブロのプラモデルを作るのは今回が初めてだったのですが、
どうりでタミヤっぽいと感じさせる部分がそこかしこにあり
しかもタミヤカラーによる塗装指示であるのもそういう経緯が関係してたんですね。

続きを読む "プラモ製作(106)シトロエン2CVピックアップ"

| | コメント (0)

プラモ製作(105)シトロエン2CVオレンジエーリアル

B171125_1 
以前にも作ったタミヤ製1/24スケールのシトロエン2CVをまた作りました。
今回のキットは2017年11月製造となっていますので
最近になって再販されたものですね。

さすがにデカール類はちゃんとしていて安心して製作に取り組めました。
といいますか、昔のタミヤはデカールが箱の中にそのまま放り込んであるだけだったのに
最近のは再販のものでもきちんとトレーシングペーパーを挟んでビニール袋に入れられていて
品質の安定化に気を遣うようになったのが分かります。
最初からそうしろよと言いたいのですけどね。

続きを読む "プラモ製作(105)シトロエン2CVオレンジエーリアル"

| | コメント (0)

より以前の記事一覧