早期リタイア

定年前の55歳で早期リタイアしました

特別定額給付金を受領したので住民税を納付した

本日、特別定額給付金・10万円が指定口座に振り込まれました。
銀行からEメールで入金の連絡があり、実際にネットで振り込みを確認しました。
もうとっくに給付されたよという人もいれば、まだまだだよという人もいるかと思います。

そこで、どのくらいの給付率になっているのかちょいと調べてみますと
全国では6月10日時点で35.9%という記事がありました。
群馬県では6月5日時点で29.7%となってましたが
驚くべきことにボクが住む伊勢崎市ではたった4.0%と群馬県最低でした。
そして、11日までに10%を、6月中にはなんとか給付完了したいという
まぁなんと悠長な話なんかなぁという記事が見つかりました。

ボクが申請書を受け取ったのはこの時(5月23日)でしたが
別段新型コロナ騒動で一刻も早く給付金を貰わないと生活が成り立たないわけではないので
その記事中にも書いたように優先順位を勝手に忖度してすぐに申請はせず
5月29日に申請をしたのでした。

ですから、ボクが給付金を受け取れるのはもっと先のことだろうなと覚悟してました。
それからすると思いの外早く受け取れたなというところですかね。

続きを読む "特別定額給付金を受領したので住民税を納付した"

| | コメント (0)

やっと10万円の申請書が郵送されてきた

A200522_1 
昨夕のことですが、やっと「特別定額給付金(1人10万円)」の申請書が
我が家にも郵送されてきました。
独り暮らしなので、“我が家”というのもしっくりこないですが
いちおう世帯単位での申請ということですからね。

ちなみに、マベノマスクはまだまだ届きませんねぇ。
要らないのでどうでもいいですけど(笑)

続きを読む "やっと10万円の申請書が郵送されてきた"

| | コメント (0)

年金の2年一括前納・口座振替と年金改正案

2017年秋に早期リタイアしてこの時に厚生年金から国民年金へ切り替えました。
国民年金の支払いは銀行口座からの口座振替にしています。
また、2018年度からの支払いは2年一括前納にしています。
これは毎年2月末までに申し込むと2年度ごとまとめて口座振替になるもので
これをすると2年間で約15,000円ほどお得になるというものです。

ですから、2020年の今春にはまた2年一括前納をしなければいけません。
口座振替なので自動で引き落としされるわけですが、
ボクがクレジットカード引き落としなどにメインバンク的に使っているネット銀行は
この口座に指定できなかったので、
あまり使っていない地方銀行の口座を指定しています。

その地方銀行の口座は今はほぼ水道料金の自動引き落としにしか使っていないので
普段は1~2万円ほどしか残高がないような口座ですから、
国民年金2年分となる約40万円という引き落とし前にきちんと入金しておく必要があります。

続きを読む "年金の2年一括前納・口座振替と年金改正案"

| | コメント (0)

もしもこの騒動が〇年前だったら……と空想してみた

前の記事でこの新型コロナ騒動の中でも「もしもまだ働いていたとしたら……」と
空想してみたわけですがその続きといいますか
もしこの新型コロナ騒動が何年か前に発生していたらどうなんていただろうかと
これまたありもしないことを空想して楽しんでみることにしました。

といっても、1年前とか2年前とかではボクもう早期リタイアしてしまっているので
ほとんど今と何も変わりはないでしょうから、空想してみても面白くありません。
かといって、10年前とかだと前回記事の「まだ働いていたとしたら……」と同じで
あらためて空想する価値はまったくなくなってしまいます。

となると、やはり大きな変化があった3年前を想定して空想するのが面白いでしょうね。
そう、ちょうど3年前に会社の転進支援制度に応募してその4月から休職に突入しましたからね。
ただし、その転進支援制度への応募期間は正月明けすぐのことでしたから
そのタイミングではまだ日本では騒動というものの兆候すら感じていなかった時期なので
(専門家や超敏感な人はすでに警戒感を持っていたかもしれませんが)
この騒動自体が転進支援制度への応募になんらかの影響を及ぼしたということはないでしょう。

続きを読む "もしもこの騒動が〇年前だったら……と空想してみた"

| | コメント (0)

もしもまだ働いていたら……と空想してみた

ボクはもう2年半前に早期リタイアして現在も働いていませんし独り暮らしですから
再三書いているようにこの新型コロナ騒動とはほとんど無縁で生活をしていられる身なわけで、
せいぜい麺紀行に行かずに行動半径を縮小化したくらいで
もともとほとんど誰にも会わずに準引きこもり生活をしていたのを淡々と続けているだけです。

けれども、もし、早期リタイアせずに今なおサラリーマンとして働いていたら
今ごろどんなことになってたのか面白半分にちょっと妄想してみました。
もっとも、もうゴールデンウィークの長期連休に突入してしまっているかもしれませんが……

ちなみに、早期リタイア後は元の同僚などとほとんど逢っていませんし
ましてや新型コロナ騒動になってからはまったく会ってないし連絡も取ってませんから
現実にどういう状況になっているかの情報はまったく持ち合わせておりません。
故にこの妄想はなんの根拠もないものであることをお断りしておきます。

ところで、“妄想”という言葉は「根拠もなしに現実に起きた/起きると信じること」の
意味なのだそうなので、確かに根拠はないけどそうなると信じているわけでもないですから
“妄想”というより単なる“空想”と言った方がいいんでしょうかね。

続きを読む "もしもまだ働いていたら……と空想してみた"

| | コメント (0)

もう働くつもりないけど学生時代のバイトの話

ボクは大学卒業後に新卒採用されてその後転職することなく
基本的にたった一つの会社で働いた経験しかないのですが、
(基本的に、と書いたのは応援や出向でSTIに居た時期があるからですが)
学生時代にはまぁそれなりにいろいろなバイトをした経験があります。

もう早期リタイア後はバイトも含めて仕事をするつもりは一切ないのですが
今日は学生時代のバイトについてちょっと思い出して書いてみようと思います。
まぁ40年ほど前の話になるので今の学生さんの参考にはまったくなりませんし
ボクと同世代の中年ジジイにとってもどうでもいいことでしょうけどね(汗)

中高校生の時は部活(ハンドボール部)やってましたし
確かバイト禁止の校則があったので基本的にバイトはしませんでした。
けど、なんか親戚の酒屋さんでバイトしたことがあって
それが大学生の時ではなかったような記憶なんですよね。
もしかしたら、高校卒業直後から大学入学前までの春休み期間だったのかもしれません。

続きを読む "もう働くつもりないけど学生時代のバイトの話"

| | コメント (0)

「職業に貴賤はない」と言いますが、自分の中にはある

図らずも前置きが長くなってそれだけで一つの記事にしてしまったこの前の記事の続きです(汗)

その記事で、「職業に貴賤はない」という元来の意味と
それにともないそもそも公利性のない職業については除外されていることを書きました。
しかし、公利性の有無は明確に線引きすることは難しいですし
公利性がないからといって違法行為でなければ完全に否定できるものでもないので
程度問題でもあるだろうという意見を書きました。

さて、今回はそんな新型コロナ騒動に関連したことについてではなく
また、世の中や他人のことについて不思議だとつぶやくことでもありません。
きわめて個人的に自分の頭の中には貴賤はあるということを書きたいと思います。
“貴賤”というより個人的な好き嫌いがあるという程度のことでしょうけど。

続きを読む "「職業に貴賤はない」と言いますが、自分の中にはある"

| | コメント (0)

新書「世界のニュースを日本人は何も知らない」を読了

B200305_1 
ワニブックス[PLUS]新書の「世界のニュースを日本人は何も知らない」谷本真由美著を読みました。
確かに、日本ではあまり世界のニュースはまじめに報道されませんし
ボク自身からも語学の壁もあって積極的に世界のニュースに触れているわけではないのですが、
それでも日本のニュースが世界の常識からかなりかけ離れていることは認識してますから
ちょいとこの本のタイトルに惹かれて読んでみました。

もっとも昨今の新型コロナ騒動によって図らずも世界のニュースや
日本がどう見られているかのニュースは増えたとは思いますけどね。
というか、扱う話題がコロナ一色になっただけですが。

続きを読む "新書「世界のニュースを日本人は何も知らない」を読了"

| | コメント (2)

新型コロナの影響で親父の遺産が大損失(T_T)

昨年の2月に亡くなった父親の遺産ですが、昨年秋のこの記事で書いたように
その時点で口座の名義変更などを済ませていちおうのひと段落を向かえていたものの
外国債券の償還日(満期日)が今年の春であったことから満期まで待ってから
安全資産にしようと考えて、そのままにしておきました。

そして、昨日その満期日を迎えたのですが……

そして、この記事などのように独り暮らしの無職にとっては新型コロナ騒動は関係ないと書いてましたが
実は新型コロナの影響もあってその遺産は大幅な損失となってしまっていたのです(T_T)

なんとその額、100万円以上!

ガーン!

続きを読む "新型コロナの影響で親父の遺産が大損失(T_T)"

| | コメント (0)

新書「タテ社会と現代日本」中根千枝著を読了

B200210_6 
講談社現代新書の「タテ社会と現代日本」中根千枝著、構成=現代新書編集部を読み終えました。

早期リタイアしてもうタテでもヨコでもあまり社会との接点がなくなった生活を送ってますが、
それでも「タテ社会」ってずーと気になっていたフレーズですから
そこに釣られてこの本を読んでみました。

なんですが、もともと同じ中根千枝著の「タテ社会の人間関係」という本が50年以上前にあって
それを現代日本に当てはめてみるとどういう解釈になるのかを記したのがこの本なのでした。
ボクはその「タテ社会の人間関係」という本は読んだ記憶がないので
(小学生時代に「タテ社会」とかに興味を持っているわけないですしね(笑))
あるいみ新鮮な気持ちで読むことができたかなと思いますが。

続きを読む "新書「タテ社会と現代日本」中根千枝著を読了"

| | コメント (0)

より以前の記事一覧