早期リタイア

定年前の55歳で早期リタイアしました

新書「働く。なぜ?」を読了

B191029_4 
講談社現代新書の「働く。なぜ?」中澤二郎著を読み終えました。
前回紹介の本に続いて、もう働いていないし今後働く気もさらさらない人間が
こんな本を読んでも意味がないじゃないという気もしますが、
いちおう「読んでいただきたい方は、こういう方です。」と書いてあります。(以下引用)

●「働くことに」困っている方
●働くことに「前向き」になれない自分がいる方
●こうした若者や大人に寄り添っている方
●この国の働く仕組みや働く歴史にちょっぴり触れたい方
●そもそも「仕事の話」はどう進めたらいいか。そんな「話の作法」に悩んでおられる方
                                 (引用終わり)

まぁ、ボクは4つめの「働く仕組みや歴史にちょっぴり触れたかった」ので読んでみました。
それ以外はまったく該当しませんけどね(笑)

続きを読む "新書「働く。なぜ?」を読了"

| | コメント (0)

新書「『やりがいのある仕事』という幻想」を読了

B190708_1 
朝日新書の「『やりがいのある仕事』という幻想」森博嗣著を読み終えました。

早期リタイアして完全無職生活をしている人間が「やりがいのある仕事」なんて
いまさら口にするのも憚られるようなことなんですけど、
逆にもう関係ない状態になっているからこそ呑気に酒飲みながら読めるかななんてね(笑)

そして、著者の森博嗣氏はボクとほぼ同世代で愛知県出身、大学工学部卒で模型好き
なんだかボクと重ねあわせたくなってしまいますからいまさらながら読んでみました。
もっとも、重ねあわせたくなったといっても彼は大学助教授を辞めて作家になって
公務員時代の30倍の収入になったというのですから
ボクなんかとは収入・資産はとんでもなく違うんですけどね(哀)

続きを読む "新書「『やりがいのある仕事』という幻想」を読了"

| | コメント (0)

父親の遺産関係がやっとひと段落かな

今年の冬に父親が他界したのですが、その遺産関係のあれこれがやっとひと段落となりました。
完全に処理が完了したんでもなくその落としどころというか落ちどころが見えたという段階です。
母親は存命でまだ元気ですから、当初は遺産はすべて母親が引き継ぎ生活費にしてもらえばと
兄弟(姉)とともにそう思っていたから自分には関係ないと思っていたのですが、
今は法定相続人が母・姉・ボクの3人ですが、次に母親が亡くなった時には2人になり
相続税の控除額が減ってしまうために今回も3人に分けておいた方が節税になってお得だと
母が主張したので(おそらく詳しい誰かから聞いていたのでしょうが)
このタイミングで分配することになりました。

実家の土地と建物は既に母親名義なので今回はややこしくないはずなのですが、
意外と手間取りなかなかすんなりとはいきませんでした。

なお、ラリっ娘も相続という形にするべきなのですがこの記事で書いたように
名義変更は先送りしてそのまま乗り続けることにしています。

続きを読む "父親の遺産関係がやっとひと段落かな"

| | コメント (2)

無職になって2年が過ぎました

ボクは2017年9月末に早期リタイアして10月から念願の無職の身になりましたから
今日で無職になってから2年が過ぎて無職3年目に突入したことになります。
昨年も1年が過ぎたとして同じような記事を書いてますけど
無職としてのこの1年を簡単に振り返ってみましょう。

ただ、のっけからこれを言ってしまうと身も蓋もないのですが
もう無職状態が板についたというかそれが当たり前の日常になってしまったので
あらためて書くような新鮮味のあるネタはなにも見当たらないことになっています。

早期リタイアして最初の一年は失業保険の給付があったりしましたがそれもなくなり、
クソ高かった地方税もやっと格安になり、
健康保険も社保の任意継続から国保に切り替えて格安になりました。
こうなると次に年金受給になるまではこのままの体制で行くことになるのでしょうね。

続きを読む "無職になって2年が過ぎました"

| | コメント (0)

国民健康保険は安いのに支払いは細かかった

B190717_1 
今年の4月からは国民健康保険に切替えましたが
よくやく保険料(保険税)の納税通知書と納税用紙が送付されてきました。

地方税の場合は年度が4期に分かれていたのに安いのでそのうち第1期だけの支払いとなってましたが
国民健康保険はなんと年度が8期と細かく分かれていてしかもそれら全てで支払うことになってます。
これはあくまでも群馬県伊勢崎市の場合であって他の自治体がどうなのか知りませんが。

保険税は事前の試算通りで年間23,500円と年1回納付の自動車税や固定資産税より安いのですが
第1期8,500円、以下第2~8期はそれぞれ2,000円と超細切れ状態です。
これまたこの金額は伊勢崎市の場合であって他の自治体では異なるでしょうけどね。

続きを読む "国民健康保険は安いのに支払いは細かかった"

| | コメント (0)

今年度の地方税はやっと格安になった

B190614_3 
地方税(県税・市税)の通知書・納付書が郵送されてきました。
ご丁寧にも第一期から第四期まで4回に分かれているので
まだ分割するほどの金額を納税しなくちゃいけないのかと憂鬱になりましたが……

第一期だけ5,700円となっていて第二期以降のは***********円となっていて
どうやら第一期だけまとめて納税せよとのことのようです。
つまり、年間でたったの5,700円で良いとのことですね。
昨年度と比べると桁が2つも違いますし、一昨年と比べると3つにもなろうかというくらいなので
まぁ嬉しいといいますか、真面目に働いている方々にはもうしわけないのですが
無職・無収入様様というところですね。

| | コメント (0)

金融庁レポート「老後2000万円必要」はどうでもいい

すっかり世間のニュースに疎くなっている早期リタイア・無職の身のボクですが
何やら数日前に公表された金融庁レポートの「老後2000万円必要」の記載に
物議がおきて政治問題化までしてしまっているようですね。
そこで、この件に関して久しぶりに「早期リタイア」カテゴリーの記事でも書いてみましょう。

ただ、率直に言わせてもらうと、この金融庁レポートについては
タイトルに書いたように「どうでもいいわ」という気持ちでしかありません。
つまり、最初に聞いた時は完全にスルーしてしまいましたし
それなのに連日ニュースやワイドショーで取り上げられている意味が分かりません。
まぁ、そういうことをネタにしたい政治家やメディアの下心も分からなくもないですが……

そういうボクもブログ記事のネタにしているわけですしね(笑)
まぁでも煽り記事にするつもりは毛頭ないですが。

続きを読む "金融庁レポート「老後2000万円必要」はどうでもいい"

| | コメント (2)

今日から10連休でもボクは既に788連休(笑)

今日から世間はゴールデンウィーク、とくに今年は10連休ですね。
もっともそんなの関係なく仕事だよって人もいるでしょうし
休みになった分だけ収入が減るので休みたくない人もいるでしょうが……

そういうボクは無職なので当然ながらいつも通りの休みです(汗)
といいますか、2017年3月1日からは有給休暇消化に入っていて
自宅で短時間Eメール処理したり部下の勤怠処置や年度考課したりしてましたが
その後は半年の休職期間を経て正式に退職するまで
2回ほど顔出し&手続きでちょっと出社しただけですから
基本的にはずーと休みでした。

なので、もう既に788連休となっていますし
今後も記録を伸ばし続けるつもりです(笑)
ただ、この世に生まれてから幼稚園に通うようになるまでも
休みみたいなものですからまだその時の連休記録には及びません。
もっとも、赤ちゃんは寝るのが仕事なんて言われますが……
まっ、今後はそれを超えて人生最高の連休記録を達成したいですね(爆)

続きを読む "今日から10連休でもボクは既に788連休(笑)"

| | コメント (0)

最低保証付変額個人年金保険が満期となった

この記事で書いたようにボクはギャンブル嫌いですし
ギャンブルとは違いますが元本割れリスクのある投資も嫌いです。

ですが、昔に「最低保証付変額個人年金保険」という
怪しい(?)名称の金融商品に入っていました。
これは元本保証のついた10年満期の投資信託というものです。
満期後は年金形式で受け取ることも一括で受け取ることも可能です。

そして、今日、その満期となり、一括で受け取りしました。
受け取るといっても銀行口座に振り込まれただけですが。。。

続きを読む "最低保証付変額個人年金保険が満期となった"

| | コメント (0)

今日から国民健康保険に入りました

退職してから既に1年半が過ぎていますが
健康保険については今まで以前勤めていた会社の
健康保険(社保)の任意継続を続けてきました。

ただ、この4月からはこの記事で書いたように
国民健康保険(国保)の方が断然安くなります。
昨日やっと「健康保険資格喪失証明書」なる書類が
前会社の健康保険組合から届きましたので
本日市役所に行って国保の加入手続きをしてきました。

ところで、実はこの資格喪失証明書を貰うのにもひと悶着ありました。
悶着というほど揉めたわけでもなくちょっとした行き違いくらいですが
まずはその話から書いていきたいと思います。

続きを読む "今日から国民健康保険に入りました"

| | コメント (0)

より以前の記事一覧