« 久しぶりの前サンへ、久しぶりにAKB38で出動 | トップページ | ペヤング「煮干し油そば」を実食 »

麺無し海鮮丼と目論んだのに「中華そばGO.TO.KU~義~」

先日散歩でよく行く伊勢崎西部公園の近くというか伊勢崎市民病院の裏手のテナントに
「海鮮丼LAB 海425」ってな海なし県の群馬では比較的珍しい海鮮丼専門店、
しかも何が425なのかさっぱり謎のお店が出来ているのを見つけました。

たまには麺じゃない外食も、しかも海鮮ものをたっぷりもいいかもと思い行ってみることに。

A231204_2 A231204_3 
ありゃ、やってない感じ。扉には鍵がかかってます。
でも、休日は土日祝日となってますし、営業時間内ですし、臨時休業などの貼り紙もなし。
うーん、残念。不測の事態にでもなったのだと解釈しましょうかね。

このテナント一帯では、麺屋蔵人もありますので……あぁ本日定休日でしたorz

A231204_4 
というわけで「中華そばGO.TO.KU~義~」で済ませましょう。
ここは今年の夏にも来ましたし、3年前に朝ラーも食べたので今回で3回目です。

A231204_6 A231204_7 
「燕三条中華そば・塩・並脂」1000円。
前回は醤油だったので今回は塩にしましたが具と背脂一面が同じなので見た目はほぼ同じ。

麺も前回と同じの低加水のずっすり重い極太麺で歯応えが凄い。
スープは塩味は控えめ、なので余計に背脂含めて濃厚さがストレートに襲ってくる感じ。
でも、やはり大量の玉ねぎがいい仕事をしていて必要以上にくどさがなく、後味もすっきり。

詳しい食レポは前回とほぼ同じなので割愛させていただきましたが、
濃厚スープまで完飲して納得の美味しさでした(*^^)v

 

本日のおまけ
A231204_9 
アーニャ、「おでけけ」(笑)

|

« 久しぶりの前サンへ、久しぶりにAKB38で出動 | トップページ | ペヤング「煮干し油そば」を実食 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 久しぶりの前サンへ、久しぶりにAKB38で出動 | トップページ | ペヤング「煮干し油そば」を実食 »