« 文庫本「文豪たちが書いた『犬』の名作短編集」を読了 | トップページ | いまさらプラグイン・ソーラーパネルの設置場所を改善 »

犬にまつわる他愛のない動画やラリっ娘粕尾峠越え動画など

前の記事で「犬の短編集」の文庫本について書いたので、その繋がりというわけでもないのですが、
先日、ワンコについて他愛もないことですけどちょっとしたハプニング的なことがあったので
その時のボディカムの動画についてアップしておこうと思います。

朝の散歩で、華蔵寺公園&伊勢崎市陸上競技場を歩いていた時のことですが、
後ろから走ってくる人の気配は感じていたのですが、
それは陸上競技場周辺だらありがちで気にも留めていなかったのですが……

そのうち「カランカラン♪」と音がしたと思ったら、ワンコが元気に走り去っていきました。
続いて若い男性が結構なスピードで走っていきます。
この時点であっワンコが逃走しちゃったんだと理解しましたよ。

「止めて~!」とか声かけてくれれば通せんぼくらい試みたのにねぇ。それでも逃げられたかも(笑)

さらに、かなり遅れてお爺ちゃんが走っていきます。というかヨタヨタでスロージョギング並ですが。
あぁ、どうやらこのお爺ちゃんが飼主さんみたいですね。
となると先ほどのお兄さんは誰? 通りすがりの人?

なにはともあれ、公園から出たところで無事にワンチャンを捕まえられたようで一件落着。
クルマも通らず事故にもならず、人に危害を加えることなく確保されてよかったよかった(^^ゞ

 

もうひとつワンコに関する動画を載せておきましょう。
 
こちらも朝の散歩中。華蔵寺公園近くの粕川沿いのサイクリングロードでのこと。
歩いているとワンコの散歩中の見知らぬおねぇさんに会ったので軽く挨拶。
そしたらそのあと、そのワンコ=フレンチ・ブルドッグ?がしばらく並進してくるんですよね。

犬嫌いでもないし犬恐怖症でもないから別に並進してもいいし、
ヒップふりふりの歩き方が愛らしいので嬉しいんですが、でもなんか妙なシチュエーションだな。
かといって、こっちがスピード調整するのもなんだかわざとらしいし。。。

結局、なんだかんだで2分ほども一緒に早歩きするはめに。
というか、最後はなんだかこっちがストーカー状態みたいになっちゃったよ(汗)

飼主さんは「この子、人が好きで一緒に散歩したがるんですよ」なんて言ってましたけど、
本当か? まさか、逆ナン? なんてことはあり得ないでしょうけど(笑)

 

今度は犬ではなく、鳥についてのどうでもいい動画です。

先日、「レストランおかだ」に麺紀行した帰り道。
太田市の蛇川沿いの道をプジョチャリで走行していると、
鉄柵の上にカラスの群れがずーと並んでいる。

野性のカラスに愛着は持てませんが毛嫌いするほどでもないけど、かといっていい気分でもない。
とはいえ、近づいていくと順繰りに飛び去っていく様はこっちが主導権を握ってるようで悪くないか(笑)

でも、途中、カラスがいなくなったと思ったら、1分ほどしたら猛禽類が1羽だけいました。
そこそこ大型の猛禽類なので何でしょうか? 鷹? 詳しくないので分かりませんが。

で、また1分ほど走るとカラスが大量に並んでます。
あの猛禽類1羽だけでカラスが寄りつかないんでしょうかね。
1分ほどなので距離にすると500mくらいになるんでしょうけど、縄張りなら広いですねぇ。

でも、この時に紹介した最後の動画ではカラスに追い回される猛禽類もいるので世の中は複雑ですけど。

 

最後に、今までの3つとはちょいと毛色の異なる動画を載せておきましょう。
先日の日光ドライブの帰りに回り道してラリっ娘で楽しんできた峠越えのドライブレコーダー動画です。
全体で約4分半とやや長めの動画ですから、興味がある人だけ暇な時にでも見てください。
また、開始から2分半くらいの場面が要注目です(というほど大したことはないですけど)

ここは粕尾峠、栃木県道15号鹿沼足尾線です。
国道293号線の鹿沼から国道122号線の日光市足尾まで約49km。
ただし、狭い峠道を愉しめるのは約12kmほどの区間で、峠の標高は1100mです。

紅葉の見ごろはもう過ぎてしまってますね。その分、落ち葉が路肩に積もっています。
濡れていると滑りやすくてとても危険ですけど、この日はだいたい乾いていて走りやすかったかな。
それに、もう1ヵ月くらいすると降雪・積雪・凍結で怖いことになりますね。

日光・今市からの帰路としてははっきり行って回り道でしかないのですが、
純粋にドライブを楽しみたくて久しぶりに走ってみました。
昔はよく自分のクルマや会社の社有車を借りて(自己啓発&車両評価と称して)走っていた道です。

これだけ狭くて見通しが利かない峠道なので、まぁゆっくり安全運転で走りましたよ。
若い頃はもっと飛ばしてたし、国産車はたいていブレーキがフェードしちゃってましたけどね(笑)
それにしても、こういう道はやっぱりラリっ娘で走ると最高に楽しいですねぇ。
たぶんランちんではここまで楽しめないでしょう。
というかボク自身が身も心もラリっ娘以外ではもう楽しめなくなってるような気がしますねぇ。

 

で、上の動画の2分30秒あたりのことですが、
A231102_131 A231102_132 
左画像のような場面が出てきます。
赤丸部分に何かいる! 熊か? いや猿か? 昨今、よくニュースになってるし。。。

近づいたら、なーんだ、ガードレールの錆・汚れによる錯覚でしたorz (右画像、緑丸印)
以上、くだらない内容で失礼いたしました。

|

« 文庫本「文豪たちが書いた『犬』の名作短編集」を読了 | トップページ | いまさらプラグイン・ソーラーパネルの設置場所を改善 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 文庫本「文豪たちが書いた『犬』の名作短編集」を読了 | トップページ | いまさらプラグイン・ソーラーパネルの設置場所を改善 »