« シャンゴのレトルトパスタソース、「シャンゴ風」と「ベスビオ」 | トップページ | 「GUNMAラーメンフェスタ」2日目というか3杯目と4杯目 »

[昨日]「GUNMAラーメンフェスタ」@高崎駅東口でラーメンハシゴ

昨日10/5~9までの5日間、高崎駅東口というかヤマダデンキLABI前にて
「GUNMAラーメンフェスタ2023」というのが開催されるというので、
開催初日の昨日にJR両毛線に乗って高崎まで行ってきました。

初日は12:00から19:00まで、以降は10:30から19:00となってます。
電車の時刻の関係もあり12:20過ぎに高崎駅に到着です。
A231005_01 
駅東口にはあまり来ませんがとりあえずヤマダデンキのどこかの階でやってるんでしょうから
まずはヤマダデンキの建物に入ってみましょう。
ここのヤマダデンキに来るのは4年前の「狩猟フェスティバル」以来ですかね。

その時も確か上の方の階での開催だったので、同じ場所とかでやるのかなと考えながら、
エスカレーターの上りに乗ろうとしたら……店員さんに呼び止められて、
「ラーメンフェスタやってま~す。チケット当たりますよ~」なんて言われて、足を止めたら。

「スマホは何をお使いですか?」「どのくらいの期間使ってますか?」「回線はどこですか?」
などと訊かれてから、タチパネルの[スタート]を押すと2Dのクレーンゲーム風画面になり、
(実際にはクレーン操作することなく勝手に絵が動くだけなんですが)で、
ジャジャーン!見事に金色のクマか何かのぬいぐるみをゲット!というのは画面上のことで、
実際には店員がチャリンチャリン♪とベルを鳴らして、「大当たり~、チケット当たりで~す!」とのこと。

というわけで、なんだかこれってワナじゃないかと訝しがりつつもラーメンチケットを無料ゲットしました。

実はこのラーメンフェスタは全店同一価格のチケット制で、先ずはチケットを購入するシステムです。
ただし、トッピングなどについては各店頭で現金で支払うようになっています。
チケット購入は当日券なら950円/1杯となっていますので、950円儲かった計算になりますね。

A231005_02 
でもさぁ、あはは、実は前日4日まで群馬県内のヤマダデンキの店舗で前売り券を850円で販売してて、
ボクは4日に近くのテックランド伊勢崎東店で3枚も買ってきていたんですよね。
高崎まで電車賃もかかるので毎日のように行くのももったいないので、
1日でラーメン3杯までならなんとかギリで食べれるんじゃないかと考えてのチケット3枚なわけです。

が、期せずしてさらにチケット1枚を無料で貰ってしまったので、4枚になってしまったということです。
いやー、さすがに1日でラーメン4杯はボクには食べれませんよ。
もちろん、高崎市内を夜までうろうろして、昼食・夕食とすれば食べれないことないですが……

というわけで、仕方ないので、この日はラーメン2杯にして、また翌日来ることに決めました。
ただし、伊勢崎駅⇔高崎駅はICカード乗車でも片道418円かかるので往復だと836円。
結局はラーメンをプラス一杯余分に食べるのに、チケットは無料でも836円かける羽目に。
なので、ラッキーだったのかどうかなんだかモヤモヤする感じですなぁ。

 

A231005_03 
ラーメンフェスタの会場はヤマダデンキの1階の入り口前、というか高崎駅東口ロータリーの脇。
キッチンカーでの出店ですから、キッチンカーが乗りいれられて停められる場所というわけですね。
もう昼時ですから、思ったより行列が出来ていて、人混み状態という感じでした。

けど、各店の前の行列の仕方や、受け取りまでの動線などがちゃんとしていて、混乱はありません。
チケット制というのもあって、スムーズに運営されている感じですかね。
まぁ、なかにはチケット制と知らずに延々と並んでしまっていて、
直前になってチケット買ってからと言われて唖然としたりしょげ返ってる人もいましたけど(憐)

 

では、昨日の2杯を紹介しましょう。
A231005_04 A231005_06 A231005_07 
1杯目は福島県の「麺処 若武者」の「福島鶏白湯」。トッピングなしです。
麺は加水がやや多めの縮れの少ないストレート中細麺。
優しいけどしなやかなコシ感のある啜り心地の良い麺です。

スープは白湯ということもありかなり濃厚。でも鶏なのでくどくはありません。
焦がしニンニクがまたいい仕事をしてくれて、意外にもマイルドさが出ています。
各地のイベントでも人気店となっているらしく、やはり今どき感のある味わいですね。

A231005_08 A231005_09 A231005_10 
次は、東京都の「濃厚つけ麺・ラーメン八重桜」の「伊勢海老×オマール海老 濃厚味噌ラーメン」
これもトッピングなしです。なお、海老づくしみたいですけど海老の具はありませんでした。

“濃厚”と謳っているだけに確かに濃厚。特濃です。スープもどろっとしている。
けど、おそらく海老ミソでどろっとしてるわけではないでしょう。

麺は加水がやや少なめで硬くてパツンよりもゴワっとした食感。
どろっとしたスープの中では面白い存在感となります。
麺肌はツルっとして丸断面なのであまりスープと絡まないけどそのがちょうど良いほどです。
スープだけはさすがに完飲するには濃過ぎましたけど、麺との相性はちゃんと取れてました。

 

腹もいっぱいになったし、パラパラにわか雨も降ってきたので、この日はこれで帰りましょう。

でもさ、たまたま2杯目を食べていた時にすぐ前で食べていた中年カップル(夫婦?)。
男の方がさかんに「まずいはコレ。こんなん実際の店の方がうまいよ。まずい」とまずいの連発。
で、実店舗で食べたことがあってそれと比較してまずいといってるのかと思いきや、さにあらず。

しかも、「どれも麺が一緒だな。みんな同じ麺で作らされてんだろ、まずいわ」と。
いやー、2店食べただけですが、麺の断面形状も加水率もコシも全然同じじゃないしぃ。
あんた、知ったかぶって偉そうなこと言ってるけど、なんにも分からないバカ舌(バカ食感)じゃねぇ?

というかさ、みんなが同じようなものを食べている前で「まずい、まずい」言うんじゃねぇよ。
本当にまずくて腹立ててるなら店主に直接言うか、黙って捨てて帰れって言うの。な。(笑)

|

« シャンゴのレトルトパスタソース、「シャンゴ風」と「ベスビオ」 | トップページ | 「GUNMAラーメンフェスタ」2日目というか3杯目と4杯目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« シャンゴのレトルトパスタソース、「シャンゴ風」と「ベスビオ」 | トップページ | 「GUNMAラーメンフェスタ」2日目というか3杯目と4杯目 »