« 麺紀行:野生動物写真展の後は、「中華そば こましょう」 | トップページ | 麺紀行:ありえへん∞でも紹介された「Milan」でパスタ »

リニューアルした佐野SAで「佐野らーめんナポリタン」

東北自動車道の佐野SA(サービスエリア)がグランドオープンとのことです。
正確には昨年7月13日にはリニューアルオープンしていたそうで、
今年の7月13日には1周年かつグランドオープンということになるとのこと。

ただ、もう施設はすべて通常営業しているので実質的にはグランドオープン済みとなっているらしいし、
でも、グランドオープンの記念行事は7月15日に予定されているという、ちょっとややこしいです。

にしても、佐野SAがリニューアル工事をしていたなんてまったく知りませんでした(恥)
いや、もしかしたら情報は目にしていたけど、コロナ禍の自粛中であまり気にとめてなかったのかも。

佐野SAについてはもう10年以上前ですが、SAの佐野ラーメンを食べてみようということで
上りのフードコート上りのレストラン下りのフードコート下りのレストラン
4店とも食べてみましたが、その中で佐野ラーメンの範疇に入るラーメンなのは下りのレストランだけで、
他の3店はこれって佐野ラーメンじゃないんじゃないの?ってものばかりで、
特に下りフードコートの「さのや」は佐野ラーメンじゃないしかなり不味いしで散々でした。

リニューアルして少しはまともな佐野ラーメンになったのか、あるいはやはり不味いのか、
興味が湧いてきたので、食べて確かめたくなってきました。

とりあえず、行って、リニューアル後の様子を確認してきましょうかね。

というわけで、じゅごんで佐野SAに出撃です。
高速料金がもったいないので(貧乏性なので)下道で行って、一般道からSAに入ることにします。
事前に調べると、下り(福島方面)SAには入ることができないみたいになってます。

佐野SAは人は上り下り行き来することができるはず(この時にやってます)なので、
一般道から先ずは上り(東京方面)SAに入って、次に下りSAへと行きましょうかね。

A230705_01 
予習通り、上りSAの一般道駐車場に到着です。ここから上りSA内に入ります。

A230705_29 A230705_02 
上りSAは見たところ旧いままですね。
フードコートの佐野ラーメンもなんとなく昔の印象のまま。
画像はないけど、レストランもなんとなく昔の印象のまま。

A230705_28 A230705_05 
上り下りの境界あたりはまだ何やら工事中という感じですが、
上り下りは行き来できるようになったままです。
ここも昔の印象のまま。ちなみに宿泊施設もこの辺にあります。

A230705_06 A230705_07 
おっ、下りSAの建物は新しいですね。綺麗ですね。「さのまる」の像もあります。
手前からトイレ、フードコート、そして左奥の別建物はスターバックス。
日本人はどんだけスタバマニア(茶化してますよ)化してんだよって感じですな。
逆にフードコートでないレストランはなくなっちゃったということです。

A230705_24 A230705_21 
トイレとフードコートの間から裏手に行くと、ちゃんと一般道から下りSAに入るための
専用通路と駐車場がありました。おそらくグランドオープンに向けて整備されたのでしょう。

 

では、リニューアルとなった下りSAのフードコートを覘いてみましょう。
A230705_09 A230705_27 
「Sorairo Kitchen」と書いてあるけど、それがこのフードコート全体の名称なんですかね。
そこに、佐野ラーメンの「さのや」、うどん・そばの「栃乃木」、丼・定食の「萬福」、
ハンバーグ・オムライス(洋食)の「SANON」の4店が入っています。

そう、ここのフードコートの佐野ラーメンは10年前と同じ「さのや」です。
10年前の不味いラーメンと同じとは限りませんが、嫌な記憶が蘇りますね。
しかも、この食品サンプルを見る限り、シュンとした切立丼で見るからに佐野ラーメンじゃない。

佐野ラーメンって明確な定義があるわけではありませんが、
青竹手打ちの平打ち縮れ麺、鶏がらすっきり透き通った醤油スープというだけでなく
ボテッとした高台丼に並々とスープがそそがれていて(店によって下に皿がある)、
その大量のスープに麺を泳がすようにして啜る、そしてそのスープをスーと完飲できる、
これが佐野ラーメンの醍醐味だと思ってます。

ですから、切立丼ではスープの量が少なくなってしまい麺を泳がせることができません。
結果的にスープは濃厚な味となり、麺が泳がないのでビロビロ食感を愉しめません。
つまり、このラーメンは(少なくともボクの中では)佐野ラーメンに非ずと予測されます。

もちろん、何度も言うように佐野ラーメンはかくあるべしという明確な定義はないですが、
それでも佐野SAで佐野ラーメンを謳うのならば、佐野ラーメンの王道の味を提供すべきだし、
それが佐野ラーメンへの、そして佐野市民への礼節だと思うんですけどねぇ。

 

A230705_14 A230705_18 
というわけで(?)、洋食「SANON」の「佐野らーめんナポリタン」1200円にしてみました(笑)
他にも「ボンゴレ耳うどん」ってのもあって、ちょっと迷いました(笑) これは次回にとっておこう。

佐野らーめんのような平打ち縮れ麺、かなり太麺ですが、それを使ってナポリタン味にしたものです。
ポタージュスープが付いてきます。
麺はかなりコシが強くてモチモチを通り越してムッチムチの食感です(やらしくはないですよ)。

味付はやや甘くて酸味はないです。当然ですが辛味もない。
ウインナー、ズッキーニなど大きな具材がゴロゴロと入っていて本格的な感じはしますし、
スープも含めて量はそれなりにあって満足感も値段なりにあります。

ただ、やはり、面白さの部分がたぶんにあって、またこれを食べたくなるかと言われると微妙かな。
ネタとしては十分以上に満足できましたけどね(*^^)v

 

A230705_31A230705_33 
売店でこんなものを買って来ちゃいました。
左:栃木限定ベビースター佐野らーめん味(699円)
右:すべらせん箸(1100円)。箸先に螺旋の溝があって滑らないのだそうです。
 箸置きセットで、チャーシュー、メンマ、ネギ、玉子があったけど、やっぱりナルトでしょう。
 実はネギ好きなので、ネギにもかなり惹かれたんだけど、箸も緑色で抵抗があったのでね。

|

« 麺紀行:野生動物写真展の後は、「中華そば こましょう」 | トップページ | 麺紀行:ありえへん∞でも紹介された「Milan」でパスタ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 麺紀行:野生動物写真展の後は、「中華そば こましょう」 | トップページ | 麺紀行:ありえへん∞でも紹介された「Milan」でパスタ »