« リニューアルした佐野SAで「佐野らーめんナポリタン」 | トップページ | 新書「痛みが消えていく身体の使い『型』」を読了 »

麺紀行:ありえへん∞でも紹介された「Milan」でパスタ

本日も猛暑日に迫ろうかという天気ですが、何故か夕方近くに気温のピークとなる予報ですし、
風も強くなさそうなのでポタリング&麺紀行と行きましょう。
といっても遠出はやめた方が良さそうなので、比較的近場としますけど。

A230706_3 
太田市、といっても桐生伊勢崎線沿いにある「旬食イタリアン Milan(ミラン)」というお店。

左端に「純米味噌らーめん 佐野らーめん 久月」の看板が見られるように、
先月行ったその「久月」の裏(どっちが表でもないけど)というか隣のテナントにあるお店です。

実はこのお店、6月14日放送のテレ東の「ありえへん∞」という番組で登場してきました。
だからというわけでもなく、以前からマークしていた店ではあるんですけどね。

その番組では、「群馬人はモロヘイヤを食べまくっている事件」と称して一般家庭だけでなくて
このお店でも「納豆とモロヘイヤの冷製パスタ」というメニューがあって(夏季限定)
あたかも群馬県民(なかでも太田市民)はいつでもどこでもモロヘイヤを食べているかのような
そんな番組での描写となっていました。

群馬県内であちこち麺紀行してきていますけど、モロヘイヤを前面に出したメニューなんて珍しいです。
一般家庭はよく分かりませんけど、少なくともスーパーで
モロヘイヤが大々的に売られているのに遭遇したことはないし。。。

そもそも、これは「群馬人vs栃木人」ってな企画でのひとコマなんですが、
別に群馬県民、栃木県民でいがみ合ってないし、お互いに対抗意識もないし、
この辺に住んでれば、群馬も栃木も埼玉も県境も曖昧だから全然意識もしてないしね。

と、まぁこの「ありえへん∞」はありえへんようなゼロを∞かのように誇張しまくってる番組なので
またいつもの番組構成だなと呆れつつ、それとは別の実利的な情報があればと観ているだけなので、
これはこれでいいんですけどね。

 

ところで、この店名の「Milan」ですが、セリエAのACミランから来てるのでしょうか?
というか、あれっ、ACミランのミランって何? ミラノ(Milano)じゃないの?
と疑問に思い調べてみると、ミラノの英語読みがミランなのだそうです。
「旬食イタリアン」なのに何故英語読みの「ミラン」なの? と謎は深まりますね。

ちなみに、サッカーファンなら常識なんでしょうけど、ACミランのACって何?
Associazione Calcio の略だそうですが、Calcio はイタリア語でサッカーのことなので
AC=サッカー団体ってことになりますかね。
なんにしてもそこはイタリア語なんだと、これまた不思議ですなぁ。

さらに、イタリア語でサッカーを Calcio(カルチョ)というのもここで初めて知りました。
サッカーくじのことをトトカルチョというのはこういうことだったんですね。ある意味で合点!

もうひとつ、ミランはヒンズー語で「出会い」という意味があるそうですが、
ここはイタリアンであってインド料理店ではないので、これとは無関係でしょうね。

 

まっ、なにはともあれ、麺紀行です(笑)
A230706_6 A230706_7 A230706_8 
前菜とドリンクが付くパスタランチ、1390円を注文。ドリンクはホット紅茶。
パスタは小エビと青じその明太子バターを選択。

サラダではなく前菜として野菜をサッと炒めたものが出てきました。パンも付いてます。
これがなかなか美味しい。身体を冷やさないのもいいですね。外は暑いけど。

パスタは生パスタなのかな。もっちりした食感のものです。
それが青じそ、オニオンなど繊維質の食感と対比されて独特の食感となっています。
味付は優しい感じです。明太子の辛さはまったくなくほぼたらこです。

ニンニク、胡椒もなく、塩も最小限という感じでほんとうに優しい味わい。
バターも微かに香りとして感じるけどあまりベッタリ感もなくさらりとした感じです。
たらこの濃厚な旨みを青じそがすっきりさせているという具合でしょうかね。
エビは月並みな表現ですがプリプリで具だくさんで大満足です。

パスタの量は山盛りに見えるほど大盛りではありませんが、
前菜からドリンクまで全体含めて、納得&大満足のランチとなりました(*^^)v

 

本日のおまけ画像 その1
A230706_2 
白いA112アバルト。軽自動車より小さく見えるね。

本日のおまけ画像 その2
A230706_1 
綺麗なタケオカ・アビーと思いきや、ミリューR(EV)ですね。このサイズで十分かな。

|

« リニューアルした佐野SAで「佐野らーめんナポリタン」 | トップページ | 新書「痛みが消えていく身体の使い『型』」を読了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« リニューアルした佐野SAで「佐野らーめんナポリタン」 | トップページ | 新書「痛みが消えていく身体の使い『型』」を読了 »