« 「さかい産業祭」は人は多かったけど少し寂しい感じでした | トップページ | 単行本「運動脳」アンデシュ・ハンセン著を読了 »

ペヤング「たっぷりわかめ」は「わかめMAX」と何が違う?

B221108_04 
まるか食品・ペヤングの新作、といっても先週11月7日発売で1週間近くも前ですし、
明日にも怖ろしげなある意味でペヤングらしい次の新作が発売予定ですが……
「たっぷりわかめ 南三陸産わかめ100%使用 ※イラストはイメージです。」で、
「宮城県志津川高等学校 宮城県志津川高等学校と共同で企画した商品です。」だそうです。

ペヤングとしては異様に能書きが多いですが、わかめ入りというだけではインパクトが弱いからか、
あるいは、高校とのコラボ商品ですからどうしても言葉が多くなってしまうのでしょうか。
それと、どうでもいいことですが、左利きの手は何かの意図が隠されているのですかねぇ。

そして、この宮城県志津川高等学校とのコラボは、
今年の2月の「たこめし風」、「わさび醤油」に続く第3弾ということになります。
いまだに、どうして宮城県志津川高等学校なのか腑に落ちませんし、
なんだかだんだんとインパクトが弱くなってきている感じがするのが気がかりなのですが……
まぁでも高校生を応援したいという気持ちもありますけど……

ちなみに、近くのスーパー・ベルクで売ってましたが、税別218円とあまり値引きしてませんでした。



ところで、ペヤングとしては6年前の2016年に「わかめMAX醤油味」を発売しています。
B161127_1 
このJET-LOG休止中でしたし、糖質制限気味だった時期でしたけど、
ボクはいちおう食べています。
もっとももう味など忘れてしまってますし、調理済みの写真も撮ってないですけどね。

今回の新作ペヤングは、高校とのコラボですし、南三陸産わかめとなっていますけど、
それでも6年前の「わかめMAX」と何が違うのか? という気にもなってしまいますね。
記憶も記録もないわけなので、その疑問には答えようがないですけど。

とはいえ、実はカップ焼きそばでメインでわかめの具を入れているのって意外と珍しいんですよね。
ラーメンとなるとかなりメジャーですし、ACeCOOKなんかは
わかめ7倍」とか、さらには「麺なし わかめラー」とかわかめ推しをしてますけどね。

 

B221108_07 
先入れの乾燥具と後入れの液体ソースの2袋入りで、湯戻しはいつもの3分です。
乾燥具は多いのは多いですけど、ペヤングとしては普通の量ですが、
わかめ主体なのできっと大きく膨らむことになるのでしょう。
たしかに、少し多めに熱湯を注ぎましたが、湯切りの湯は心なしか少なかったです。

B221108_08 
やはり、大量、イヤたっぷりわかめです。まっ、わかめMAXといってもいいのですが(汗)
わかめの他にはコーンとニンジンの具が入っていて、彩りを添えている感じです。
なお「わかめMAX」ではわかめの他にコーン、ねぎ、レッドベルペッパーが入っていたようで
今回とは少し違っているみたいですね。

南三陸産のわかめがどんな特徴を持っているのか食べてみてもよく分かりませんが、
まぁ美味しいわかめでありますし、醤油ベースの味付けで普通に美味しくいただけました。

ただ、ペヤングさんだからこそですが、茎わかめや細切りわかめなどを使ったりして、
食感などのもうひと工夫があったらなお良かったのになぁという気もしますかね。

 

あと、販売価格が高くなっているのが気になりますね。
まるか食品では当面は値上げしない宣言をして、希望小売価格は税別250円と変わりませんが、
もし卸売価格を値上げしているために小売店の販売価格が高くなっているのだとしたら
これはステルス値上げ以上に狡賢いやり方と言えなくもないですし。

実際に、いくらわかめたっぷりだとは言え、さほど高級素材でもないので、
この内容で200円を軽く超える値段だと正直なところ割高感が強いですかね。

|

« 「さかい産業祭」は人は多かったけど少し寂しい感じでした | トップページ | 単行本「運動脳」アンデシュ・ハンセン著を読了 »

コメント

三陸地域でわかめ生産に携わってます。
これ残念な商品だと思います。今日食べてみましたが、まずしょっぱい。自分は性格悪いからわかめだけを取り出してお湯で戻してみましたが、わかめ自体は香りが良いのに、ソースの中華風のしょっぱい味付けがわかめの良さを台無しにしてます。磯の香りを強調してほしいですね。パッと売ってサッと消える商魂が見えて悲しい。志津川高校とコラボするならずっと残る商品を作ったらいいのに。タコ飯風も

投稿: k | 2022-11-13 19:53

>kさん

はじめまして。コメントありがとうございます。
まぁ、しょっぱいのとすぐに消える商品というのは、
まるか食品・ペヤングのいつもの戦略なのである程度は致し方ないというところですが、
それでももう少し工夫をして欲しかったところですね。

投稿: JET | 2022-11-14 04:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「さかい産業祭」は人は多かったけど少し寂しい感じでした | トップページ | 単行本「運動脳」アンデシュ・ハンセン著を読了 »