« 麺紀行「うどん つる屋」で超大盛 伊勢崎うどんに遭遇 | トップページ | 群馬県社会保険労務士会による無料相談会に行ってみたが…… »

新書「知ってはいけない 明治維新の真実」を読了

B220907_5 
SB新書の「知ってはいけない 明治維新の真実」原田伊織著を読みました。
著者の肩書は歴史研究家とかではなく作家ということのようですが、
幕末から明治維新あたりを扱った歴史書物を多く手掛けているみたいです。

ボクは歴史にはあまり明るくなく、学生時代も試験直前以外はほぼ勉強したこともないです。
特に世界史より日本史は共通一次でも選択せずにほとんど勉強しなかったし、
さらに近代日本史となるともう学期末で授業すら聞いてなかったでしょうから
もうまったくといっていいほど何も知らないということになります。

ただ、本書では学校教育で間違った・捏造された近代日本史を教えていることを問題視していますが、
逆に言えばボクはその間違った・捏造された教育をスルーしてきたのでラッキーとも言えるかもね(笑)

とはいえ、様々な形で間違った・捏造されたと言われる明治維新の通説はなんとなく聞いたりして
それなりにそういうものだと解釈していたり、それらの影響を受けてきたのも事実でしょう。
この本に書いてあることが真実なのかどうかも批判的な目を見る必要もあるでしょうけど、
先ずは通説を批判的に見ることから始めるのも良いでしょうから、この本を読んでみましょうかね。
それに、「知ってはいけない」と言われると知りたくなりますしね(笑)

 

で、本書の序章では次のように書かれています。
                                    (以下引用)
 後に触れますが、幕府を倒し、新しい政府を創るというこの一連の動きを、前述した通り
「明治維新」と呼んでいますが、これは単なる政治的な覇権争いであったのです。
 世界の学者も明確に否定しているように、これは革命でも世直しでもありません。これを
革命であるとして美化してきた歴史観こそが、薩長史観の髄なのです。
 このことについては追い追い述べていきますが、明治新政府が成立すると、薩長土肥の間
で醜い主導権争いが勃発します。最終的にこの権力闘争に勝利したのが、長州と薩摩なので
す。土佐と肥前が敗れたというのは必ずしも妥当な表現ではありませんが、少なくとも明治
新政府の主導権を握ったのは、長州と薩摩でした。特に長州が絶対的に優位なポジションを
占め、その後の日本は最終的な勝者である長州が政治的に支配する形で対外戦争に明け暮れ
る時代を経て、今日までの歴史を刻んできたのです。           (引用終わり)

「薩長史観」とか「「薩長土肥」と言う言葉は知っていましたけど
やはり、薩長というか明治政府がなにか江戸時代の徳川幕府の古臭い封建的な武家社会を崩壊させ、
鎖国を解いて、革命に近い動きで、東アジアではいち早く近代化を成し得たみたいな
そんなイメージをボクも抱いていたのは事実です。

ですが、著者によれば、江戸時代末期には幕府は急速に近代化に舵を切り始めており
(先日、テレビ番組で知りましたが、ペリー来航よりも先にロシアとの交戦があったそうです)
むしろ明治政府はただその幕府の近代化政策を横取りしただけに過ぎず、
そればかりか内部紛争によってその近代化を歪め遅らせていただけということです。

そして、上述の引用部分でも最後に「今日までの歴史」と書いてあるように
それは大戦、そして戦後の今もその明治維新の亡霊に付きまとわれているというのです。
同じく「序章」には次のように書かれています。
                                    (以下引用)
 実は、大東亜戦争敗戦という民族の悲劇は、その基因を明治維新に求めることができるの
です。普通の態度でこの百五十年を振り返れば、両者が直線的に繋がっていることは、誰に
でも分かることなのです。(中略)
 このために、国家が独立を失い、異民族に占領統治されるという時代を経てもなお、官軍
教育=薩長史観は生き続けているのです。私たちは、薩長史観による明治維新とGHQ統治
という二つの大きな歴史を検証するという宿題を放置したままなのです。(中略)
 明治新政府がそのすべてを固陋、陋習に満ちた時代として江戸期を全否定したことは、天
皇原理主義の創造と共に、明治維新最大の過ちといってもいいでしょう。  (引用終わり)

と、著者の主張のほとんどがこの序章に要約されています。
ので、ある意味ではもうネタバレになってしまっているでしょう。
ただ、どうしてそのように言えるのかについては本書を読まなければ納得できませんので
明治維新とは何だったのか、薩長史観とは何か、何故歴史はそのように動いて行ったのかなどなど
興味のある方は本書をお読みいただければと思います。

 

なお、本書では序章以降は各章の各節ごとに冒頭に【通説】と【歴史の真相】と併記していて
それだけでもその節における概要が理解しやすくなっています。
たとえば次のような形です。
                                         (以下引用)
【通説】    ペリーは黒船の武力を背景に、江戸幕府に開国を迫った。
【歴史の真相】 ペリーは発砲厳禁を命じられていたため、礼砲を盛んに撃って幕府を威圧しようとし
        た。しかし幕府も庶民もパニックにならず、庶民はお祭り気分で黒船を見学した。
                                        (引用終わり)

こんな形ですから、ペリーの不甲斐なさも露わにされているわけですが、
当然ながらそれらは幕末志士(ゲームの話ではないですよ)についても同様です。

勝海舟しかり、吉田松陰しかり、伊藤博文しかり、西郷隆盛(ある面では持ち上げられてますが)しかり。
なので、彼ら幕末志士のファンである方はこの本を読まない方が良いかもしれないですね。
ファンであるが故に怒りが込み上げてくるか、真相を知って愕然としてしまうかのどちらかでしょうから(笑)

|

« 麺紀行「うどん つる屋」で超大盛 伊勢崎うどんに遭遇 | トップページ | 群馬県社会保険労務士会による無料相談会に行ってみたが…… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 麺紀行「うどん つる屋」で超大盛 伊勢崎うどんに遭遇 | トップページ | 群馬県社会保険労務士会による無料相談会に行ってみたが…… »