« 忠治神社の忠治像、そして麺紀行は総ハズレ | トップページ | マツダCX-60とダイハツ・キャンバスをちょい試乗 »

ペヤング新作「きのこ蕎麦」は当たり前に美味しい

B220927_1 
9月26日発売のまるか食品・ペヤングの新作カップ麺は「きのこ蕎麦 そば粉不使用Θゼロ」です。
蕎麦できのこならごく自然な組み合わせですよね、ひねりも何もない。
まぁ、ボクはあまり温かい蕎麦は食べないので、きのこ蕎麦もあまり食べませんが……
なんて同じようなことを以前の「山菜蕎麦風」でも書いてますな。
山菜蕎麦が出たならきのこ蕎麦ももうセット販売しても良いような組み合わせですよね。

ただ、昨年の今ごろには「やきそば きのこMAX」が出ていたんですよね。
その時はやきそばで、こっちは蕎麦風といっても基本的に色しか違わない(と思われる)油揚げ麺で、
その時もやきそばと言っても和風だし醤油味でしたから、もうほとんど同じじゃん、
って思わなくもないですけど、どんな感じに仕上がっているのでしょうかねぇ。

ちなみに、食の駅で税別178円で買って来ました。

B220928_1 
先入れ乾燥かやく、後入れ液体ソースの2つの別添袋入りです。
MAXではないけどかやくは多いですね。
原材料表示によると、「きのこMAX」ではしいたけ、まいたけ、ぶなしめじが入っていましたが、
こちらはしいたけ、ぶなしめじだけでまいたけが無くなってます。代わりにねぎが入っています。

液体ソースも「山菜蕎麦」と同じかもと一瞬思いましたが、袋の色合いは違いますし、
原材料表示ではしいたけエキスパウダーが入ってますのでこれ専用なんでしょうね。

麺は蕎麦風ではおなじみのいつもの黒いやつで、3分で湯切りです。

B220928_2 
完成です。きのこの具は色合い的にはパッとしませんが、黒い麺にはコントラストが映えますし、
具の量は多くて嬉しくなりますね。
香りとしてはきのこ類の香りよりもソースの出汁の香りの方が上回ってる感じです。

食べてみると、最初は少し甘めですが、しっかりとダシ醤油の旨味ときのこの旨味が味わえます。
ものすごく食べやすい味付けで、これだったら超大盛でもペロッといけたのにと思ってしまいましたよ(笑)
山菜+きのこなんてのもありかも知れないですけどね。

|

« 忠治神社の忠治像、そして麺紀行は総ハズレ | トップページ | マツダCX-60とダイハツ・キャンバスをちょい試乗 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 忠治神社の忠治像、そして麺紀行は総ハズレ | トップページ | マツダCX-60とダイハツ・キャンバスをちょい試乗 »