« 赤城山麓の「小麦工房ひとつぼし」で秋限定ひもかわを食す | トップページ | 文庫「暇と退屈の倫理学」を読了 »

ニューデイズ北海道フェアで山頭火おにぎりに挑戦

JRキヨスクでお馴染みのニューデイズで北海道フェア開催中とのことです。
それで面白そうな商品があったので、というより北海道限定サッポロクラシックが欲しいので、
近くの伊勢崎駅構内のニューデイズへ買い物に行ってきました。

A220906_01 
サッポロクラシックはもちろん、面白そうなおにぎりを買って来ました。
上から、「らーめん山頭火監修 しおとんこつ飯チャーシューマヨおにぎり」240円、
「函館五島軒監修 オ

 

山頭火は旭川発祥のラーメン屋さんですが、旭川ラーメンというと普通は醤油なんですが、
この山頭火はなぜか塩とんこつがメインとなっていて、旭川ラーメンとしては異端です。
A220906_09 A220906_10 
これをおにぎりと言っていいのかどうか、個人的には抵抗がありますかね。
チャーシューもメンマも食べにくいです。

メンマの下にはナルトらしきものとマヨなどの味付けがされた謎のものがあり、
味そのものにはとんこつ感を十分に感じます。
けど、当たり前ですが麺らしき片鱗も感じさせないし、ラーメンスープらしさもないよね。

まぁ、これを山頭火が真面目に監修しているというところに面白さがあるのかな(笑)

 

函館の五島軒ってのはボクは知りませんでした。
A220906_08 
わはは、これもおにぎりとは言い難いですね。
ハンバーグは歯切れがいいので食べにくさはないですが、
カレーの風味はほとんど感じられず、代わりにケチャップが欲しいかな。
というか、ハンバーグとオムラライスに分けて、それぞれを味わいたいかな。

 

|

« 赤城山麓の「小麦工房ひとつぼし」で秋限定ひもかわを食す | トップページ | 文庫「暇と退屈の倫理学」を読了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 赤城山麓の「小麦工房ひとつぼし」で秋限定ひもかわを食す | トップページ | 文庫「暇と退屈の倫理学」を読了 »