« AKB38緊急入院! | トップページ | 単行本「すごい左利き」を読了 »

ペヤング「旨辛味にんにく」は普通に美味しいが、品質問題発覚!

B220802_1
昨日、食の駅・前橋店で税別178円で買って来たまるか食品・ペヤングの新作「旨辛味にんにく」です。
これは8月1日新発売とのことですが、同日新発売では他に「超大盛たこ焼き風」というのもあります。
でも、それは大黒天物産㈱の激安スーパー「ラ・ムー」(って何?ですが)限定販売のようで、
自宅から最寄りの「ラ・ムー」まででも150kmくらいありそうなので、そちらは断念です。

まぁ、「旨辛味にんにく」って真夏のスタミナ系としてなんかもう味の予想が出来てしまうし、
むしろ「たこ焼き風」の方がペヤングらしさが感じられるのですけどね。
もっとも、2018年発売のペヤング「たこやき風」はあまりパッとしなかった感じでしたが……

 

B220803_3  
いつものように、先入れの乾燥かやく、後入れの液体ソースという2袋の構成です。
麺もいつもと同じで3分で湯切りです。

って、なんでこんな状態で撮影してるのかって?
赤矢印の部分で、蓋と液体ソースの小袋が貼りついているんですよ。
それが器のピンク矢印の部分に挟まっているので液体ソースが取りだせなかったんです。
湯切りしてから液体ソースを取り出すとしても、
緑矢印の部分が湯切り孔ですからそのままでは湯切りもままならないというありさまです。

完全にオートメーション化されている工程だと思いますが、こんなことあるんですねぇ。
なにかの拍子に液体ソースの小袋がきちんと容器に入りきらなかったのでしょう。
ただ、こんなの初めてですし、当然ながらこんなことがあっていいはずはないので
まるか食品さんには改善を要望しますよ。
(といっても、面倒なのでわざわざ要望書など郵送しませんが(笑))

で、ここまで蓋を剥がしてしまうと結局湯切りは危険ですから
ステンレスザルを使って湯切りしました。
出先だと困っちゃいますね。

 

B220803_4 
なんだかんだとありましたが、完成です。
にんにくの臭いがストレートに襲ってきます。旨い。
そして、やっぱり辛い。明確に辛い。でも我慢ならないほどでもないです。
じんわり辛いというより、最初から辛くてずーと辛い。増幅もせずすぐに治まりもしない。
夏の暑い日に良いですね。そして、ビール片手でもイイですね。

でも、やっぱり製造品質問題はちゃんとしてね、まるか食品さん。

|

« AKB38緊急入院! | トップページ | 単行本「すごい左利き」を読了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« AKB38緊急入院! | トップページ | 単行本「すごい左利き」を読了 »