« 新ACT-4制御は手伝い程度でしたが良い仕事したかな | トップページ | めんたいパークへ行って「鬼盛り!めんたい丼」を食べてみた »

プラモ製作(117)ニッサン・チェリーX-1・R

B220616_8 
前作のホンダ1300セダン99Sに続いて、同じ童友社のノスタルジックヒーローズ・シリーズの
「ニッサン・チェリーX-1・R」という、かなり古いプラモデルを作りました。

このノスタルジックヒーローズはてっきり1/24スケールで統一されてると思い込んでましたが
実際に作り出すとやたらとデカいなぁということに気がつきます。
前回製作のホンダ1300と並べて展示すると明らかに違和感があります。

よくよく空箱や組み立て説明書などを見返してみると、どこにもスケールに関する表示はないです。
どうやら、スケール不詳というかスケールモデルではないということみたいです。

完成後に測ってみると全長は約179mmあり、実車のカタログ値が3715mmであることから
およそ1/21ほどのスケールという計算になります。
一方、純正で後付のようなオーバーフェンダーが付いていることもあり、全幅はもっとあります。
実車のカタログ値は1550mmと現代基準ではとっても幅狭のはずなんですけど
これも完成後の実測では81mmもあり、1/19ほどの超ワイドボディとなってしまってます。

装着されるタイヤもこの時代のクルマとして、いやその後に改造をしたという想定でも
この日産初のFF車であるチェリーにはあまりにも不釣り合いなほどの極太タイヤとなってます。
実測で15mmほどもありますから約1/20スケールなら実車換算で300mmの極太タイヤです。
現代のニッサンGT-R NISMOのリアタイヤでさえ285mm幅ですから何をかいわんや、ですな。
というところからしても、ちょいと残念なキットになってしまってます。

ノスタルジックと題したシリーズなので、ノスタルジックを感じさせる仕様にして欲しかったですね。
もっとも、実物のニッサン・チェリーにヒーロー感があるかと問われると
これまたホンダ1300と同じくらい失敗作だったんじゃないかとボクは思ってますけどねぇ(汗)

 

そうそう、チェリーX-1・Rについては、大学生の時に自動車部の先輩が乗っていたので
助手席体験も含めてかなりハードに走らせた印象も強く残っています。
正直言って、エンジンだけは名機A型だけあって吹け上がりなどは最高に素晴らしかったですが
トルクステアが酷くてまったく真っ直ぐに走らずに、またパワードリフトアウトが酷く
(これを素人はドアンダーとか言うが)いわゆるタックインも酷くて
まともにハンドリングとかと呼べるような代物ではなかったですね。

オーバーフェンダーなぞ付けずにタイヤも普通サイズのグレードだったら
もう少しまともな直進安定性や操縦安定性を有していたのかも知れないですけど、
ニッサン・チェリーよりも先に発売されているスバル1000の直進安定性や操縦安定性に比べると
あまりにもお粗末なレベルのFF車だったと言わざるを得ませんね。

ちなみに、このチェリー、FFだからといって室内が広かったわけでもなく
一体なんのためにFFにしたのかも意味不明なパッケージングのクルマでもありました。
ただ、この変チクリンなカッコウ、実は個人的には嫌いじゃなかったりもします。
斜め後方視界とかも最悪なので乗りたくはないですけどね(笑)

 

P28_1 P28_2 
とりあえず、こんな感じで完成です。
完成品についての説明は不要でしょう。

なお、毎度のことですがJET-PHOTO の方にもう少し詳細な画像を載せています。
今回のニッサン・チェリーX-1・Rは「国産乗用車」から見ることができます。
まっ、このキットは「ヘンテコ改造」のグループに入れるべきか迷ったんですけどね。

|

« 新ACT-4制御は手伝い程度でしたが良い仕事したかな | トップページ | めんたいパークへ行って「鬼盛り!めんたい丼」を食べてみた »

コメント

あははっ
24歳頃にX1に乗ってました。
榛名山(道は失念)の下りで転がしてしまい廃車に(悲
Rは高くて買えなかったけどこの記事で当時のことを
懐かしく思い出せましたよ。

投稿: Jay | 2022-07-04 18:38

>Jayさん

おぉっ、チェリーX1に乗ってたんですね。
Jayさんの愛車遍歴もとっても興味が湧きますねぇ。
また機会があれば教えてほしいですね。
そろそろ、ハチノコ同窓会なんて開催できたらいいんですけど……

投稿: JET | 2022-07-04 19:45

中学の時に所属していた吹奏楽部の顧問の先生が、このスタイルのクーペに乗っていました。こんなオーバーフェンダーは付いていませんでしたが、リアハッチを開けて大きなチューバをガンガン積んでいたのが印象に残っています。
自分が乗るわけじゃないので後ろが見えないことよりも、特徴的なリアスタイルとテールランプは割と好きだったりします。

投稿: ぶらっと | 2022-07-06 00:09

>ぶらっとさん

そうか、ある意味ではスポーツワゴン的なはしりだったのかもしれないですね。
居住性よりユーティリティ重視のFFだったんですかね。

ボクの先輩のチェリーはロールバーが入っていたので、そのユーティリティも台無しでしたが(笑)

投稿: JET | 2022-07-06 04:49

そうですね「ハチノコ同窓会」を催したいですね
丸5年は活動らしき事を行ってませんから(汗
屋外だったらもう少し暑さが和らいだ頃が良いですね

投稿: Jay | 2022-07-09 11:16

>Jayさん

そうですね、人にもクルマにも暑さは難敵ですからね。

投稿: JET | 2022-07-09 17:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新ACT-4制御は手伝い程度でしたが良い仕事したかな | トップページ | めんたいパークへ行って「鬼盛り!めんたい丼」を食べてみた »