« GM内AWDの仕事より、スバルAWDの進化を求められるように | トップページ | プラモ製作(116)ホンダ1300S・99S »

エースコック「濃厚たらこ味焼そば」を実食

B220614_2 
エースコック・ACeCOOKの「たらこ好きに朗報です-濃厚たらこ味焼そば」です。
「スーパーカップ大盛り(当社比)」であり、「濃厚たらこ味をお楽しみください」だそうです。
これは、ファミリーマート限定商品なので、当然ファミマで税込278円とそこそこ高価です。

でも、この「たらこ好きに朗報です」とかのフレーズって既視感があります。
そう、昨年発売となった同じエースコックの「濃厚たらこ味焼そば」でも同じフレーズでした。
こちらは「EDGE驚き&やりすぎ」シリーズとはなっていますけど
商品名や謳い文句というかシズルワードなどからしてもほぼ同類のカップ麺と言えそうです。

けれど、まったく違うのはパッケージングというか器の形状です。
昨年のは何故か無駄に大きな専用の丼型の器で、熱湯の量(680mL)だけやたら多くて、
なのに湯切りがやりづらいという意味不明なパッケージでしたけど、
今回のは大盛り(昨年の麺量90g→130g)ですが普通の角型の器で、
熱湯の量(650mL)も普通で湯切りもしやすく真っ当なパッケージとなっています。

なお、湯戻し時間はどちらも5分と長めになってますが、それと器の形状は無関係でしょう。
となると、本当に昨年のあのデッカイ丼型の器はなんだったんでしょうかねぇ。
なんであんなに多量の熱湯が必要だったんでしょうかねぇ。
単にEDGE感の演出だったのだとしたら、まぁなんとも幼稚だなと断罪するしかないでしょうね。

ちなみに、今回の商品は6月7日発売となっていますので、ちょいと出遅れてますかね。

 

では、作って食べてみましょう。
B220615_1 
後入れの液体調味たれと後掛けのふりかけの2つの別添袋が入っています。
つまり、先入れの乾燥かやくなどは入っていません。
ちょっと寂しい感じもしますが、それは昨年のも同様の構成となっていましたね。

ここで原材料表示などを見比べてみると、かやくとしては「たらこ加工品、ねぎ、焼のり」と同様で、
調味たれにもガーリックペーストなどほぼ同じものが同じ順番で記載されているので、
味付けなども含めてほぼほぼ昨年のものの焼き直しって考えても良いのかもしれませんね。
まっ、実際に焼いてはいませんが……(笑)

B220615_2 
完成です。確かにたらこ感はばっちり出てますね。
ただ、これも食べる前によくかき混ぜてしまうと、たらこの粒々感はかなり消えちゃいますが……

たらこ由来なのかどうかは不明ですけど魚介の香りもしっかりありますが
それ以上にバターっぽい香りもかなり強く出ている感じです。
その点では焼きそばというよりもパスタっぽい雰囲気も感じますね。

食べても麺は太麺ですがゴム感やスカスカ感はなく、少しプリッとしたパスタっぽさを感じます。
なので、食べても食感も風味もパスタっぽいですね。
そんなに油っ濃くはないけど、それでも先日のペヤングの「バター醤油」などよりも
香りだけでなく少し重めの油となっているので、バターやオリーブオイルなどパスタっぽく感じます。

つまり、焼きそばだと思うとまぁこれまアリだよねってくらいで終わっちゃいますが、
これをパスタだと思うと、おぉたらこ感が強くて濃厚なパスタの味わいで旨いじゃんとなりますね。

ただ、1年前に“焼そば”として発売しちゃったので、
今回はしれっと“パスタ”として出すわけにはいかなかったのでしょうけどね(笑)

|

« GM内AWDの仕事より、スバルAWDの進化を求められるように | トップページ | プラモ製作(116)ホンダ1300S・99S »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« GM内AWDの仕事より、スバルAWDの進化を求められるように | トップページ | プラモ製作(116)ホンダ1300S・99S »