« 新作ペヤング「きんぴら風」はキワモノ商品かマジメ商品か? | トップページ | 新書「ふんどしニッポン」を読了 »

9年ぶりの「麺家族」、タンメンは熱い、そして暑い

先日の「千曲庵」、その前の「ラーメンしんどう」と、
10年ほどの大昔に行ったっきりの伊勢崎市内のお店に再訪して麺紀行しようとしてましたが……
実は記録が残っている(もとはこのブログ記事なんですが)2006年以降のを調べてみると
伊勢崎に引っ越してきた2013年7月以前に大泉から伊勢崎市内のお店にまで麺紀行してきて
その後に一度も再訪したことがないお店って、意外にももうないということが分かりました。

移転してしまったお店でもその後に移転先に再訪していますし、
残念ながらもう閉店してしまったお店もないわけではないですが……
もちろん、伊勢崎に引っ越してきてからということでは
まだまだ一度切りのお店もたくさんありますけどね。
(もう再訪したいと思わない店もないわけではないですが)

ということですが、本日は9年前に大泉から前橋市まで麺紀行してそれっきりになっていたお店へ
伊勢崎からなら人力バイクで行けますから、本日ハリくんで再訪してみることにしました。
A220628_1 

「麺家族」というメインはラーメンですが、焼きそば、丼物などがあるお店です。
9年前のこの時は頭の中が焼きそばでしたけど、やはりラーメンも食べておきたいお店でしたから。

けっこう人気店で混雑するらしいので、11時開店の早い時間帯を狙って行ったら空いてました。
ただ、食べ終って出る頃には何台か駐車場にクルマが入ってきましたから
やはり昼どきは混雑するみたいですね。

いやー、それにしても暑い日が続きますねぇ。
梅雨明けしたんだから当然とも言えますが、まだ6月ですからねぇ。
先日ニュースになった伊勢崎40.2℃の時はプラモデル作りに熱中していて
エアコンなしでもたいして暑さを感じていませんでしたが……

で、こんな暑い日はたとえラーメンでも、冷やし中華とか冷やしラーメンとか
最低でもつけ麺とかにしたいという人がノーマルなのかもしれませんが、
ボクはこういう時こそ汗かきながら熱々ラーメンで行きたいというひねくれ者なので、
A220628_2 
「塩・海老タンメン」800円を頼みました。
大盛りではなかったのですが丼でかいです。

とろみ付けされているので熱々でなかなか冷めない仕様になってます。
炎天下に自転車で10km弱とはいえ走ってきて、熱々ラーメン食べれば、もう汗だくです。
額から汗がだらだらと滴り落ちて、新たな出汁が加わりそうです。失礼。

ですが、汗だくなのは問題じゃないんです、望むところですから。
ただ、ただ、猫舌にはきついのよ、このアッチッチが。
スープはもちろん、麺も野菜も海老もすべてアッチッチ。

麺は細くて縮れが強くて、そして細麺なのに異様にコシが強くてツルモチシコの食感。
自家製麺じゃないと店主はいってましたけど、ちょいと他にはない食感の手揉み麺です。
麺量も多くて熱くてすぐに食べ切れませんでしたが、それでも全然伸びないのも不思議です。

スープは野菜と魚介の出汁が出ていて塩味は強めですが自然な美味しさがあります。
塩味についてはスープそのものの味付けというより、
野菜や海老、それに何故かハムなど具材を炒めた時の味付けでやや塩味が強めになっている感じかな。

なんにしても、味、食感、量ともにコスパにすぐれた大満足の一杯でした(*^^)v

 

本日のおまけ画像1
A220628_3 
オレンジ矢印のが「麺家族」なんで、その隣というか、向かいというか、
なんにせよFIAT500だらけとなってました。
中古車屋か中古車ブローカーのバックヤードとかになってるんですかね。
左端のオレンジの500には惹きつけられますな。

 

本日のおまけ画像2
A220628_4 
遠目から見てなんか変わった建物があるなぁ、教会? ラブホ? 
で確かめに近くまで行ってみました。

どうやら農産物のサイロ(倉庫)みたいですね。
それでも円柱2本の上に三角屋根のサイロってそんなに普通じゃない気もしますが。

|

« 新作ペヤング「きんぴら風」はキワモノ商品かマジメ商品か? | トップページ | 新書「ふんどしニッポン」を読了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新作ペヤング「きんぴら風」はキワモノ商品かマジメ商品か? | トップページ | 新書「ふんどしニッポン」を読了 »