« 「いちばんやさしい地政学の本」を読了 | トップページ | GMとの最初の仕事はアズテックAWDへの助言でした »

日清の最&強どん兵衛「かき揚げそば」と「きつねうどん」を実食

テレビCMでも美輪明宏まで出てきてさかんに宣伝されているのですが
たまたまスーパーで見かけたので2つとも買ってみました。
B220412_01 B220412_05 
日清食品・NISSINの「日清の最&強 このどん兵衛すべてが主役 かき揚げそば」(左)と
「日清の最&強 このどん兵衛すべてが主役 きつねうどん」(右)です。
色々と能書きがたくさん書いてありますけど、まぁ面倒なので省略します(笑)
どちらもスーパーとりせんで各税別198円でした。

どん兵衛ではこちらの「史上最長そば」が税別118円@とりせんでしたし
こちらの「史上最もっちもちうどん」が税別138円@とりせんでしたから
それらに比べると随分と高額なカップ麺ということになりますね。
メーカー希望小売価格は税別248円だそうですからそれでも値引き販売されているわけですが。

もっとも、こちらのプレミアムどん兵衛は338円もしましたから
それに比べればまだマシということも言えますし、最高価格ではないことになりますが。

となると、何が最強なのか分かりませんし、そもそも最強ではなく“最&強”となってますしね。
というか、&(and)は等位接続詞ですからA&BならAとBが等位でなければならないのですが
“最”と“強”は等位ではないから、意味がわかりませんね(笑)

 

と、あげ足取りをしてばかりしていないで、早速作って食べていきましょう
先ずはかき揚げそばです。
B220412_10 
フィルム包装された先入れのかき揚げ
先入れ粉末スープと後入れ七味唐辛子が一体となった小袋という割とシンプルな構成になっています。
一体となっているけどミシン目が入っていて分離できるようになっています。

湯戻し時間は5分と蕎麦としては長めになっています。
最長どん兵衛でも3分だったのに太麺でもなく5分になっているのは謎ですが
もしかしたらかき揚げが分厚いのでかき揚げのために湯戻しが長くなっているのかな。

B220412_11 
完成です。
かき揚げの分厚さが主役のうちのひとつでしょうけど真上からの写真じゃ伝わりませんねorz
それに、七味も見た目だけじゃわかりませんね。
というか、蕎麦に七味をかける風習はほとんどないのでよく分かりませんが……

食べてみると、麺はてろてろの柔らかいコシのないもので残念。
やはり本来5分も湯戻しする麺ではないのではと思われます。
もっとも3分だから食感のいい麺になるわけでもないでしょうけど。

汁はなかなか旨味があり深みもあって美味しいですね。
やや濃過ぎる味ですけど、まぁ最&強を名乗るのはこのくらい主張したいところなんでしょう。

かき揚げは分厚くてカップ麺としては異彩を放っていますけど
食感的にはサクサクでもないしそんなにありがたみは感じないですかね。
どうせなら、いつものかき揚げを2枚にして1枚は先入れ湯戻ししもう1枚は後入れパリパリでとか
1枚+揚げ玉たっぷりの方が味も食感も楽しめた気がしますね。

 

では次にきつねうどんに行きましょう。
B220413_7 B220413_8 
こちらも先入れの粉末スープとゆず七味唐辛子が一体化した小袋が入っています。
お揚げはあらかじめ麺の上に載せてありフィルム包装はされてません。
こちらは湯戻し8分となっていて最もっちもちと同じ麺となっているのでしょうかね。
ただ、このお揚げを湯戻しするのにもそのくらいの時間が必要なんでしょうけど。

B220413_9 
完成です。
これまたお揚げの分厚さが異彩を放ってますけどそれ以外は特に目立つところはないですかね。

食べてみても、やや平べったくて大して太くもなく一方で柔らかくてコシがなく
大して感心しない麺ですね。8分も待った甲斐が感じられないです。

お揚げは確かに分厚いです。が、カップ麺じゃなくてもこんな分厚いお揚げはあまりないのでは。
だし汁を吸ってジューシーなお揚げというよりも揚げ出し豆腐っぽい雰囲気もあって
これまたあまり感心しないですねぇ。
これこそ普通のお揚げを2枚にしてくれた方がはるかに良かったかな。

というわけで、湯戻し時間だけやたら長いだけで何が最強なのか最&強なのか理解できませんでした。

 

そんなに待つのが嫌だというのなら……というわけではありませんが、
B220415_5 
「日清食品・NISSIN 0秒チキンラーメン」も買ってみました。
まっこれはカップ麺でも袋麺でもなくてスナック菓子の扱いですけどね。
ベビースターラーメンと似たようなものですかね。
なので、販売は日清食品ですけど実際の製造はラミーパスタ工業という群馬県渋川市のメーカーです。

B220415_7 
中身はベビースターラーメンのようにクラッシュされてなくて
チキンラーメンらしくたまごポケットまで付いています。
食べてみても確かにチキンラーメンっぽい香りと味が感じられます。

全体的にちょっと硬くて歯で砕くにしろ手で砕くにしろ億劫に感じるところがあり
間食でバリバリ一気に食べるのならこれでもいいですけど
ビールのつまみなどでチビチビいきたいときにはベビースターラーメンの方が向いてますかね。
どちらも0秒で食べれますしね(笑)

|

« 「いちばんやさしい地政学の本」を読了 | トップページ | GMとの最初の仕事はアズテックAWDへの助言でした »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「いちばんやさしい地政学の本」を読了 | トップページ | GMとの最初の仕事はアズテックAWDへの助言でした »