« 2022年3月 | トップページ | 2022年5月 »

2022年4月の記事

ランちんの電動折り畳みドアミラーを修理

今年の1月に納車となったランちんこと中古のマツダ・ランティスですが
実は納車日当日に助手席側ドアミラーの電動折り畳み機構が故障していることを告げられたのですが
補修部品は入手できず修理もできないのでこのまま納車させて欲しいと言われて
まぁ購入前に試乗した時にチェックしなかった当方にも抜けはあったわけですし
それほど実用上の問題があるとも思えなかったのでそのまま受け取った次第です。

ランちんは5ナンバーサイズですから現代の幅広いクルマに比べればスリムですし
群馬界隈なら駐車スペースは余裕があるからいちいち駐車のたびにドアミラーを畳む必要もありません。
そもそもラリっ娘には電動折り畳み機構はついていないし手動で折り畳めることも知らなかったほどで
ですからいちいちドアミラーを畳むという習慣もないですからね。

ただし以前にビーあんこと(3代目)インプレッサを通勤に使っていたときだけは
3ナンバーサイズだったことと会社の駐車場が太古からの極狭スペースだったので
已む無くドアミラーを畳んでいたのと毎日のことなので、この記事のように
ドアロックとアクセサリーオンに連動して自動で折り畳み&展開するようにしたわけですが。

 

ただ、やはりいざというときに折り畳めないのは不便というか残念感があるので
直せるものなら直しておきたいという気持ちが出てきて、チャレンジしてみました。

続きを読む "ランちんの電動折り畳みドアミラーを修理"

| | コメント (0)

デルタAWD→XM AWD→74Xと流転し霧散霧消

前回では、2代目オペル・ザフィーラのAWD化の検討にスバルから加わわることになって
2001年2月に北海道美深テストコースでのオペルとの合同試験を経て
それまでのトルセンCを使ったフルタイムAWD優勢から
ボクの読み通りに電制オンデマンド方式が優勢へと変わっていったところまで書きました。

それとともにその合同試験では同じ電制オンデマンドでもハルデックスもいいけど
スバルのACT-4もかなりいいじゃないかというオペルの評価になったんですね。

もともと、ボクの評価でもハルデックスは確かに応答性が鋭いんだけど
逆にON-OFFが激しく車両挙動が乱れたりショックがでる部分があるので
その点ではACT-4の方が勝っていると考えていたのでその通りでもあるんですよね。
逆に言えばACT-4は応答性の悪さなどが弱点でもあったんですが……

 

そして、この頃にはそれらと併行してスバル独自で豊田工機(ジェイテクト)の
ITCC(Intelligent Torque Controlled Coupling)という電制カップリングの検討もしていて
さらにスバルのACT-4そのものも制御の見直しをしようとやりだしていたので
2代目ザフィーラAWD、つまりデルタAWDもそれらを参考にしようという機運になります。
というか、それらをスバルからGM・オペルに提案しましょうという流れになっていきます。

続きを読む "デルタAWD→XM AWD→74Xと流転し霧散霧消"

| | コメント (0)

「ペヤング 蕎麦風わさび味」はまったく想定通りの味でした

B220426_06 
まるか食品・ペヤングの「蕎麦風 そば粉不使用Θゼロ わさび味」です。
これも前回紹介の「野菜MIX」と一緒に食の駅で税別168円で買って来ました。
ちなみに「野菜MIX」は4月18日発売、こちらの「蕎麦風わさび味」は4月25日発売です。
さらに来月2日には「にんにく味噌」なるものが発売されるようで毎週新商品という形ですな。

ただ、今回の「蕎麦風わさび味」って少し前の「わさび醤油味」とかなり被っているのでは。
なんちゃって蕎麦」とはなってないけどおそらくその黒っぽい麺となっているのでしょうけど
味付けはなんだか似たようなものではないかと予想されますかね。
ということはかなりわさびの辛みが強烈で苦戦するかもしれないですな。
まっ痛覚異常者集団のまるか食品ですから覚悟する必要はあるでしょう(笑)

続きを読む "「ペヤング 蕎麦風わさび味」はまったく想定通りの味でした"

| | コメント (0)

新書「物語 パリの歴史」を読了

前回紹介の「オリンピック・マネー」つながりで東京の次はパリってな流れで読んだわけではないですが
そう言えばそういうつながりもなくはないなと思ったので、ブログではこの順番で紹介しましょう(笑)
B220312_4 
中公新書の「物語 パリの歴史 『芸術と文化の都』の2000年」福井憲彦著を読みました。
フランス車乗りだからというわけでもないのですが
いや多分にそれも影響してるでしょうけどパリには惹かれるものがあるのは確かです。
(もっとも、プジョーはパリに本社があっても元は東部の田舎の出ですけどね)

ボクはパリには3回ほど出張(の合間の休日含む)で訪れたことがありますが
それでも最後はこの1997年ですからもう25年近くの前のことになりますし
ましてやパリの歴史というか西洋の歴史も芸術にも疎いもんですから
これを機に少しは勉強しておきましょうというところですかね。

続きを読む "新書「物語 パリの歴史」を読了"

| | コメント (0)

クレカがやっとタッチ決済対応になったので早速使ってみた

ボクはクレジットカード決済が基本となっています。
麺紀行などでは現金決済しかできないお店はおおいのですが
クレカが使えればどんな少額であってもクレカ払いです。
ポイントがつくからというのもありますけど小銭ジャラジャラは嫌だしスマートじゃないしね。

ただ近所のスーパーは最近になって現金支払機を導入してレジ計算後はそこで支払いするのに対し
クレカはレジで支払いをするのでむしろレジの流れを滞らせているのはクレカの方となってます。
スマホのQRコード決済もレジで行なうのですがクレカの方が時間がかかりますからね。

それだけの理由でもないですけどクレカでもタッチ決済ができるようになれば
そんなプチイライラも解消されるで嬉しいんですよね。
B220427_4 
やっとこの時に作った楽天のクレカが更新時期となって新しいクレカが送付されてきて
それとともに“・)))”みたいな赤矢印のマークがついたタッチ決済対応カードに切り替わりました。

続きを読む "クレカがやっとタッチ決済対応になったので早速使ってみた"

| | コメント (0)

不気味なほど真面目な「ペヤング野菜MIX」を実食

B220422_1_20220425154001 
まるか食品のペヤングやきそば「ごま油の効いた塩ソース 野菜MIX」です。
食の駅で税別168円で買って来ました。

ペヤングというと獄激辛など痛覚異常者が痛覚異常者向けに出している異常なカップ麺や
ゲテモノと呼ぶにふさわしいような単なる話題作りの客寄せパンダ的なカップ麺や
さらにはSDGsとは真逆の爆盛系路線のカップ麺ばかりどんどん出しているイメージで
健康志向のイメージは皆無といってもいいんですけど……

今回はなんと「野菜MIX」って、なんてマジメぶってしまったんでしょうかねぇ(笑)

続きを読む "不気味なほど真面目な「ペヤング野菜MIX」を実食"

| | コメント (0)

たまには麺以外の外食ということで「食事処とびきり」で刺身定食

本日はガラケーなどを処分してしまおうということで近くのハードオフに持って行きました。
まぁ予想通りでしたけどガラケーはもう値が付かないということでタダで引き取ってもらいましたが
 HUAWEIのスマホとずいぶん昔に口金サイズ間違いで買ってしまったLEDランプなどが
お小遣い程度の値段になったので、そのまま麺紀行と行きましょうかね。

A220427_2 
「清光」という蕎麦屋というか定食屋さんに行ってみました。
そしたら、なんか駐車場が満杯状態になってます。
なんどもこの前は通っているんだけどこんなに混んでるところは初めて見ました。
店内混雑していると嫌だなぁと思いつつ……入口開いているので覗こうとすると……

その前に赤矢印のところに「準備中」と書いてある立て看板があります。
えっどういうこと? 
でも、店内を覗くとほぼ満席に近いくらい客がいます。
ざっと見た感じでは団体さんという体でもないです。

続きを読む "たまには麺以外の外食ということで「食事処とびきり」で刺身定食"

| | コメント (0)

「分福茶釜うどん」は伊勢崎市内の最寄のセブンで購入

先週の火曜日、4月19日に群馬県だけ、しかも太田市、館林市、邑楽郡のみ発売のはずだった
セブンイレブンの「分福茶釜うどん」はこの記事のように翌日から発売だったようですが、
結局、翌日以降もバカバカしくてというかセブンイレブンに腹が立ったので
わざわざ太田市くんだりまで出掛けて行って買う気にはなりませんでした。
 ※伊勢崎市より太田市の方が人口は多いのですけどね(汗)

で、情報によれば、本日から群馬県内全域のセブンイレブンで発売ということだったので
またセブイレブンに騙されて翻弄されるかも知れないと思いつつも
最寄のセブンイレブンに見に行くくらいなら大した手間ではないのでちょいと覘いてみました。

そしたら、大量に売っていたので、もちろん買ってきました。
A220426_1 
「分福茶釜の冷やし釜玉うどん」税別460円です。

続きを読む "「分福茶釜うどん」は伊勢崎市内の最寄のセブンで購入"

| | コメント (0)

新書「オリンピック・マネー」を読了

B220328_1 
文春新書の「オリンピック・マネー 誰も知らない東京五輪の裏側」後藤逸郎著を読みました。
副題に「東京五輪の裏側」とあるので昨年夏の東京2020の総決算結果でも書いてあるのかと
早合点して買ってしまいましたけど、本書は2020年4月30日発行となってますから
2020年開催の1年延期が決定した直後までのことしか書かれていません。

それに、「誰も知らない」なんて書かれてますけど、じゃぁ著者も知らないのかと揚げ足取りはさておき
マラソン・競歩の北海道開催騒動やコロナ禍での1年延期可否騒動などで
結構その五輪開催の裏事情まで報道されたりネットニュースにもなっていたので
細かいことはさておいても全体の構図などは多くの人に知られることになったと思いますけど。

続きを読む "新書「オリンピック・マネー」を読了"

| | コメント (0)

所用で大宮まで行ったので、駅近のラーメン「みぎわ」で麺紀行

本日はちょいと所用があって埼玉県大宮まで行ってきました。
その所用についてはまた時期が来たらブログ記事にしたいと思いますが現時点では伏せておきます。

ここ伊勢崎から大宮までは公共交通機関で行くなら普通は高崎経由・JR高崎線で行くのが
乗り換え1回で簡単で早いのですが(もっと早いのなら新幹線を使うのがベストですが)
貧乏性なので片道500円ほど安くなる東武で久喜まで行ってJRに乗り換えて行くことに。
伊勢崎から久喜まで直行はないので館林で乗り換えて2時間半以上かかって到着です。

ちなみに、帰りも500円をケチって往路の逆ルートでしたけど
館林から伊勢崎も直行がなくて太田でも乗り換えでかつ接続が悪く待たされて
結局3時間近くもかかってしまいましたよ。
おかげで読書が進みましたけどね。

ただ、もう世の中では電車に乗っている人はほぼ100% スマホと睨めっこしてますなぁ。
ちょっと異様な光景というか不気味で怖い世の中になってる気がしてなりません。
ジジイのたわごとではありますが……

続きを読む "所用で大宮まで行ったので、駅近のラーメン「みぎわ」で麺紀行"

| | コメント (0)

網戸張り替え大作戦を敢行したら筋肉痛?

暖かくなってきましたからこれからの季節に備えてあちこちの網戸のネットの張り替えをしておきましょう。
自宅の網戸のネットの張り替えは2年ほど前のこの時に経験済みではありますが
その時は小さな片上げ下げ窓構造の網戸を数枚だけでした。

その時に張り替えした網戸は当然ながら未だに問題なく健在なんですが
その後、その他の家中のあちこちの比較的大きな網戸も破れや劣化が進んできてしまっているので
このままでは大量の虫の侵入に悩ませられる事態になってしまいそうですから
今のうちに網戸のネットの張り替えを済ませておくのがよいでしょうとの判断です。

というか、実は昨年の夏にも気になっていて悩まされていたのに見て見ぬふりをしていて
ようやく秋になってから季節外れで品数も少なくなった網戸のネットを買って
なのに今ごろになってから張り替えをしようと重い腰を上げたという
なんとも体たらくで情けない状態だったのでした。

無職の身だからやろうと思えばいつでも出来る、と思うとすぐやらずにずるずるとやらずじまいという
無職あるあるというかこれは典型的なダメ人間のパターンですな(汗)
そんなダメ人間のボクですけど、一念発起してやりだしましたよ。

続きを読む "網戸張り替え大作戦を敢行したら筋肉痛?"

| | コメント (2)

アズテックの次は2代目ザフィーラAWDでした

前回の記事では、GMからAWD-CoEとしてのスバルに持ち込まれた最初の仕事は
すでに開発終盤のポンティアック・アズテックのAWDへの助言・評価だったことを書きました。

その次というか、並行してますが、それはGMグループ内のオペル・ザフィーラのAWD化の話です。
初代ザフィーラは欧州Cセグメントの小型3列ミニバンですが
日本でもスバルがタイ生産のをトラヴィックとして販売してました。

当時ドミンゴなき後3列シート車がなかったスバルにとっては貴重なOEM車だったはずでしたけど
スバルなのにAWDがないこともあって販売はさほど好調ではありませんでした。
スバル社員にとっては従業員販売で買えるし通勤にも使える貴重なミニバンなので売れましたけど(笑)

まぁ仮に初代ザフィーラ=トラヴィックにAWDがあったからといって
これまたそれが日本のスバル・ディーラーで爆売れしたかというと怪しいですけど。
たぶんにディーラー・セールスマンが売れない理由にAWDがないことを挙げただけで
実際は積極的に売りたくはなかったというのが本音だったのではないでしょうか。

しかもその頃はスバルは「プレミアムブランドを目指す」なんてほざきだしていたので
ベンツやBMWなどと違って大衆車ブランドのオペルなんて見下していた感じですし
ラリーやニュルブルクリンクでの“走り”に傾倒していたので
別に3列シート車なんか売らなくたっていいんだって風潮でしたからね。

続きを読む "アズテックの次は2代目ザフィーラAWDでした"

| | コメント (0)

年金の任意加入の申し込みをしに市役所へ行ったけど、まだでした

ボクはこの時の記事にも書いているように、国民年金は免除申請などせずにきっちり払っています。
しかも付加年金も払っていますし、銀行口座自動引き落としの2年前納としています。
2年前の4月末に40万円弱の引き落としとなったので今年もそろそろだと覚悟していました。

案の定、「国民年金保険料口座振替額通知書」というはがきが送付されてきたので確認します。
あれっ今年は34万円弱と少ないじゃないの、なんで?
って、よくよく見たら34万円じゃなくて3万4千円とひと桁も違って格安でした。

あっ、ボクは今年の6月でとうとうカンレキなるものになってしまうので
国民年金保険料は4月と5月の2ヶ月分だけを支払うということなわけでした。

ただ、ボクは20歳以降も学生時代は年金保険料を払っていませんでしたから
60歳を越えても65歳まではその未納分を任意加入という形で補てんすることができます。
ボクは何度か書いているように、年金は長生き保険として非常に大切なものと考えていますから
当然ながら任意加入もして、さらにそれにも付加年金を払うつもりでいます。

で、ちょいと調べると、任意加入する場合は市役所に行って申し込むとなっていますので
もう年金手帳は廃止されたと聞いたけどいちおう念のため持って
さらにマイナンバーカードも持って、本日市役所へ行ってきました。

続きを読む "年金の任意加入の申し込みをしに市役所へ行ったけど、まだでした"

| | コメント (0)

新書「マツダとカープ 松田ファミリーの100年史」を読了

B220315_12 
新潮新書の「マツダとカープ 松田ファミリーの100年史」安西巧著を読みました。

まぁランちんことマツダ・ランティスのオーナーになったからマツダへの興味が増したこともありますが
とはいえ別にマツダのファンというわけでもないですし
ましてやプロ野球は最弱・阪神タイガースのファンなのでカープは特にどうとも思わないのですが
考えてみれば、マツダについては昔はコルクを作っていた会社というくらいしか知らなかったので
マツダ車オーナーとして最低限の社歴くらいは知っておくべきかと思い読んでみることにしました(笑)

ただ、高校生の頃はロータリーエンジンに熱狂してましたねぇ。40年以上前のことですが。
とはいえ、オイルショック後なのでもう既に夢のエンジンと思ってなかったのですが
コンパクトさを活かして軽自動車サイズくらいのクルマに積んだら面白いのになぁなんて思って
勝手に車両レイアウトやパッケージングを考えて三面図を描いて妄想したりしてましたねぇ。

続きを読む "新書「マツダとカープ 松田ファミリーの100年史」を読了"

| | コメント (0)

高崎市少年科学館ではやぶさ2関連プラネタリウムを鑑賞

本日、高崎まで麺紀行したのはタイトルのように高崎市少年科学館でプラネタリウムを観るためでした。

A220421_7 
AKB38で来たのは天候が不安なこともあったのですが
途中でホームセンター、ドンキで買い物をしようと考えてのことでした。

プラネタリウムの開始時刻が14:00からだったので余裕で買い物をしていたのですが
バスタブの蓋なんぞを物色して事前にバスタブのサイズも計ってメモして行ったのに
何故か短いサイズのモノを買ってしまっていて、AKB38に載せてから気付くという大失態。

返品手続したり正しいサイズのモノをまた買いにいったりとなんだかんだと手間取ってたら
麺紀行している時間が20分ほどしか残されていないという事態になってました。
まぁ無理ならランチ抜きでも良かったんですけど、結局はギリギリで間に合いました。

続きを読む "高崎市少年科学館ではやぶさ2関連プラネタリウムを鑑賞"

| | コメント (0)

高崎の「らーめんつけ麺 けのひ」の「いか煮干しそば」を麺紀行

本日はちょいと高崎まで用事があったのでその前に麺紀行ということで
「らーめんつけ麺 けのひ」というお店に行ってみました。

A220421_6 
街中で基本的に駐車場はないと思った方がよいですが裏手に1台だけ停めれました。
近くに高崎市少年科学館があるのでそこの無料駐車場を使って歩いてくるのが良いのでしょうが
ちょいと時間に追われていたので一か八かで行って、停められたのでラッキーでした。

店内自販機で食券を買うスタイルですが、迷っている時間ももったいなかったので
最初に目についたメニューに即決めしてしまいました。

続きを読む "高崎の「らーめんつけ麺 けのひ」の「いか煮干しそば」を麺紀行"

| | コメント (0)

単行本「雨の日には車をみがいて」五木寛之著を読了

B220416_8 
幻冬舎の「雨の日には車をみがいて」五木寛之著を読みました。

先日紹介した期せずして再読となった「異端の人間学」つながりで
珍しく五木寛之著の小説なんぞ読んだというわけではなく
carviewなどのWeb自動車情報サイトを見ていると広告で出てくるので
気になって本屋で探して買って読んでみたというわけです。

ハードカバー付のしっかりした本で定価1600円もするので少し躊躇したんですけどね(汗)
帯に書いてあるように「究極の恋愛小説」という部分にはあまり興味はありませんが
「さらば愛しき車たちよ」という点ではやはり惹かれるものがありますからね。

続きを読む "単行本「雨の日には車をみがいて」五木寛之著を読了"

| | コメント (2)

またもセブンの「分福茶釜うどん」入手不可、でラーメン「ひだまり」へ

セブンイレブンの公式ホームページの今週の新商品によると
本日、4月19日よりセブンイレブンのお惣菜で「分福茶釜の冷し釜玉うどん」発売とのことです。
ただし、販売地域は群馬県のみと書いてあります。
これはなかなか興味をそそられる商品ではないですか。

ちょっくら近所のセブンイレブンへ行って買ってきましょうか。
と、早合点してはいけません。
先日の「チンジャオロース焼そば」の件でセブン的には本庄市は埼玉県じゃないようでしたから
今度もセブン的には伊勢崎市は群馬県じゃないという扱いになっているかもしれません(笑)

なんていうわけでもないのですが、実は本件はWeb版上毛新聞ニュースで先に知っていて
その新聞情報によると、館林市・太田市・邑楽郡だけが19日から発売開始となって
それ以外も含めた群馬県全域は26日から発売となるということでした。

また、この「分福茶釜うどん」は館林・邑楽の「百年小麦」を使用していて
つゆも館林の正田醤油を使用しているということだそうなので、まぁ美味しそうですよね。
なお、分福茶釜の昔話の舞台は館林市にある茂林寺です。
ただし、このお惣菜を製造しているのは同じ群馬県内でも玉村町のタマムラデリカとのことですけどね。

で、1週間待ってもいいんだけど、話(ブログ)のネタとしては新しい方がいいだろうということで
伊勢崎からちょいと太田市の端っこに入ったセブンイレブン目指して買いに行ってみました。

続きを読む "またもセブンの「分福茶釜うどん」入手不可、でラーメン「ひだまり」へ"

| | コメント (0)

サンヨー食品「ビャンビャン麺 史上最大級幅広麺」を実食

先日、ファミリーマートでお惣菜の麻婆焼そばを買った時に同時にカップ麺を買って来ました。
B220415_2 
サンヨー食品の「ビャンビャンBiáng.svgBiáng.svg麺風 史上最大級幅広麺 西安式旨辛麺」です。
前回紹介の最強どん兵衛みたいに最○なんちゃらのフレーズが続きますね。
これは、4月11日発売の新商品のようで、267円もしました。

このビャンビャン麺というのはBiáng.svgの字がやたらと画数が多いということで知っていましたが
実際に食べてみたこともないですしどんな麺料理なのかもよく分かっていませんでしたので
カップ麺でどれだけ再現されているのかどうかはさておいても興味津々で買ってみました。

ちなみにBiáng.svgの字はUnicordで定義されていてそれを使ってここでも表示させていますけど
最大限に拡大表示しても明瞭に分かりませんし環境によっては全く表示されないかもしれないですね。

続きを読む "サンヨー食品「ビャンビャン麺 史上最大級幅広麺」を実食"

| | コメント (0)

GMとの最初の仕事はアズテックAWDへの助言でした

このスバル・カテゴリーの一連の記事の中でも最近は現役中のことを思い出しながら書いてきていますが
とはいえこの「4WDの分類」の記事から前回の「左右デフLSD」の記事まで8回ほどに渡っては
特にスバルに限った話ではなく4WDなどの基礎的な話を長々と書いてしまいました。

まぁその基礎のところをしっかり理解しておいてもらわないと
これからの2000年初頭のころのボクが携わってきた4WD関連のことも
きちんと伝わらないというか誤解されかねないと思ったのでこれらの基礎の話をしてきたわけです。

それに、4WD関連については巷だけではなく自動車評論家といわれる人たちでも
あるいは嘆かわしいことですが自動車メーカーの技術者でさえも
基礎が分かってなくていい加減な巷の言説を信じている人も多いので
きちんと整理しておかなければいけないかなという思いもあったわけです。

 

では、ここからは基礎や一般論ではなく、2000年初頭にボクがスバルで携わってきた
具体的な話をしていくことにしましょう。
まっ、記憶が曖昧になってきている部分や
雑多な業務を並行してやってたので混乱してる部分も多々あるかもしれませんけどね。

続きを読む "GMとの最初の仕事はアズテックAWDへの助言でした"

| | コメント (0)

日清の最&強どん兵衛「かき揚げそば」と「きつねうどん」を実食

テレビCMでも美輪明宏まで出てきてさかんに宣伝されているのですが
たまたまスーパーで見かけたので2つとも買ってみました。
B220412_01 B220412_05 
日清食品・NISSINの「日清の最&強 このどん兵衛すべてが主役 かき揚げそば」(左)と
「日清の最&強 このどん兵衛すべてが主役 きつねうどん」(右)です。
色々と能書きがたくさん書いてありますけど、まぁ面倒なので省略します(笑)
どちらもスーパーとりせんで各税別198円でした。

どん兵衛ではこちらの「史上最長そば」が税別118円@とりせんでしたし
こちらの「史上最もっちもちうどん」が税別138円@とりせんでしたから
それらに比べると随分と高額なカップ麺ということになりますね。
メーカー希望小売価格は税別248円だそうですからそれでも値引き販売されているわけですが。

もっとも、こちらのプレミアムどん兵衛は338円もしましたから
それに比べればまだマシということも言えますし、最高価格ではないことになりますが。

続きを読む "日清の最&強どん兵衛「かき揚げそば」と「きつねうどん」を実食"

| | コメント (0)

「いちばんやさしい地政学の本」を読了

B220405_1 
彩図社の文庫「図解 いちばんやさしい地政学の本」沢辺有司著を読みました。

帯にウクライナうんぬんと書かれてあり、前回紹介「異端の人間学」とは違い今年4月発行なので
まさにロシアのウクライナ侵攻を受けて書かれたタイムリーな本かと思い買って来ましたが
実際には「おわりに」によると2017年に刊行されたものに加筆・再編集をして
今年に文庫版として発行されたということのようです。
まぁでもちゃんと今年のウクライナ侵攻にも触れられていますから最新情報まで網羅されていますけど。

で、その地政学とはなんぞや、なんとなくは耳にして理解しているつもりではありますが
「はじめに」では次のように地政学の説明がしてあります。

続きを読む "「いちばんやさしい地政学の本」を読了"

| | コメント (2)

スーパーの駐車場を極低速で徘徊しているワゴンRに遭遇

10日ほど前の出来事ですけど、近所のスーパーの駐車場で妙なワゴンRに遭遇したので
その時のルイルイに付けたドラレコ動画を編集して紹介しておきましょう。

 

続きを読む "スーパーの駐車場を極低速で徘徊しているワゴンRに遭遇"

| | コメント (0)

セブンの青椒肉絲焼そばは諦めたがファミマの麻婆焼そばを発見

先日の日記に書いたとおり、一部地域のセブンイレブンで発売中の「チンジャオロース焼そば」は
例え利根川を渡って埼玉県まで行っても買えないようなので、諦めました。
それの代わりというわけではなく、たまたま本日ファミリーマートに寄ったら
お惣菜の「麻婆焼そば」を売っていたので買ってきました。
ファミリーマートのホームページでは特に新商品情報として麻婆焼そばはなかったと記憶してますけど。

A220415_1 
「花椒香る!麻婆焼そば(Spicy Tofu over Yakisoba)」480円です。
以前に同じファミマの麻婆ラーメンは食べていますけど焼きそばはなかったです。
ただセブンイレブンの麻婆焼きそばは今年の1月に食べていますね。
ですから、そのセブンのを思い出しながら比較して食べてみましょう。

続きを読む "セブンの青椒肉絲焼そばは諦めたがファミマの麻婆焼そばを発見"

| | コメント (0)

セブン的には本庄は埼玉県外のようなので、「すぱげっちぃ」麺紀行

コンビニ大手各社の新商品情報は毎週チェックしているのですが
セブンイレブンでお惣菜「香ばし麺のチンジャオロース焼そば」というが目にとまりました。
麻婆豆腐焼きそばにもハマってしまっているのですが中華料理+焼きそばならイケるでしょうから
青椒肉絲焼きそばも美味いはずで、是非とも食べてみたいもんです。

この新商品は4月13日発売となっていますが
販売地域は埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨県、長野県だけで
なんと群馬県や栃木県では発売されないとのことです。

群馬県民や栃木県民の口には合わないと判断されているのか
それとも製造所のキャパや配送ルートなどの関係で群馬・栃木は除外されたのか……
ちょっと腹立たしくもありますけど、ならば埼玉県まで行って買ってきてやろうじゃないか。

というわけで、本日、AKB38で利根川を越えて埼玉県本庄市内のセブンイレブンまで行ってみました。

……

あれっ、見つからない。

続きを読む "セブン的には本庄は埼玉県外のようなので、「すぱげっちぃ」麺紀行"

| | コメント (0)

Uターンから歩道暴走するオデッセイの動画など

昨日のことですが、ありえないような走行をするホンダ・オデッセイに出くわしたので
その時のドラレコ動画なぞを公開しておきましょう。

続きを読む "Uターンから歩道暴走するオデッセイの動画など"

| | コメント (0)

和歌山ラーメンってどないよ?ってわけで前橋の「和歌山っ子」へ

本日も異常に陽気がいいのでフー太郎でポタリングをしながらの麺紀行と行きましょう。
先日の「キミドリ」ではなく「Cafe&Dining 杏の穂」から適当に道を選んで帰ってくる途中で
和歌山ラーメンの店を見かけていたので、
そう言えば和歌山ラーメンってどんな特徴のラーメンだっけ?
食べたことあったっけ? うん、食べたことないよなぁ
じゃぁ食べに行ってみよう! ってなわけで行ってみることにしました。

A220413_1 
その名も「和歌山っ子」というお店です。
目立つ色合いの店ですがのれんやのぼり旗はないので遠目からはやってんのかなぁって感じ。
薄くかすれた営業中の看板が出ていてちゃんとやってましたよ。

続きを読む "和歌山ラーメンってどないよ?ってわけで前橋の「和歌山っ子」へ"

| | コメント (0)

新書「異端の人間学」佐藤優×五木寛之を読了

B220331_1 
幻冬舎新書の「異端の人間学」佐藤優×五木寛之を読みました。
ボクも学生および現役サラリーマン時代にはしばしば“異端者”扱いされたので
それでこのタイトルに目がいったということもありますが、
帯には「ロシアの冷血」とか「ウクライナ侵攻」などと書かれていますから
タイムリーな内容(というのも不謹慎ですが)だなと思いよく確かめもせずに購入してしまいました。

けれど、この本は2015年8月に初版発刊なので喫緊のウクライナ情勢を踏まえて書かれてはなく
2014年2月からのウクライナ紛争を受けて書かれている内容となっています。
実際には今のロシアによるウクライナ侵攻もそのウクライナ紛争から続いているわけですけどね。

続きを読む "新書「異端の人間学」佐藤優×五木寛之を読了"

| | コメント (0)

サーモン号で太田市の「らーめん わをん」へ麺紀行

スギ花粉はずいぶんと少なくなってきたようでかなり楽になってきましたね。
ただ、今日なんかはTシャツ1枚でも汗ばむほどの夏日となってしまいました。
まぁボクは寒いのより暑い方が好みなのでこの陽気は歓迎ですけど。

ということなので、サーモン号ことシクロクロスバイクのコナ・ジェイクで太田市方面へ向かいます。

A220411_1 
「らーめん わをん」です。
“和音”から来ているんでしょうか、“お”を“を”と書くのは遊びですかね。

続きを読む "サーモン号で太田市の「らーめん わをん」へ麺紀行"

| | コメント (0)

ボクの愛車遍歴 その3・最終回

前回の“その2”ではメインのM系列のラリっ娘、背伸びしたH系列のトレトレ(アルファロメオ33)、
そして足車のC系列のvivioの3台体制のところまで紹介してきました。
2000年頃のことになります。

これ以降の愛車についてはこのJET-LOGでもリアルタイムで登場してくることになるので
あまり詳しく書く必要もないでしょうから、簡単にささっと触れていきましょうかね。

 

先ずはロメオ147(アルファロメオ147 TS)を新車で購入しました。
これもスタイリングに一目惚れして日本輸入を待って真っ先に購入したので
試乗車とかもなく試乗する前にハンコを押しました。
とは言え、仕事でアルファロメオ156にはセレスピードも含めて乗ったこともあったので
まぁなんとなく試乗せずとも分かっていたということもありますけどね。

そして、このロメオ147もボク的にはトレトレ(アルファロメオ33)の後継という位置づけなので
当然ながら少し背伸びしてカッコつけのH系列の愛車ということになります。

続きを読む "ボクの愛車遍歴 その3・最終回"

| | コメント (0)

岩波書店「現代哲学の冒険⑪ 技術と遊び」を読了

B220306_1 
岩波書店の「現代哲学の冒険⑪ 技術と遊び」を読みました。
1990年発行の古い単行本サイズでハードカバー付の定価2600円もする立派な本ですが
たしかこの時のさかい産業祭で無料で貰ってきた元・図書館にあった本でしょう。

そして、この岩波新書の「現代哲学の冒険」は全15刊あり、その11刊めがこの本であり
編集委員が市川浩、加藤尚武、坂部恵、坂本賢三、村上陽一郎となっていますが
中身はまたそれぞれ6人の方が別々に書いている論文(?)と1人の方の写真集みたいなものを
ひとつにまとめていて、そこに「技術と遊び」というタイトルを付けた形になっています。

「はじめに」や「おわりに」など本書を総括するような編集者の言葉もなにもないので
ちょっと全体像が掴みづらいまま、いきなり本文に突入することになります。

続きを読む "岩波書店「現代哲学の冒険⑪ 技術と遊び」を読了"

| | コメント (0)

井森美幸がバイトしてた「茂木」は休みなので「じいとばあ」へ

先日、テレビ番組(ウラ撮れちゃった?)で井森美幸が高校生の時に地元でバイトしていた
「ドライブイン茂木(もてき)」というお店が紹介されていました。
まぁ別にボクは井森美幸のファンというわけでもないし
番組内容からその店に強く惹かれたというほどでもなかったのですが
その店は国道254号沿いにあり、昔その昔よく群馬から帰省する時に前を通っていたなぁ、
というのを思い出してランちんことマツダ・ランティスで行ってみることにしました。

まぁ昔よく前を通っていたといってもほとんどは深夜に大型車をぶち抜きながらの坂暴走状態ですから
ドライブインが何軒かあることは認識してても開いている時間帯でもないしどんな店かも知りませんが。
昔は北関東自動車道もなかったし、そもそも高速道路より下道派ですし、若い頃は金もなかったし……
それよりも深夜の峠道を爆走するの、特に一気に400kmほど爆走するのは快感でしたからね。

ただ、今日はそんな爆走しませんし、そもそも昼間だし
全国交通安全週間中ですから要注意で、超安全運転で行きましたよ(笑)
A220408_02

続きを読む "井森美幸がバイトしてた「茂木」は休みなので「じいとばあ」へ"

| | コメント (0)

じゅごん走り初めで館林の「そば工房 風車」まで麺紀行

じゅごんことプジョー・ジャンゴは寒い冬場は冬眠させていましたけど
そろそろ暖かくなってきたので今年になってから初めての走り初めといきますか。
ということでしたけど、天気予報よりも曇天で肌寒くて、それに花粉も舞っていたようで
走り始めてすぐに鼻水たらたら状態になっちゃいましたね。

A220407_1 
群馬県館林市にある「そば工房 風車」というお蕎麦屋さんです。
大泉町に住んでいた頃はこの店の前を比較的よく通っていたんですけど
その頃にはあまり意識していなかったお店ですね。
昔からあった店っぽいですし。

どこかに風車でもあるのかとか、それで粉挽きしてるって感じでもなさそうです。
そういえば、以前は何回か大胡の風車オフへ行ってましたけど、まだやってるのかな?
まっその風車とこの店名とはなんのつながりもないでしょうけどね。

続きを読む "じゅごん走り初めで館林の「そば工房 風車」まで麺紀行"

| | コメント (0)

ボクの愛車遍歴 その2

前回の“その1”では、初代愛車のサニーからブラットまでの5台を時系列で紹介してきましたが
ここでもう一度それらを整理しておきましょう。
複数台所有もあるので幾つかの系列という概念で整理していこうと思います。

ここでいう系列というのは必ずしもA車を売ってB車を買ったからA→Bという系列ではなく
ボクの気持ちの中でのA車の後釜はB車だなと位置付けられればA→Bという系列になります。
なので、A車とB車の間が空いていたり短期に重複していてもあまり問題にはしません。

先ず、最初の頃はそれだけがメインの愛車ですからそれをM系列と名付けましょう。
まぁ一般的にはファーストカーと呼ぶのかも知れませんがちょっとニュアンスが違います。
また、それに対して足車的な使用のクルマではセカンドカーと呼ばれることが多いでしょうが
それもボクの気持ちのニュアンスは異なるのでここではコンビニエンスからC系列とします。
そして、それとは別にちょっと無理してというか背伸びしてカッコつけて買ったクルマを
H系列と呼ぶことにします。何がHなのかはよく分からないけどイメージだけでね。

そうすると、M系列はサニー→ランサー→ジャスティという流れになります。
そして、C系列でレックスコンビがあって、H系列でブラットがあったということになります。
注意してほしいのはブラットはジャスティの後継ではなくH系列になるということです。
では、その次の愛車からこの系列も意識して紹介していきましょう。

続きを読む "ボクの愛車遍歴 その2"

| | コメント (0)

黄緑のプジョチャリで「キミドリ」へ行ったが満席につき「杏の穂」へ

本日は天気も良いので、プジョチャリでポタリング&麺紀行といたしましょう。
どこに行こうか、ということですがプジョチャリは黄緑色をしていますから
北上して「農家のレストラン KIMIDORI(キミドリ)」というところを目指します。
まっ単なるダジャレですな(笑)

A220405_2 A220405_3 A220405_1 
赤城山麓の裾野を少し登りかけた自然の中に店がありますが、黄緑感はないですね。
というか看板らしきものもほとんどなく黄緑色の矢印の先に真ん中の画像のように店名が出ています。
通り沿いでもなく案内標識も出ていないのでしっかり予習をしてから行きましたよ。

ですが、予想通り「満席」でしたorz
予想通りというのはネットで調べると予約しておかないと満席でほとんど入れないようでしたから。
まぁ5,6人で会食とか記念日に会食とかならともかくオッサンひとりがポタリングして麺紀行するのに
わざわざ予約して行くというのもなんだか大仰なので、満席なら諦めるだけという覚悟ですね。
というか、単なるダジャレだったのでもうこの店はこれでミッションクリアですかね(笑)

続きを読む "黄緑のプジョチャリで「キミドリ」へ行ったが満席につき「杏の穂」へ"

| | コメント (0)

M.ハイデッガー著「技術への問い」の読破は断念

B220227_1 
平凡社ライブラリーの「技術への問い」マルティン・ハイデッガー著・関口浩訳を読み始めたのですが
というか、昨年末にも一度読み始めたのですが、あまりに難解ですぐに挫折してしまったのを
また挑戦してみようと試みたものの一つの章(一つの論文)をとにかく読破してみたものの
まるっきり理解もできないので、もう読まない(読めない)と諦めました。

本来ならサラリーマン時代の技術者であった時に読むべき内容の本なのでしょうし
もっと言えば学生時代に技術者を志した時点で読むべき内容の本だったのかもしれません。
(この日本語訳の著書は2009年発行で、HL判は2013年発行ですけど
 マルティン・ハイデッガーの論文・講演は1953年から1962年に出されたもの)
だけど、もうボクは無職の身で技術者でもなんでもないんだから、難解なら断念しましょう(笑)

続きを読む "M.ハイデッガー著「技術への問い」の読破は断念"

| | コメント (0)

ボクの愛車遍歴 その1

ランちんことマツダ・ランティスの購入はいちおう中古車屋さんで試乗させてもらってから決めました。
でも、試乗が決め手となったわけではなく9割がた購入するつもりで中古車屋に出向きました。
あまりにも気になるところがあったら修理してもらうか値引きしてもらうか
その辺の交渉をする目的というか交渉スタートに当たっての試乗ということになりますね。

元職業柄というかこのブログでもハンドリングがどうとか走り味・乗り味ウンヌンとか書いてますけど
実はボクは試乗が決め手になってクルマを購入したことってほとんどないんですよね。
というか、新車でも中古車でも試乗しないで購入したクルマばかりという気がします。

本日の記事ではそのあたりことを振り返ってみたいと思いましたが
書いているうちにあまり面白い記事になりそうもなくなってきたので
(もっともいつもの記事も大して面白いものでもないんですけどね(汗))
試乗うんぬんも含めつつボクの今までのクルマ遍歴みたいなものを書いてみましょうかね。

とはいえ、このブログがスタートした2005年以降はほぼブログ記事にしてますし
それ以前のこともちょくちょくこのブログの記事にも話は出てきてますし
JET-Photoの方や更新してないけどホームページのJETの部屋でも紹介してたりして
それらと重複する部分も多いかと思いますが、そのあたりはご容赦をお願いいたします。

続きを読む "ボクの愛車遍歴 その1"

| | コメント (0)

auの3Gガラケー強制終了につき楽天モバイルへ一本化

先月末をもってauの3G回線が大手携帯各社の先陣を切って終了となってしまい
長らく愛用していたソニーエリクソンのガラケーが使用できなくなってしまいました。
13年以上も使ったんですなぁ。
予備バッテリーも無償ゲット出来ていたのでまだまだ全然使えたんですけどねぇ。
というか、予備バッテリー使うまでもなく1回充電で2週間以上も使えるのでズボラ出来ますし。

このガラケーはガンガンメールとかいう変な契約をしていて
Eメールは無制限で通話は従量制でデータ通信はなしとなっていて月額1000円ちょいです。
ボクはショートメッセージはほとんど使わないのですが
PCメールを自動転送でこのガラケーのメールアドレスに送っていたので
PCメール確認用としても意外と重宝していたんですよね。
通話もほとんど使わないけど自宅固定電話代わりという感覚でしたしね。

ただもう今月からは「圏外」表示となってメールも通話も使えなくなってしまいました。当然ですね。
auからは昨年来かなりしつこく4Gのスマホに切り替えろと脅迫めいた連絡を受けてましたけど
その高圧的でまったく客の立場を無視したような物言いに不快感・不信感しかなく
もうauとはおさらばだと決意しておりました。

続きを読む "auの3Gガラケー強制終了につき楽天モバイルへ一本化"

| | コメント (2)

連日でスマーク伊勢崎なので、「石焼炒飯店」で麺紀行(?)

本日もちょいと野暮用でスマーク伊勢崎へ行ってきました。
昨日と2日連チャンでスマーク伊勢崎に行く羽目になるとは……その件は別記事にします。

スマーク伊勢崎の店もだいたい麺紀行できるところは行きつくした感じもありますし
かといって別に前にも行った店に再訪してもかまわないわけですし
そもそもそこまで麺だけに拘らなくても良いのですけどね。

A220402_2 
「石焼炒飯店 スマーク伊勢崎店」です。
サンマルクホールディングスグループだそうです。って初めて聞きましたけど。
ここスマーク伊勢崎にもサンマルクカフェが入っていますけど他にも
神戸元町ドリア、BAQET、鎌倉パスタなどサンマルクホールディングス運営の店が入ってます。
少なくともスマーク伊勢崎内では影の一大勢力みたいですね(笑)

続きを読む "連日でスマーク伊勢崎なので、「石焼炒飯店」で麺紀行(?)"

| | コメント (0)

野暮用でスマーク伊勢崎へ行ったので、「四六時中」で麺紀行

ちょいと野暮用でスマーク伊勢崎まで行ってきました。
その件はまた明日以降に記事にできたらと思ってますが……

で、ちょうど昼時でしたからスマーク伊勢崎内でランチでもしようかということで、
A220401_1 
「おひつごはん四六時中」というところに入ってみました。
“四六時中”ってどこかでもそんな店に入ったようなと後で調べてみたら
8年近く前のこの時に三陸自動車道・春日パーキングでラーメン食べたのも「四六時中」でした。

どうやら、そこはもう閉店しているようですが
この「四六時中」というのはイオン子会社が運営していて何種類かの業態の店があるようです。
ここスマークのはおひつごはんをメインに据えているお店ということのようですな。
まぁ、おひつごはんというのにはあまり縁がないですけどどんぶりものと大差ないでしょうか。

続きを読む "野暮用でスマーク伊勢崎へ行ったので、「四六時中」で麺紀行"

| | コメント (0)

« 2022年3月 | トップページ | 2022年5月 »