« ランちんのフロントアンダーカバーの変形を少し修正してみた | トップページ | ビスカスもトルセンもセンターデフLSDとして一長一短 »

新書「古代史講義」を読了

B220202_3 
ちくま新書の「古代史講義 ――邪馬台国から平安時代まで」佐藤信編を読みました。
本書の表紙カバーのそでには次のように本書の紹介が書かれています。
                                (以下引用、改行位置変更)
昨今の研究の進展を受けて、かつての古代史の通説は覆され、学校教科書での古代史の記述も様変わ
りしつつある。大化の改新は六四五年のクーデタではない、「聖徳太子」は厩戸王でありその役割は
限定的であった、東北の城柵は行政官庁だった、などはその一部である。そこで十五人の研究者が集
い、古代史の最新の研究成果と研究動向を一般読者にわかりやすく伝える。一般読者が誤解しがちな
点やかつての教科書で書かれていたために広まっている誤解などを正す、最新・最良の入門書。
                                      (引用終わり)

ボクは学生時代に真面目に日本史の勉強はしてこなかったのでかつての教科書の記述も覚えてないし
日本史の通説というか誤解もなにもないに等しいのですが、まぁ最新の通説は知っておきたいですね。
前回紹介の本が「日本の先史時代」でしたしその前が「日本列島四万年……」でしたから
今回のは重なり合いつつもちょうどその続きという感じにもなりますし。

さらに、編者でもある佐藤信氏が「はじめに」で次のように書いています。
                                  (以下引用)
 今日、日本古代史は研究の個別細分化が指摘されて久しく、だんだんと狭い範囲の個別
実証に限定された、間口の狭い研究が増えているという面も見られる。また一方で、史料
にもとづかない思いつきや奇抜な推測から面白おかしい歴史像を提示しようとする出版企
画もみられるように思う。本書は、その両者とは距離を置いて、多様な歴史資料の実証的
検討の上に立ち、古代史像がダイナミックにどう動いているのかを描こうとした試みであ
る。                               (引用終わり)

細分化の話はもっともでしょうけど、「面白おかしい歴史像の出版企画」というのは
ボクも趣味でこの手の本を読むわけですからどうしても面白おかしいのを手に取りがちです。
もちろん、それはそれで一つの説であって事実は違っているかも知れないとして読むわけですが
それでも最新の通説がどうなっているのかはきちんと捉えたうえで
読み物として色々な人の独自の説を楽しむのが良いでしょうね。
まっ、編者がどういうものを「面白おかしい歴史像」と呼ぶのか具体的にはわかりませんけど。

 

それで、あまり内容を紹介してしまうとネタバレ的になってしまいますので
先ずは日本古代史最大の論争とも言われる「邪馬台国」についての考え方の部分を紹介しましょう。
この部分については吉松大志という人が書いています。
                                  (以下引用)
 このような中国王朝の世界観を背景に倭人伝が記述されているとすると、その方位・距
離を前提として邪馬台国や諸国の所在地を議論することには慎重にならざるを得ない。先
述のように、倭人伝には当時の中国王朝の誤った認識や古典の引き写しも数多く見られる
わけで、倭人伝だけに頼っていては卑弥呼の時代の列島の真の姿は見えてこない。
                                 (引用終わり)

当たり前と言えば当たり前のことが書かれているわけですね。
大陸の王朝が何でも知っていて魏志倭人伝を書いたわけでもなんでもないし
いくら文字が残ってないとしても日本列島のことは日本に一番残っているはずなんですから。

ただし、本書では邪馬台国はここにあった、などと結論的なことは書いてありません。
つまり、まだ通説では邪馬台国の場所も卑弥呼という人物も定まってはいないということですね。

 

もうひとつは、昔は大化の改新と一括りにされていた“乙巳の変”についてです。
昔は蘇我氏が悪者で藤原家(中臣氏)が成敗したみたいな構図だったと思うのですが
ボクがよく読んでいる関裕二氏なんかは徹底して藤原家悪玉論を展開してますから
その辺りが今の通説ではどうなっているのか興味がもたれます。
このパートについては鈴木正信という人が書いています。

(以下引用)                   これら一連の政治的なクーデター
を乙巳の変と呼び、翌年から開始される政治改革(大化改新)と区別してとらえるのが現
在では一般的である。
 上述した『日本書紀』の文脈によれば、蘇我氏は専横をきわめ皇位をも簒奪しようとし
たために誅殺されたことになっている。しかし、これらの記事には中国・朝鮮半島の文献
による修飾が非常に多く見られ、蝦夷・入鹿を討った中大兄皇子や中臣鎌足らを正当化す
るために『日本書紀』編者による潤色が加えられている可能性が高い。乙巳の変の実態は
国外・国内の情勢を踏まえて総合的に読み解く必要がある。      (引用終わり)

藤原家悪玉論とまでは断じていないですけど蘇我氏の功績を見直すべきというのが
今の通説のようで、関裕二氏の主張もあながち間違いではないということですかね。

 

全体的には極力中立的な立場で書こうということですから
少し堅苦しくかつどっちつかずの歯切れの悪さが感じられるところもありますが
なかなか興味深い内容の本になっていました。

|

« ランちんのフロントアンダーカバーの変形を少し修正してみた | トップページ | ビスカスもトルセンもセンターデフLSDとして一長一短 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ランちんのフロントアンダーカバーの変形を少し修正してみた | トップページ | ビスカスもトルセンもセンターデフLSDとして一長一短 »