« 太田に野暮用があり「世界が麺で満ちる時」へ麺紀行 | トップページ | ランちんのユーザー車検の合間に麺紀行・「邑人そば」 »

群馬初進出の「オリーブの丘 伊勢崎連取店」へ麺紀行

A220324_1 A220324_2 
今年の2月24日オープンだというからちょうど1ヶ月経ったということのようですが
「オリーブの丘 伊勢崎連取店」へバースくんで行ってみました。
自宅から3kmちょっとなのでまぁ徒歩でも行けるくらいのところですけどね。

この「オリーブの丘」はすき家やココスなど運営するゼンショーグループで
関東ではかなりの店舗数があるみたいなんですけど
どうやら群馬県ではこの伊勢崎連取店が初出店ということになるみたいですね。
栃木県には佐野市などにもあるみたいですし来月には足利店もできるようですが。

12時前ですが駐車場にはかなりクルマが停まっていて結構繁盛してるみたいです。
10時開店なのでカフェ的にも使えるというので便利なのもいいのかもしれないですね。

で、店内入るといきなりタッチパネルがあってグループ人数などを入力すると
座席番号が印字された受付票みたいなのが出てきます。
それに従って席に着いて、またその受付票みたいなのが精算時の認識票にもなっているとのことです。

というのは、初めての人にとっては当然面食らうわけですしほとんどの客はまだ初めてですから
店員さんがすべて説明しながら手順を踏んで行くことになります。
ボクは一人での来店でしたからカウンター席のNo.1が指定されてきました。
でも、その後に来店した一人だけの客はひとつ開けてのNo.3の席のようでしたから
どういうロジックで席を指定しているのかちょいと興味が湧いてしまいますね。

 

注文は各テーブルにあるタブレット端末でおこなうようになっているのですが
面白いのはちゃんと紙のメニューがあってそこに書いてある3桁のナンバーを
タブレット端末に入力するシステムになっていることです。
やっぱりタブレット端末だけでメニューを表示させるのは特にグループだと見づらいからですかね。

A220324_4 
サラダ、スープ、ドリンクバーがセットになった(具だくさん)ぜいたくパスタランチセットで
パスタはサーモンと焼き葱のバター醤油を+110円で麺大盛り(1.5倍)にして注文しました。
なお、メニューは基本税別表示の脇に小さく税込表示がある表示形式で
少しでも安くみせたいのか税込では1円単位の端数が出る値付けとなっています。
まぁそれでも合計979円と格安ですし、クレジットカード支払い可能なので便利ですけど。

注文してからなかなかサラダが出てこないなぁと思いながら
先にスープとドリンクでも飲んでようかなとよそってきたら……
その間にたて続けにサラダとパスタが運ばれてきちゃいました。

スープもサラダのドレッシングも結構濃いめの味付けという印象ですが
ドレッシングに梅が入っていて春らしいし酸味が利いてさっぱり感もあり美味しいです。

パスタはアルデンテを謳っているみたいですが残念ながらアルデンテ感はなくプリッともしてなく
かといってモチモチやムチムチ食感もなく全体的にネチョッとした感じです。
4,5本のパスタの端が揃って束になっているような部分もあることなどから
どんなパスタの茹で方をしているんだろうかと疑問に思ってしまいましたね。

パスタの具はさすが具だくさんを謳うだけあってサーモンの身がゴロゴロしてるし
焼き葱もそこそこたくさんでかつ自然な旨味が感じられて大変美味しいです。

けど、ソースはあれれってな感じ。醤油の香ばしさやバターの濃厚さも希薄です。
メニューには赤唐辛子マークが一つ描かれていたのですがまったくピリ辛さもないです。
ボクは痛覚異常者ではないのに少しも辛さを感じないっては不思議なくらいですね。
うーん、何か忘れてんじゃないの?と言いたくなるような味でした。
仕方ないのでタバスコで誤魔化して食べましたけど。

確かに、コスパはかなり高いですし、具材の多さや美味しさには満足でしたけど
いかんせんパスタそのものとソースの味付けがいただけませんでした。
まだ開店1ヶ月でいろいろ整ってないところもあるのかもしれませんが
ただゼンショーグループなんですからその辺は最初からちゃんとしているはずとも思えるんですが。。。

 

本日のおまけ
A220324_5 
うーん、もったいない。
ラージセダンやミニバンなどヤン車にしようが勝手にやってろとしか思いませんけど
この手のクルマだとちゃんと乗って欲しいなぁと思っちゃいますな(笑)

|

« 太田に野暮用があり「世界が麺で満ちる時」へ麺紀行 | トップページ | ランちんのユーザー車検の合間に麺紀行・「邑人そば」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 太田に野暮用があり「世界が麺で満ちる時」へ麺紀行 | トップページ | ランちんのユーザー車検の合間に麺紀行・「邑人そば」 »