« 自宅Pでのコツン防止のクッションガードを作ってみた | トップページ | 単行本「ダチョウはアホだが役に立つ」を読了 »

ペヤング×志津川高校 第2弾の「わさび醤油」を実食

ペヤングと宮城県志津川高等学校の共同企画カップ焼きそばとして
前回の「たこめし風」に続く第2弾が本日発売開始となりましたので
早速前回同様にスーパーのとりせんへ行って税別138円で買って来ました。
B220221_3 
まるか食品の「ペヤングやきそば わさび醤油味 WASABI SOYSAUCE taste 宮城県志津川高等学校」です。

わさび醤油味ってなんだかペヤングにしてはぶっ飛んだ感じがなくていたって普通ですねぇ。
今までになかったでしたっけ?
って、調べてみると確かに少なくともボクはペヤングでわさび味のカップ焼きそばは食べてないし
ペヤングすべてを把握しているわけではないけどググっても過去には出てなさそうです。

B220221_8
けれども、実は以前の傑作である「ペヤング かきあげ味」をあまりの美味しさに箱買いした時に
途中から味変としてわさびふりかけというかわさび味の薬味をふりかけて食べたりしてました。
「かきあげ味」そのものが焼きそばというより日本蕎麦風という位置づけですから
わさび味やこれらのやくみとは相性が悪いわけないですから美味しくいただいてました。

その意味では今回のわさび醤油味に近いものがあって先取りしていたのかも。
といっても、わさび味のカップ焼きそばはペヤング以外では結構あったりしてボクも食べています。

例えば、古くはこちらのU.F.O.のやこちらの一平ちゃんに始まり、一平ちゃんはその後も続いて
山葵×わさび醤油味」はかなり美味しかったし、「超わさび」はかなり咽まくりましたね。
それと、マルちゃんの「柿の種わさび」もかなり鼻ツーンで苦戦しましたね。

あれっ、ちょっ待てよ~。
まさか、これもペヤングのことだからわさび利きまくりの激辛というか激ツーン商品か?
でも、獄激辛シリーズではないし、高校生がそんな度を越した悪さはしないよね。
大丈夫だよね、ネ。って不安になってきちゃいましたよ。

 

まぁともかく食べてみるしかないですな。
B220221_6 
先入れの乾燥かやく、後入れの液体ソース、そしてきざみ海苔の3つの小袋が入っています。
かやくにわさびが入っているわけではなくキャベツだけですけど量は多そうです。
それにもまして、きざみ海苔が大量なのには驚かされますが、それがペヤングらしさでもあります。
麺はいつものでしょうから、毎度の3分で湯切りです。

B220221_7 
大量のきざみ海苔と薄緑のキャベツとで爽やかそうな彩りです。
が、もうこの時点で鼻にツーンとくるようなわさびの揮発成分を感じます。

やばそうだと思いながらも食べようとすると……咽ました。思いっ切り咳き込みました。
こりゃぁダメです。息を吸い込んではダメです。つまり啜ってはダメです。
小洒落たフランス料理屋のつもりで啜らずに音を立てずに食べれば大丈夫。

さっぱりの醤油味の中にキャベツの甘味や海苔の旨味も加わってバランスのよい美味しさです。
焼きそばというよりむしろぶっかけ蕎麦的な味わいですかね。
ただ、焼きそばにしても日本蕎麦にしても思いっ切り啜れないというのでは
日本の食文化としてはどうなの?という疑問が残ります。

うーん、本当に高校生がこの味というかわさびの辛さで納得していたんだろうか……

|

« 自宅Pでのコツン防止のクッションガードを作ってみた | トップページ | 単行本「ダチョウはアホだが役に立つ」を読了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 自宅Pでのコツン防止のクッションガードを作ってみた | トップページ | 単行本「ダチョウはアホだが役に立つ」を読了 »