« どうして前後トルク配分ばかり注目するの | トップページ | 麺紀行は不発につきヤマザキ×U.F.O.ランチパック »

今日も歩いて麺紀行:「東天」の山かけラーメン

徒歩圏内ではお蕎麦屋さんだけでなくラーメン、パスタなどの麺紀行できる未踏店は
残り少なくなってきましたが、今日はラーメンも食べられる定食屋さんという風情の
「東天」というお店に散歩がてら歩いていって麺紀行してきました。

A220117_1 
メニュー構成をみると定食や丼物は非常に豊富で特に揚げ物系が多いですが
ラーメンはあまり種類もなく力が入っていないような印象です。
ですが!一瞬目を疑うようなラーメンのメニューがあります。
というのは事前に調べていて、それが狙いだったのですが……

「山かけラーメン」780円です。
蕎麦やうどんでは山かけはメジャーな部類ですけどラーメンとなると初めてです。
なのに、注文したら「えっ、そんなん頼むの?」ってな店員さんの反応(笑)

そして、「とろろ芋が入ってるのだけど大丈夫?」と来たもんだ。
そりゃ名前から想像すればそうだろうし
大丈夫と訊かれてもメニューにあるんだから大丈夫なんでしょっとこっちが訊きたいくらい(笑)

 

A220117_3 
見た目はいわゆる昔ながらの醤油ラーメンに擦りおろしのとろろが入っているって感じ。
少々野性的な香りの鶏ガラ醤油スープで味はかなり濃いめ。
麺は多加水ストレートの中細麺でしなやかな食感のものです。
具はもやし、ネギ、コーン、メンマ、チャーシュー、ナルトといったところ。

普通の醤油ラーメンと麺やスープが同じなのかどうかは分かりませんが
濃い味のスープはとろろとよく混ぜるとマイルドになりちょうどよい加減になってくれます。
また、とろろで麺のつるつる食感がアップするので多加水の麺のしなやかさが生きてきますね。

食べ始めるまではラーメンととろろって相性どうなのって半信半疑だったのですが
これはこれでありだなと思える変わり種の一杯でした。

 

本日のおまけ画像
A220115_2 
近所の粕川の河川敷に出現した謎の構造物。
何年か前のこの季節にも出来ていたので季節ものの祭り事か何かなのかな?

|

« どうして前後トルク配分ばかり注目するの | トップページ | 麺紀行は不発につきヤマザキ×U.F.O.ランチパック »

コメント

こんばんは
明けましておめでとうございます

とんど ではないでしょうか

広島では成人の日付近に竹等でやぐらを組んで燃やします
竹の先に餅を取り付けて、焼いて、喰います
おっさんと小学校低学年が集まっていて、新成人っぽい青年はまずいません
群馬で見たことはなかったんですが広島ではあちらこちらでやっています

投稿: B10M | 2022-01-17 21:19

>B10Mさん

今年もよろしくです。
どんど焼き、とんど焼きとか言うやつですね。
言葉は聞いたことがあったけど単にしめ縄など燃やすんだと思ってました。
確かに地域によっては小屋というかやぐらを組んで燃やすようですね。
ということはもう今は燃やしちゃったんですかね。
今日、確認しに行ってみます。

投稿: JET | 2022-01-18 06:11

このやぐらは伊勢崎市下植木町の粕川の河川敷にあったのですが
前橋市などでもどんど焼き・道祖神祭などと呼んで同様に焼いているようですね。
狭い地域によっても呼び方が違うのも面白いところです。

投稿: JET | 2022-01-18 07:57

館林のどんど焼きは熊野神社の神事として
毎年1月の第3日曜日にお焚き上げ(開催)します。
日本遺産に認定された「館林の里沼」の中の
茂林寺沼で刈った葦やナスガラ・稲わらなどを
青竹の骨組みで作った櫓に積み上げて作っています。
来場者も年々増加して和太鼓演奏もあり盛り上がりましたよ。
残念なのはコロナ対策で昨年今年と子供達に
焼き餅や甘酒(麹原料のAlc0%)ポップコーンなどを
提供出来ないことですね。

投稿: Jay | 2022-01-18 18:25

>Jayさん

結構あちこちで地域によって独自のやり方と場所・日時でどんど焼き
もしくはそれ相応の祭りが行われているんですね。
そして、新型コロナの影響を大なり小なり受けているんですね。

ボク自身はそのような祭り事とはほとんど無縁の幼少期を過ごしてきたので
その辺りのことはまったく無知なので恥ずかしい限りです。
ただ、このコロナ禍が長引くとそういう思い出のない子供たちが増えてしまいそうですね。

投稿: JET | 2022-01-18 18:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« どうして前後トルク配分ばかり注目するの | トップページ | 麺紀行は不発につきヤマザキ×U.F.O.ランチパック »