« 単行本「コロナワクチン3回目打ちますか?」を読了 | トップページ | サーモン号のボトルケージが割れたので余りモノを加工してリサイクル »

来年用卓上カレンダーは月曜始まりだけどクッピーラムネだよ

今年は月曜始まりの卓上カレンダーを入手できなかったので、なしで過ごしてきました。
その前までは生命保険の外交員の方がこの日本柔道連盟の卓上カレンダーを持ってきてくれてたので
それを使っていたんですけど、今年用のはなかったみたいでもらえませんでしたし、
100均でも月曜始まりの卓上カレンダーはどこにもなかったので諦めてしまったんですよね。

もちろん、500円ほど払えば月曜始まりのカレンダーは売ってましたし通販でも買えるし
それこそ自作してもいいわけですけど、そこまで手間暇やお金を掛けてしまうのは
なんだか日曜始まりがスタンダードという世の中の風潮に負けてしまった気がしてシャクなのでね(笑)
というほど真剣に憤慨しているわけでもないんですけど……

ただ、来年2022年用はたまたま近くの100均のセリアで月曜始まりの卓上カレンダーを見つけたので
早々と買ってきて準備万端となっています。何の準備だかよー分かりませんが。
B211109_1

どうしてだか、カクダイのクッピーラムネのデザインになっていますが
もちろんラムネのお菓子が付いてくるわけではありません。

 

ところで、恥ずかしながら今までグッピーラムネだと思ってました(恥)
どうして、今までグと濁音だと思い込んでいたのかその理由はまったく身に覚えはありません。

しかし、よくよく調べてみると、大昔は「グッピーラムネ」の愛称で呼ばれていたのだそうです。
とは言え、1963年には正式名「クッピーラムネ」と命名されているので
1962年生まれのボクには0歳児の記憶でグで覚えていたわけではなさそうです。
親世代からグで聞かされていたかもしれませんが、親世代はラムネ食べてないでしょうね。

さらにもっと面白いのは、当時は熱帯魚のイラストの描かれた紙を箱に入れて販売していたので
その熱帯魚から「グッピーラムネ」の愛称がついたとのことですが、
なんとその熱帯魚はグッピーではなくて実はエンゼルフィッシュだったのだそうです。
つまり、エンゼルフィッシュをグッピーだと間違えてグッピーラムネの愛称がついたということです。

そして、その愛称から正式名称にする時に濁音より清音が良いとのことで
「クッピーラムネ」になったというわけですか。
それでも、カクダイのホームページでも「今でも間違えてグッピーラムネと呼ばれる」と書いてあり
ボクと同じように間違えて覚えている人も意外といるということのようですね。

 

ちなみに、イメージキャラクターはウサギのクッピー(旧・ウサ雄)とリスのラム(旧・リス子)です。
その前の案ではネズミキャラクターで著作権ギリギリアウトで一旦は発売中止になったそうです。
まぁ当時は著作権も曖昧な時代だったんでしょうけどそんな黒歴史があったんですね。

それにしても、謎なのはこのカレンダーにも時折描かれている緑色の魚のような生き物ですね。
グッピーでもエンゼルフィッシュでもないし
イルカのように見えなくもないけどどうして唐突にイルカが登場するのか……
たいした意味はないと悩まないようにしましょうかね。

 

B211109_2
それから、この卓上カレンダーは両面印刷になっていて
1月から6月までめくった後は全体をひっくり返して7月から12月分になるという形です。
1年12枚だったものが半分の6枚で済むわけですからコスト低減・資源節約になりますね。
こういうのは初めて見ましたけど今はこういうのが主流なんでしょうか。

両面印刷でも個人宅で使うのにはまったく問題ありませんが
パーテーションのない会社のデスクで使うと反対側の人には
例えば2月なら12月のカレンダーが見えているので混乱してしまうかもしれないですし
逆に12月なら2月の時の予定などをじっくり見られちゃいますね。

コロナ禍でパーテーションを設置した会社も多いのかもしれませんが
透明アクリルやビニールでは見えてしまいますし……
今どきの会社は個人のプライバシーなどに配慮してパーテーション設置してるのかな?

ちなみに、ボクがスバル(当時は富士重工)本体で働いていた最後の1年ほどは
正面にはパーテーションを設置した事務所レイアウトになっていましたけど
(その後に出向したSTIは酷い事務所環境だったのはこの記事に書いた通りです)
これはその部署だけの特有なレイアウトであって
他の部署では完全に丸見え筒抜けの事務所レイアウトでしたね。

コミュニケーションの邪魔になるとか上司の目が届きにくくなるとかありますけど
個人的には職場は集中しやすい環境を作るべきだしプライバシーも必要なので
欧米のように個室とまではいかなくともパーテーションは必要だと思うんですけどね。

それに乱雑で汚い他人のデスクが丸見えなのも気分悪かったですしね(汗)

|

« 単行本「コロナワクチン3回目打ちますか?」を読了 | トップページ | サーモン号のボトルケージが割れたので余りモノを加工してリサイクル »

コメント

自分も月曜始まり派です
イベントは土日開催なので、そこに向けての計画を把握するには月曜始まりの方が感覚的にわかり易いですよね

昔は既製品を探してましたが、少数派のせいか見つけ難いし毎年同じものも入手できないので、結局、数年前から自作するようになりました
こんなやつです↓
https://twitter.com/gojo_gingo/status/1466025231655473152

投稿: 五条銀吾 | 2021-12-01 21:54

>五条銀吾さん

慣れの問題はあるとしても月曜始まりの方が圧倒的に使いやすいと思うんですけど、少数派ですね。

それにしても、サイコロ型自作カレンダーとは発想が素晴らしい!

投稿: JET | 2021-12-02 04:00

皆さん、土日の用事に向けて準備をするのは変わらないと思うんですけどね
不思議です

自家製カレンダー、当初は年間のを一枚にしたものでしたが、場所を取るのでどうするかと考えて、サイコロ型になりました
ミーティングの主催者側としては半年後の日程を調べるとか頻繁にあるので、通常の形態だと見辛いんですよね

投稿: 五条銀吾 | 2021-12-05 21:47

>五条銀吾さん

「サイコロ型 カレンダー」で検索すると、ほとんどはサイコロの目にひとつづつ数字を書きこんでそれらの組み合わせで今日の日付を表すものが出てきます。

なかには五条銀吾さんと同じような全体が立方体のものやさらには正十二面体のものを自作している人もいるようですけど……

ボクも入手に困ったら自作でもしてみますかね。

投稿: JET | 2021-12-06 07:31

サイコロ型カレンダー、試しに自分も検索してみました
結構いるのかと思いましたが、マイナーなんですね
合理的だと思うのですが

展開図を載せてみました
興味が湧いたら作ってみては?
https://twitter.com/gojo_gingo/status/1469282603060850689
レーザープリンターで印刷すると普通紙でも若干剛性が上がります

投稿: 五条銀吾 | 2021-12-17 20:28

>五条銀吾さん

ありがとうございます。
再来年用に検討してみますかね。

投稿: JET | 2021-12-18 06:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 単行本「コロナワクチン3回目打ちますか?」を読了 | トップページ | サーモン号のボトルケージが割れたので余りモノを加工してリサイクル »