« ハリくんで近くのベッドフォード・カフェまで麺紀行 | トップページ | ヤマザキ×ペヤングのランチパックとメロンパンを食べてみた »

久々に越県して栃木県足利市でニラ玉塩らーめんを食す

先月のこの時に数cmだか数mだか埼玉県最北端の地に足を踏み入れてしまったことを除けば
超久々に群馬県を脱出して越県して栃木県足利市までじゅごんで行ってきました。
いつ以来かなと調べると、この時に佐野市までラーメン食べに行った時以来ですから
もう1年4ヶ月以上もグンマーに引き籠っていたことになりますな(汗)

A211105_4 
足利大学の近くにある「麺屋 大和(やまと)」というラーメン屋さんです。

いちおう、佐野ラーメンということになっているようですが
しょうゆだけでなく塩、味噌、豚骨などもあり、さらに担々麺やあんかけ麺などメニューは豊富です。

久しぶりの佐野ラーメン系なので王道のしょうゆラーメンにしようかなと思いつつも
他に気になったメニューがあったのでそちらにいってしまいました。

A211105_6 A211105_7 
「ニラ玉塩らーめん」750円のところを100円引きクーポン持参で650円で戴きました。
天津麺のようになっているわけではなくふわとろの溶き卵とニラがトッピングしてあるものです。
スープはとろみはなくシンプルに塩味ですがごまの風味がかなり強めに効いています。
塩味は抑え目、もちろん胡椒など刺激もなくダシの旨味で勝負という感じです。

麺は佐野ラーメンらしいコシの強いものでやや固めなのでビロビロ感は控えめです。
それでも適度な捻りと縮れで啜り心地は良いですね。
スープの最後の最後の一滴まで自然な美味しさで完食・完飲させていただきました(^O^)

|

« ハリくんで近くのベッドフォード・カフェまで麺紀行 | トップページ | ヤマザキ×ペヤングのランチパックとメロンパンを食べてみた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ハリくんで近くのベッドフォード・カフェまで麺紀行 | トップページ | ヤマザキ×ペヤングのランチパックとメロンパンを食べてみた »