« お買い物自転車ルイルイでトヨタ・ヤリスと衝突! | トップページ | 新作ペヤング「にんにく納豆」を恐る恐る実食 »

早期リタイアして無職になって4年経過

ちょうど1年前にも3年が過ぎたと似たような記事を書いていますけど
まぁ毎年書いていますから今年も書くことにしますかねぇ。

ただ、もうこれって新鮮なネタが無いんですよ。
コロナ禍であるなしに関わらず平々凡々な日常が続いているだけですし
それがボクが思い描いていた悠々JET適な生活なわけですから。

それにしても、もうそろそろ「早期リタイア」という言葉も使いづらくなってきちゃいますかね。
といっても4年前の55歳に早期リタイアしたという事実は事実ですからいいんですけど
今の自分の状態を指し示すのに早期リタイアした人とか早期リタイアした状態と言うのは
なんだか言いづらいというかわざわざ言わなくてもいい年齢になってきたのかなと感じます。

だって、来年になったら還暦60歳ですからね。まぁ還暦は関係ないですが。
60歳で定年退職なら早期リタイアじゃないですから。
まぁ今では65歳まで働くのが当然みたいな世の中の空気になってしまったような感じですが
それでも65歳定年になったというより60歳定年のまま再雇用、再就職で65歳まで
という企業が大半を占めているのが実情だと思いますし、
そもそも社会人になったときから60歳で定年と刷り込みされて働いてきたわけなので
公的年金が貰えるのが何歳からとかに関係なく60歳が一区切りの意識は強く残ってますから。

まぁでも60歳まであと1年ほど猶予はありますからしばらく思い悩んでみることにしますかね。
悩むなんてほど大それたものでもなんでもないですけどね。

それに早期リタイア・ネタではないけど現役時代の思い出を面白おかしく書いているスバル・ネタも
なんとなく早期リタイアといっているうちに完結しておきたい気持ちもあるんですけど
このままのペースではとてもじゃないけど終わりそうもないですから
その辺も含めてどうするか決めることになるのでしょう。

 

さて、早期リタイアして4年目のお金の話ですが、順調に貯金は減っています。
ボクは資産運用益を生活費に充てたりバイトなど他に収入源を持ってのセミリタイアではなく
はじめから貯金を切り崩してのリタイア生活の計画なので貯金が減りつづけるのは当然です。
けど、実際には父親の遺産があって減ってはいないのですが
まぁそれはまだ実質母親のものということで別枠扱いとして計算しています。

それで、先ほどは“順調に”と書いてしまいましたが、実は順調ではなくて
計画に対してあまり減っていなくて、つまり予算消化が出来てない状況になっています。
サラリーマン時代なら申請してもらった予算を消化できないとは計画がずさんだったか
実行能力がなかったのかを問われてしまうところですし、
それなら来期予算は削減と言われてしまうところですが……
もうそんな世界には生きていませんので誰かに咎められるわけではありません。

この記事のように、年間生活費+年間予備費としてその年間予備費を貯金感覚でプールしてますが
この4年間でそのプールしてある貯金を使うような大きな買い物や出費がなかっただけでなく
それ以上に年間生活費も当初計画ほど使わなくて済んでいるので
計画に対して貯金の減りが少ないということになってしまっています。

まぁ老後破綻の心配がどんどんと減っていると考えると良いことなのですが
墓場までお金は持っていけませんし遺産を遺してやろうと切に考える遺族もいませんので
やっぱり生きてるうちにお金は使い切りたいですね。
なのでもう少しプチ贅沢をした方が良いかもしれないです。
コロナ禍が収まってくれば自ずと少しは活動的になるんでしょうけど……

 

健康については特にトピックスなしです。春の体組成計測までお待ちください。

趣味・娯楽についてもこれまた特にトピックスなしです。
昨年にはプラモデル製作を再開しようかな、なんて書いていたのにそのまま中断中です(汗)
それでもプラモデルはちょこちょこ買っているので未製作の箱だけが増殖中ですorz

まぁそれでもなんやかんやとやりたいこと・面白いことはいっぱいあって
早期リタイアしてやることがなくてつまらないとか退屈だなんて心境には一度もならないから
本人的には楽しい日々を送らしていただいてます、他人からどう見えるかは関係ないしね。
特に今年はオリンピック・テレビ観戦もあって忙しかったですよ。

 

というわけで、4年目の早期リタイア者の生活もゆる~りと過ぎていくのでした(^O^)

|

« お買い物自転車ルイルイでトヨタ・ヤリスと衝突! | トップページ | 新作ペヤング「にんにく納豆」を恐る恐る実食 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お買い物自転車ルイルイでトヨタ・ヤリスと衝突! | トップページ | 新作ペヤング「にんにく納豆」を恐る恐る実食 »