« SKC勤務中に何をしたのか(2) | トップページ | ハンディ超音波洗浄機を使ってビールを泡立ててみたら »

マルちゃん・でかまる「えび塩ガーリック風味焼そば」を実食

先月下旬に発売されたもののようなので今さら感が無きにしも非ずですが
先日ファミリーマートに行ってお目当てのものが無かったので
代わりというか税込232円と割高なのにヤケクソで買ってしまったカップ麺です。
でも、店頭では「新発売」のホップが貼られていたような気もしましたが……

B210819_01 
東洋水産・マルちゃん・うまい大盛!でかまるの「えび塩ガーリック風味焼そば」です。
「ガーリックと黒胡椒がクセになるえび塩焼そば! 家飲みにも!!」だそうです。
まぁ、割高だけど大盛りだしエビもニンニクも好きなので、まぁ損はしないだろうというところです。

B210821_1 
先入れの乾燥かやく、後入れの液体ソース、粉末ソースの3つの小袋入りとなっています。
熱湯入れて5分で湯切りと長い湯戻し時間となっています。

B210821_2 
液体ソースは赤みがかった色になっていて唐辛子系のものかとも思いましたが
どうやらエビの朱色をイメージさせるための色着けのようですかね。
なので、液体ソースをかけた時点でエビの香りがふわ~と広がります。
エビの香りというかエビの殻の香りというか頭のエビ味噌の香りといった方がいいのかな。

ちなみに、エビ味噌というとエビの脳みそなのかと思いきやそうではなくて
肝臓・すい臓の合わさったような肝膵臓ともいうべき臓器でこれはカニ味噌も同様なんだそうな。
レバーみたいなものだから旨味が詰まってるのは当然なんですね。

もっともこの商品では特にエビ味噌を使っているわけではないですけどね。
でも、カップ麺としてはそこそこ大きなエビの具が幾つも入っていてなかなか豪華で見栄えもします。
本当は麺の下に隠れてしまったエビの具も多いので実際はもっと豪華です。
ただ、粉末ソースはどうしてもよくかき混ぜないと全体に均一に馴染まないので
そうすると具もどんどんと麺の下に隠れていってしまうんですよね。
少しは見つけて救済してから写真撮影したわけですが、まっ食べ始めればそんなの関係ないですけど。

 

で、食べてみると、麺はやや平たくて縮れも多めの極太麺です。ボクの嫌いな極太麺です。
やっぱりフカフカな食感と歯応えで残念ですが、それでも太麺にしてはまだマシな方ですかね。
それより麺肌がややパサついて啜り心地が良くないのが残念なところですかね。
粉末ソースなので少し緩めの湯切りで水分を残したつもりだったんですけどねぇ。

香りではガーリックの主張があまりしなかったのですが味ではガーリックのピリ辛がよく効いてます。
胡椒も生姜も入っているようですがやはりガーリックのピリ辛がイイ具合に効いてますし
エビの旨味とともにガーリックの美味しさもしっかりあって味付けはなかなかボク好みですね。

具はエビとキャベツとシンプルです。
カップ麺としてはエビが多いのは嬉しいところでそれなりに満足感も得られますが
当然のことながらプリプリのエビというわけにはいかずかなり硬くなってしまっています。
その意味では歯応えとして良いのですが、麺の食感と逆転してしまっているので違和感ですかね。
それなりに大ぶりなエビだけに期待してしまうと裏切られるというところですかね。

 

全体としてカップ麺としてはそこそこ豪華さがあり美味しい味で量も多いので満足感はありますが
この味なら別に太麺にする必要はないと思うので食感の良い細麺でこの味を再現して欲しいですね。

|

« SKC勤務中に何をしたのか(2) | トップページ | ハンディ超音波洗浄機を使ってビールを泡立ててみたら »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« SKC勤務中に何をしたのか(2) | トップページ | ハンディ超音波洗浄機を使ってビールを泡立ててみたら »