« ペヤングやきそば味のスナック菓子3種を買って食べてみた | トップページ | ペヤング「青のりパンチ」とマルちゃん「たらこパンチ」を実食 »

新書「古代出雲を歩く」を読了

B210523_13 
岩波新書の「古代出雲を歩く」平野芳英著を読みました。
2016年7月発行ですから少し古い本ですが中古品を格安で買ったわけではなく
面白そうだと思って新品を買っておきながらも長らく積読状態になってしまっていた本です。
特にタイムリーなとかいう内容のものでもないのでいつ読んでもいいなと思っていたのと
どうせなら出雲に旅行にでも行く前に読むのもいいかなと考えて読まずじまいだったわけです。

そう、出雲はかねがね旅行してみたいなと思っている土地です。
出雲大社にも行ってみたいし(別に今さら縁結び祈願が目的ではないですが)
荒神谷遺跡(博物館)にも興味がありますし。
なにしろ、「八百万の神々が集う地」ですからねぇ出雲は。

前回紹介の本が古代の九州王権についてでしたからその流れというか
この際、同時代の古代出雲もよく知っておくのは理解しやすいかなという考えもあります。
と言っても、この本は古代出雲に想いをはせながら現代出雲地方を巡るという内容ですけどね。

 

著者は島根県生まれで風土記などの研究をして
前述の荒神谷博物館の副館長(今も?)をしている方とのことです。

この本では“歩く”となってますので実際に出雲の各地を巡っていますが
全部歩いて巡っているわけではなく要所要所はクルマや公共交通機関で移動してるみたいです。
ただ見所となるところは歩いて巡っていて、そこから古代の伝説や伝統に話が遡って行きます。

ですから、単純に今現在の出雲地方の観光ガイドブックではありませんし
かといって出雲地方の古代からの歴史だけを語っている歴史読本でもありません。
個人的にはもう少し歴史の方に寄せたというか
個々の場所の歴史だけでなくその時の出雲と朝鮮半島や九州や畿内との関係など
広い地域や歴史の流れの中での位置づけや背景なども詳しく述べられているのよかったかな。

とはいえ、巻頭にはカラー写真の掲載もあり、所々にもモノクロ写真も掲載されていて
やはりこれを読むと一度はここに行かねばという思いに馳せりますね。

 

少し気になったのは「はじめに」に次のようなことが書かれていたのですが、
                                     (以下引用)
 また、出雲の「国譲り神話」は『古事記』の「国譲り神話」を中心にして国内に流布し、そ
こから生まれた「出雲」像ができあがっていったように思いはじめている。『日本書紀』の
「国譲り神話」がもっとひろまっていれば、「出雲」像はいまとずいぶん異なっていたのではな
いかという気がしてならないのである。                   (引用終わり)

どういうことがピンとこないです。古事記と日本書紀でそんなに違ってましたっけ?
これに関しては本文中にもう少し詳しく次のように書かれています。
                                     (以下引用)
 さらに見逃せない神話だと思うのは、諸手船神事にもかかわる第九段一書の第二である。高
天原からの国譲りの申し出に対して、大己貴神が「いわれなきこと」と、出雲の主張を通して
断る。すると高皇産霊尊は「大己貴神が断ることには道理がある」と、その主張を認めると同
時に交換条件を提示し、国譲りを実現させる。
 この『日本書紀』の国譲りの情景は、『古事記』では出雲の主張らしいことはまったくない
まま、力でも負けて国譲りをおこなう出雲の姿とくらべると、主張する出雲が新鮮に映る。
                                    (引用終わり)

どうやら日本書紀といっても正文ではなく一書(あるふみ)に書かれている内容のことのようです。
力づくで負けて一方的に言いなりになったのではなく交渉して妥協点を見出して国譲りした点を
著者は強調したいようですが、それで出雲像が変わるかな~というのがボクの率直な感想ですかね。  

そもそも国譲り神話では実際に天照大神勢力(大和王権?)が出雲に攻め込んで
それまでの出雲王権を倒して権力者が交代したというイメージではないですから
航路や交易の利権争い、あるいは鉱物資源などの利権争いなどが絡んだもので
それは武力の衝突もあったかもしれないけど交渉事でもあったのでしょうからね。
むしろその利権はなんだったのかとか、どういう地政学的状況でそうなったのかなど
そちらの方に突っ込んだ研究がされているのを期待したんですけど、どうやらそこは謎のままのようです。

まっ、謎があるからこそ神秘的であり、そこがまた惹かれるところなんですけどね。
新型コロナ騒動が下火になったら、今度こと出雲を訪れてみますかね。

|

« ペヤングやきそば味のスナック菓子3種を買って食べてみた | トップページ | ペヤング「青のりパンチ」とマルちゃん「たらこパンチ」を実食 »

コメント

伊勢と出雲はおおたけの中でも行ってみたいところの
二大巨頭ですね。

投稿: おおたけ | 2021-07-01 17:48

>おおたけさん

伊勢は子供の頃に行ったはずなんですが記憶が曖昧なので
またちゃんと行ってみたいですね。
神社ということだとあとは奈良の大神(おおみわ)神社ですかね。

投稿: JET | 2021-07-01 18:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ペヤングやきそば味のスナック菓子3種を買って食べてみた | トップページ | ペヤング「青のりパンチ」とマルちゃん「たらこパンチ」を実食 »