« 日清食品どん兵衛×U.F.O.スワップ・カップ麺がまずかった件。 | トップページ | 文庫「伊集院大介の私生活」栗本薫著を読了 »

キッチンカウンタの化粧板が浮いてきたので簡単修理してみた

自宅のダイニングキッチンはシンク等がダイニングの方を向いている対面キッチンではありません。
まっ独り身なので家族の顔を見ながら料理するわけでもなく対面キッチンの必要は全くないですね。
シンクや(IH)コンロは壁や窓に向かって設置されていて反対側には戸棚・食器棚がありますが
そこがセミオープン・タイプというのか、中抜けでカウンター台になっているというレイアウトです。

B210425_07 B210425_08 
安造りの家ですからそのカウンター台も合板に化粧板を貼り付けただけのものなのですが
その化粧版の接着が剥がれてきて浮き上がってきてしまってます。
中古購入時にすでに剥がれていたのですが年々と進行していって酷くなってきたようです。

普通はそんなに剥がれるものでもない気がしますけど
水分や熱の影響や調味料・調味油などの化学反応の影響などがあるんでしょうかねぇ。
少なくともボクはそんなに濡らしたり熱い鍋を置いたりはしてないんですけどね。

ただ、誰かボク以外の人が料理するのにキッチンに入るわけでもないですし
というかそもそも家の中に他人を招き入れる機会もほとんどないので
化粧板が剥がれてみっともなくなっていても恥ずかしいこともないわけですが、
カウンター台にモノを置いたり取り上げたりするたびに化粧板がベカベカ動くのは気分が悪いです。
特にこの位置に電気ケトルを置いているので水入れたりお湯注いだりとするたびにベカベカするんです。

 

というわけで、自宅にあった木工用ボンド(組み立て家具を買った時に付属されてたものの残りかな)を
隙間に適当に流し込んで……でも、サイズの適したシャコマン(シャコ万力)などが無かったので……

B210425_10 
ボックスワインを並べて重し代わりにして
さらにプラモデルなどの仮組用に揃えていた大開口の洗濯バサミをクランプ代わりにして
なかなか笑える状態で1日間放置してやりました。

B210425_11 
とりあえず、ベカベカはなくなりました。
木工ボンドなのでこれまたいつまで保てるかはわかりませんけどね。
また剥がれたらその時どうするか決めましょう(笑)

|

« 日清食品どん兵衛×U.F.O.スワップ・カップ麺がまずかった件。 | トップページ | 文庫「伊集院大介の私生活」栗本薫著を読了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日清食品どん兵衛×U.F.O.スワップ・カップ麺がまずかった件。 | トップページ | 文庫「伊集院大介の私生活」栗本薫著を読了 »