« 文庫「知的複眼思考法」を読了 | トップページ | ダイソーの「じぶんノート」と「おかねノート」を買ってみた »

自称・自動車評論家は道交法の知識も常識もない人間だな

自称・自動車評論家として新車の感想など述べているだけでなく
交通事故などについても色んなメディアで物知り顔で出ているクニサワとかいうやつが
自身のブログで「自転車は歩行者ではない。横断歩道でケンカしてる区素野郎と遭遇
という記事を書いている。
ホントはリンク張るのさえその記事の宣伝に加担するようで憚られるのですが
そのブログはコメントを一切拒否しているので彼の間違いを正す術がありませんので
ここJET-LOGで記事にすることにしました。

その彼の記事の内容をまとめれば、
横断歩道を自転車に乗って渡っていた人がそのまま横断歩道を通過しようとした車のドライバーに注意し
その後続車だった彼がそこにしゃしゃり出ていって自転車に乗っていた人に対して
横断歩道は自転車に乗って渡れないし横断歩道を通過する車に対する走行妨害だと主張したということ。
しかも、その自転車に乗っていた人を「区素野郎」と表現しているということです。

道交法第三十八条には次のように書かれています。

車両等は、横断歩道又は自転車横断帯(以下この条において「横断歩道等」という)に接近する場合には、当該横断歩道等を通過する際に当該横断歩道等によりその進路の前方を横断しようとする歩行者又は自転車(以下この条において「歩行者等」という)がないことが明らかな場合を除き、当該横断歩道等の直前(道路標識等による停止線が設けられているときは、その停止線の直前。以下この項において同じ)で停止することができるような速度で進行しなければならない。この場合において、横断歩道等によりその進路の前方を横断し、又は横断しようとする歩行者等があるときは、当該横断歩道等の直前で一時停止し、かつ、その通行を妨げないようにしなければならない。
2 車両等は、横断歩道等(当該車両等が通過する際に信号機の表示する信号又は警察官等の手信号等により当該横断歩道等による歩行者等の横断が禁止されているものを除く。
次項において同じ)又はその手前の直前で停止している車両等がある場合において、当該停止している車両等の側方を通過してその前方に出ようとするときは、その前方に出る前に一時停止しなければならない。
3 車両等は、横断歩道等及びその手前の側端から前に三十メートル以内の道路の部分においては、第三十条第三号の規定に該当する場合のほか、その前方を進行している他の車両等(軽車両を除く)の側方を通過してその前方に出てはならない。
(罰則 第百十九条第一項第二号〔三月以下の懲役又は五万円以下の罰金〕、同条第二項〔十万円以下の罰金〕)

「歩行者又は自転車(以下この条において「歩行者等」という)」と書かれているわけですから
当然ながら横断歩道を渡ろうとしている、渡っている自転車に対して横断歩道を通過する車両等は
(この車両等にはもちろん自転車も含まれる)その横断を妨げないようにしなければならないわけで、
つまり走行妨害に当たるのは横断歩道を渡っている自転車ではなく通過しようとした車側です。

もちろん、「自転車は軽車両」というのは正しいことだし
原則として自転車は歩道を走ってはいけないことになっているのも正しいことですが、
道交法では自転車が横断歩道を走ることを禁止していませんし
近くに自転車横断帯がない場合は近くの横断歩道で道路を横断することとしています。

横断歩道と歩道はまったく同一ではありませんから。
※歩道を車両が横断する時は歩行者等の有無を関係なしに必ず一時停止しなければなりませんが
横断歩道では上述のように明らかに歩行者等がいない場合は一時停止せずに通過することができます。

ただし、横断歩道(歩道も)では歩行者が優先されますから
歩行者に危害が加わりそうな状況では自転車に乗車して走ることは認められません。
例のブログ記事にはその時に横断歩道に歩行者の有無など状況が書かれていませんが
横断歩行者がいたとしたらそもそも車で通過しようとしたドライバーが横断歩行者妨害確定ですから
自転車うんぬんの議論をしている場合ではなくなります。

また、道交法第三十八条では横断歩道を渡る自転車も歩行者等として歩行者同様の扱いをしていますが
その法の解釈によれば、その自転車も歩行者同等のものを想定しているということになりますから
猛スピードで飛び出していいというわけではなく、横断自転車側には徐行義務が課せられるでしょう。
また、状況にもよりますが自転車側の過失が必ずゼロになるというわけでもありません。
ただ、その辺りのことも何も状況説明されてませんのでなんとも言えませんが
すぐに口論となっているようなのでおそらく猛スピードというのは考えにくいですね。

 

確かに、世の中の人はたとえ運転免許を所持していたとしても道交法をすべて完全に把握できてないので
忘れてしまっていたり勘違いしていることもあるのはある程度は仕方ない事ですが、
自称・自動車評論家がそうでは困りものですし
当事者でないのに間違った理屈で相手に喧嘩をふっかけているようなものですから
他人の事をとやかく言ったりブログなどに書く場合はきちんと調べてからやるべきですね。

自動車評論家として数々の自動車に関する記事を様々なメディアに書いている人間ならば
最低限のことはきちんと調べて裏を取ってから書くというのは当然のことだと理解しているはずですが……
その自動車に関する記事でも彼の場合は間違いや思い込みが多いですから
そのような基本的な調べものをするということを怠っている人なのかも知れませんが。

それにしても、自動車業界でそこそこ名の売れてる人が一般人を「区素野郎」と書くのは笑えませんねぇ。
しかも、彼のブログはコメントを一切拒否しているのですからアンフェアーの極です。
まぁ彼の場合は今回にはじまったことではないのですけどね(怒)

|

« 文庫「知的複眼思考法」を読了 | トップページ | ダイソーの「じぶんノート」と「おかねノート」を買ってみた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 文庫「知的複眼思考法」を読了 | トップページ | ダイソーの「じぶんノート」と「おかねノート」を買ってみた »