« 麺や蔵人の冷凍自販機でラーメン&餃子を購入。その味は? | トップページ | 今月開店の「手打ちラーメンほそや」のりラーメン »

カルディの「上海焼きそば」カップ麺と生麺タイプを実食

先日、レモスコを買いにスマーク伊勢崎にあるカルディコーヒーファームへ行った時に
店内物色して面白そうなのを一緒に買ってきました。

B210416_12 
キャメル珈琲×サンヨー食品共同開発の「上海風やきそば 上海炒麺」194円です。
ちょっと不気味なジャイアントパンダの絵が微笑ましいですね(笑)
もっとも上海でジャイアントパンダのイメージはないですけど単なるチャイナということですかね。
まぁ上海でも動物園に行けばパンダに会えるでしょうが、それは日本でもそうですし。

ところで、上海焼きそばというとオイスターソースを使って野菜・魚介の具というイメージでしたし
近所の上海龍亭の上海焼きそばもそれに近い感じのものでしたけど、
どうやら本場では上海炒麺として餡かけで太麺をチャイニーズ醤油で味付けたものを言うそうです。
となると、このカップ焼きそばはどちらに寄せたものになっているのか興味津々ですねぇ。

B210417_2 B210417_1 
小袋は後入れの液体ソースひとつだけで、乾燥具は麺と一緒にあらかじめ器に入ってます。
あまり具が見えないので不安になりますけど……
湯戻し時間は3分と標準的です。

B210417_3 
具だくさんというほどでもないけどそれなりの量の具が入っていて彩もまずまずです。
餡かけではなくオイスターソースの見慣れた上海焼きそばのようですがややソースの色が濃い目です。

麺はほぼ丸断面の中太で縮れは少なめで自然なウェーブがありプクっとしてコシもあり食感良好です。
油揚げ麺なのに生麺に近い見た目と食感があるのにはちょっと驚きですね。
ソースはやや甘めでオイリーですがオイスターの香りや旨味もしっかりあり普通に美味しいです。
辛味や塩味など刺激は控えめでややまったりした味ですがくどさはなく後味も良好です。

具はチンゲン菜、ニンジン、キクラゲで魚介はないですがチンゲン菜の青臭さがしっかり感じられ
またキクラゲのコリコリ感がいいアクセントになっています。
それらも含めてなかなか味わい深い一杯でした。
近くに売ってるならリピートしたいですね。

 

カルディではもうひとつ生麺タイプの上海焼きそばを買ってきました。
B210416_15 
「上海焼きそば オイスターソースを使った本格仕様 食感が違う。生麺のおいしさ。」2食入り220円です。
常温保存で1ヶ月半の賞味期限が残っていました。
こちらは香川県のさぬき麺心が麺を、埼玉県のアミュードというところがソースを製造しています。

B210417_4 
生麺と液体ソースがそれぞれ1人前づつに小分けされ入っています。
生麺タイプですが半生という感じで3分ほど茹でて柔らかくする必要があります。
そこで一度湯切りしてから今度は軽く焦げ目がつくくらいまで炒めて一旦保留して
具材を炒めてから麺と合せてソースを絡めて水気を飛ばすと完成になります。
そんなわけですからそれなりに手間を要しますね。

まずは具なしで作って、麺とソースだけの実力チェックといきましょう。
B210417_5 
麺は平たく縮れの少なめの太麺で、モチっとしてかなり強いコシがあります。
さぬきうどんらしさというよりも生パスタのような食感と風味のある麺で驚かされます。
ソースの味と香りは確かにオイスターソースですけど全体に主張は控えめです。
ごま油を使ったのでごまの風味の方に負けたところもあるでしょうけど
それでも麺の風味がしっかり感じられるので具なしで作ったのはその意味で正解でした。

B210417_6 
もう一食は冷凍庫にあったエビ、ニラ、それと乾燥キクラゲを使ってそれっぽく作ってみました。
ただ、「おすすめの老舗風は、『豚肉(薄切り)と玉ねぎ(細切り)、もやし』を炒めて……」
となっていて、ボクの勝手な上海焼きそばイメージとはまるっきり違ってます。
まぁでもありもので自由に作ればいいですよね。

それぞれ具の旨味と食感が味わえてかつ全体に味の深みが増してとても美味しくいただけました。
それにしても、麺がすばらしいのでもっといろいろアレンジしてみたくなる商品です。
それこそパスタ風にしてもイケそうです。

|

« 麺や蔵人の冷凍自販機でラーメン&餃子を購入。その味は? | トップページ | 今月開店の「手打ちラーメンほそや」のりラーメン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 麺や蔵人の冷凍自販機でラーメン&餃子を購入。その味は? | トップページ | 今月開店の「手打ちラーメンほそや」のりラーメン »