« 春眠暁を覚えちゃうので寝室のカーテンを替えてみた | トップページ | 気分転換も兼ねてリビングのレースカーテンも替えてみた »

ペヤングやきそば「ピリ辛 高菜明太子味」を実食

B210405_05 
まるか食品・ペヤングやきそばの「ピリ辛 高菜明太子」です。
スーパーとりせんで税別168円で購入しました。
総額表示が義務化されてもレシートの単品は税別で表記されてる店があるんですよね。
1円以下の端数を単品で処理するのかまとめて処理するのかの違いもあるのでしょうけど。

明太子やたらこを使った焼きそばはペヤング明太子に限らず各社からちょくちょく発売されていますが
高菜を使った焼きそばは今まであまり聞いたことがないです。
ラーメンなどでは最近でもサンポーのでありましたけど高菜はとんこつとセットという印象ですね。
これは“とんこつ味”とは書かれてないのですが果たしてどんなソースの味になっているのでしょう。

 

B210406_2 
先入れの乾燥かやく、後入れの液体ソース、後載せのきざみのりの3つの小袋入りです。
乾燥かやくはキャベツらしいものと真っ赤な明太子っぽいものが多く高菜らしさは薄いです。
いつものように3分で湯切りです。

B210406_3 
きざみのりがまんべんに掛けられずに偏ってしまったのはゴメンナサイです。
液体ソースそのものがピンク色になっているので全体がなんだか辛そうな色合いですね。

食べてみると……獄激辛のようなことはなくちょっとだけ辛いという正しく“ピリ辛”で安心しました。
液体ソースがピリ辛になっているので麺全体が一様にピリ辛になっています。
味付けはとんこつではなくやや甘めの醤油味となっています。
麺はいつものペヤングのやつでしょうがソースの油分が少なめでややパサつくのが気になりましたね。

具はキャベツと明太子っぽいものが多くて高菜はやや少ない感じです。
明太子っぽい赤い塊は明太子風カマボコとなってます。
プチプチした粒々感はないですがザラザラした感じはあるのでそこそこ明太子感があります。
この辺りの加工技術は一平ちゃんのほぼたらこと共通するものなんですかね。

それでもたらこエキスを使っているだけでなくソースの方に明太子も使用しているみたいで
全体的にちゃんと明太子らしい香りと味わいがありますし、
少ないと思えた高菜も香りと味わいとしてはしっかり存在感がありなんかマジックようです。
緑のキャベツを食べていても高菜みたいな風味に感じてしまうんですよね。不思議です。 

 

というわけで、全体としてはしっかりピリ辛高菜明太子味となっており納得の一杯でした。
ただ、ペヤングにしては驚きの展開がなくてまぁまぁ巧くやったなという感じでもあります。
ペヤングにお洒落なこなれ感は期待していない自分がいるのも確かですかね(笑)

|

« 春眠暁を覚えちゃうので寝室のカーテンを替えてみた | トップページ | 気分転換も兼ねてリビングのレースカーテンも替えてみた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 春眠暁を覚えちゃうので寝室のカーテンを替えてみた | トップページ | 気分転換も兼ねてリビングのレースカーテンも替えてみた »