« ニュータッチ「KASUYA監修 大阪かす焼そば」を実食 | トップページ | 歯科通院の帰りにぎょうざの満州で店内食 »

サンヨー食品「たむけんの店監修 ねぎ塩カルビ味焼そば」を実食

B210311_01
前回記事のニュータッチ・大阪かす焼そばに続いてまたも大阪もんのカップ焼きそばを買いました。
サンヨー食品の「炭火焼肉 たむら 監修 たむけんの店 大阪蒲生本店 ねぎ塩カルビ味焼そば」です。
「にんにくと胡麻油がきいた特製塩ダレ味」ですが「カレー風味 味チェンジ小袋付」だそうで、
さらに小さく「本製品に炭火焼肉は使用しておりません。
 『炭火焼肉たむら』では『ねぎ塩カルビ味焼そば』は提供されておりません。」だそうです(笑)

クレーマー対応で色々と断り書きが必要なのでしょうけど
だったら紛らわしい商品名にしなければいいのになと思いますけどね。
特に「たむら」が監修しているのなら「大阪蒲生本店」なんてのは書く必要ないし
それを書くからその店にあるメニューなのかと勘違いを生む元になるんですけどね。
お店の宣伝したいのは分かるんですけど、それが露骨過ぎると嫌悪感を抱いてしまいます。

と、これ以上書いてるとボクがクレーマーみたいになってしまうので止めましょう。
まっボクはクレーム言いたいのではなく単に弄ってるだけなんですけどね(笑)
ちなみに、この商品はローソン限定で税込248円とそこそこ高額で購入しました。

 

B210311_07 B210311_08 
後入れの調味だれ、後載せのかやく、食べてる途中で入れる味チェンジ小袋の3つの小袋入りです。
後載せかやくはふりかけに近いようで、それ以外の乾燥かやくは麺といっしょに予め入っています。
といっても、麺の下や横の隙間に隠れていてよく見えませんけど。
熱湯3分と標準的時間で湯切りです。

B210311_09 
完成です。色合いもよくちょっと上品な雰囲気さえ漂い、良い意味で焼肉屋のイメージではないですね。
真っ黒なパッケージの不気味さも、たむけんの胡散臭さもまったくないですね(汗)

細麺で縮れが強くてやや柔らかめですけどフワフワとしていて優しくこれまた上品な食感です。
個人的にはもう少し硬めの麺が好みですが後載せかやくの食感を際立たせるにはいい加減かも。
味付けはすっきり塩味に適度に濃厚な動物系油脂が加わって自然な美味しさを感じます。
かやくのネギはたくさんだし他にもキャベツ、牛肉などあってそれぞれ旨味を感じます。

正直もう少し変化球的な焼そばになっているのかと予想していたし
“大阪”推しというのもあって、全国的というよりB級グルメ的なものかと予想してましたけど
塩焼きそばの王道といってもいいほど非常にレベルの高いものに仕上がっていました(*^^)v
これなら高額に見合うだけの内容だと納得もできます。

B210311_10 
あまりに美味しかったので、味チェンジするのをためらいましたけど試さないわけにもいかず……
半分以上食べたところで味チェンジ小袋の中身を入れてみました。
どろっとした薄い黄色の液体状のものでしたけど、入れても見た目の変化はほぼないです。

確かにカレー味ですし香りも少しカレーっぽくなりますが
それ以上に非常にオイリーで上品ささえ感じた焼きそばの味は一変しました。
ボクがカレー味の麺類は概してあまり好みでないということもありますが
これは大失敗というか100%後悔しました。
せっかくの美味しい塩焼きそばが台無しとなってしまいました。

そもそもの塩焼きそばが飽きのこない美味しい味なんだから味変なんて必要ないし
最初こってりで最後はさっぱりとか最後は香辛料で刺激というならわかるけど
これでは後味がべっとりして滅茶苦茶気分が悪くなります。
なんでこんな味変小袋なんて付けたんですかねぇ、サンヨー食品さん? たむけんさん?

|

« ニュータッチ「KASUYA監修 大阪かす焼そば」を実食 | トップページ | 歯科通院の帰りにぎょうざの満州で店内食 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ニュータッチ「KASUYA監修 大阪かす焼そば」を実食 | トップページ | 歯科通院の帰りにぎょうざの満州で店内食 »