« ブログのファビコンをオリジナルに変更しようとしたが…… | トップページ | 「ペヨちゃん やきそば」☆○?とだし割りカップを発見! »

今年のNFLスーパーボウルは少し面白味に欠けたかな

早期リタイアしてからは毎年欠かさず生放送(から数分遅れ)でテレビ観戦している
NFLスーパーボウル(アメフト)のゲームを今年もしっかり観ましたし
いちおう毎年記事にしているので今年も書いておきましょう。

今年はNFC(ナショナル・フットボール・カンファレンス)のタンパベイ・バッカニアーズ対
AFC(アメリカン・フットボール・カンファレンス)のカンザスシティ・チーフスで行われました。
今年の開催場所はバッカニアーズの本拠地であるフロリダ州タンパのスタジアムで開催されました。

スーパーボウルの場合、シーズンの成績や前年の成績などによって
スーパーボウル出場チームのどちらかの本拠地で開催されるのではなく
シーズン前にあらかじめ開催地を決めているので今年はたまたま
開催地のチームがスーパーボウルまで勝ち進んだということで、これは史上初なのだそうです。

そして、結果から言うと、31-9とバッカニアーズの圧勝で終わりました。
今日のゲームは荒天とかではないしクラウドノイズでプレイコールに支障を来すほどでもなかったですが
それでもやはりホームチームの方が圧倒的に有利になるのがアメフトというものです。

さらにチーフスはQBのマホームズが足の故障で精彩を欠き
オフェンスラインも負傷欠場者多数で完全に押し込まれていて、
戦略面でもバッカニアーズは常に先手をとり思った通りのゲーム展開で完璧な勝利という感じでした。

 

なお、チーフスは昨年の覇者ですが、タンパベイのQBはトム・ブレイディで
彼はペイトリオッツで6度のスーパーボウル制覇を果たしたレジェンド選手です。
この2020年シーズンでペイトリオッツからバッカニアーズに移籍して
そしてその1年目でチームをNFL制覇にまで導いて
かつ自身7度目の制覇を手にしたのだから確かに畏れ入りますね。

ゲーム終盤で7度目の栄冠を手にするのがほぼ確実視された段階にはいると
アメフトでは比較する選手がもういなくなったからなのか
NBAのマイケル・ジョーダンのW3ピート(6度制覇)を越えたと紹介されてましたね。

ボクは特に中年の星的な発想でベテランのブレイディを応援したいわけでも
逆に世代交代だと若手のマホームズを応援したいわけでもなく
チームとしてもバッカニアーズにもチーフスにも特に思い入れはないので
どちらを応援するでもなく純粋にゲーム展開とプレイを楽しもうと思っていたわけですが
かなり一方的な展開となってしまったのでさほど楽しめなかったなというところです。

 

しかし、ゲーム展開そのものよりももっと楽しめないことが幾つもあって少々残念でした。
ひとつはゲーム中にバカな観客がフィールドに進入してゲームが中断になったこと。
ああいうバカというか見苦しい輩が出てくるのはホントに幻滅しますな。

それと、ホームで優位にゲームを進めているバッカニアーズの選手の方が
チーフスの選手に対して挑発したり露骨に蔑むような行為をしていたことです。
劣勢の方の選手が苛立ってスポーツマンシップに反する行為をしてしまうのはありがちで
それだって決して許されないのですが優勢な方の選手がそういうことをしてはダメでしょう。

新型コロナ騒動下で、しかも最悪被害のアメリカでもなんとかスーパーボウル開催したんだから
もっとフェアでクリーンでスポーツの素晴らしさを再確認できるゲームにして欲しかったですね。
ところで、この夏のオリンピック、どうなりますかねぇ。
会長もあれですしねぇ(呆)

|

« ブログのファビコンをオリジナルに変更しようとしたが…… | トップページ | 「ペヨちゃん やきそば」☆○?とだし割りカップを発見! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ブログのファビコンをオリジナルに変更しようとしたが…… | トップページ | 「ペヨちゃん やきそば」☆○?とだし割りカップを発見! »