« 森会長の女性蔑視発言は論外だが問題はそこに留まらない | トップページ | 日清U.F.O.「 白い濃い濃い濃厚ソース!」を実食 »

マルちゃん「今どきのにんにく豚骨醤油味焼そば」を実食

B210204_06 
東洋水産・マルちゃんの「今どきのトレンドワード入り 昔ながらのソース焼そば25周年1996>>2021記念商品
がっつり!にんにく風味 今どきの にんにく豚骨醤油味焼そば」を買ってきました。
スーパーマーケットのとりせんで税別108円と思いの外の安売りでした。
メーカー希望小売価格は税別198円らしいので新商品&記念商品としては投げ売りですねぇ。

それにしても「昔ながらの……25周年記念」というのに「今どきの……」ってどういうこと?
あっ“昔”と“今”を真逆なものとして対比させているということか。
この記事を書いている時にそこに気づきました。我ながら勘の鈍さに恥ずかしくなりましたね。

まぁだとしても今どきが“がっつり”“にんにく”“豚骨醤油”なのか
昔の人間であるボクにはすんなり入ってきませんが……
今でも焼きそばの王道はソース焼きそばで昔と変わらないと思うんですよね。知らんけど(笑)

 

B210205_1 
先入れの乾燥かやく、後入れの液体ソース、ふりかけスパイスという3つの小袋が入っています。
熱湯入れて4分で湯切りと少し長めの湯戻し時間となっています。

B210205_2 
完成です。具はキャベツのみで昔ながらの見た目で今どき感はないですね(笑)
麺は平たく縮れの強い太麺となっていて、この太さ故に長めの湯戻し時間だったようです。
フカフカスカスカ食感ではないですが全体的にボヨ~んとした感じは否めません。
今どきの焼きそばは太麺というイメージもないですしちょっとがっかりです。

味付けは確かにニンニク臭&豚骨臭強めで油も多めでこってりしていて
旨味も強いしさらに胡椒も強いので謳い文句どおりの“がっつり”感は感じられます。

ただし、全体の量ということでは昔ながらのソース焼きそばが132g(麺100g)なのに対して
こちらは119g(麺90g)ということで少なくなっています。
具はどちらもほぼキャベツだけでタンパク質の肉や魚介はないこともあり
ちょっとガッツリという感じではなくてどこか物足りなさを感じてしまいますね。

もっとも麺量が少なくなっているので必然的に少しだけ低糖質にはなってますから
その点では今どきと言えなくはないかも知れませんが(笑)
それにしても、今どき感が理解しにくく25周年記念という節目に出す商品としては
企画がよく練られていないんじゃないかともやもや感の残る一杯でした。

 

まっオッサンにとって今どきのモンのことは分からんくて何が悪いと開き直る気もないですが……orz

|

« 森会長の女性蔑視発言は論外だが問題はそこに留まらない | トップページ | 日清U.F.O.「 白い濃い濃い濃厚ソース!」を実食 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 森会長の女性蔑視発言は論外だが問題はそこに留まらない | トップページ | 日清U.F.O.「 白い濃い濃い濃厚ソース!」を実食 »