« 新書「アフリカで誕生した人類が日本人になるまで」を読了 | トップページ | でかまる「ガーリック系じゃがバター味コーン塩ラーメン」を実食 »

今年も遅まきながらカリン酒漬けをしました

今年も遅まきながらカリン酒漬けをしました。と、タイトルの繰り返しの文言ですが。
昨年は11月中旬までにはやってましたし、それまでもだいたい11月中にはやっていたんですが、
今年は12月に入ってからとなってしまいました。
なんとなく実が成るのが遅めだったようにも感じましたし
その後の仕込み作業もなかなかやる気にならなかったので
ずるずると遅れて12月になってしまったという感じです。

A201117_2 
それでも、収穫そのものは11月中に終えていました。
この絵だとそこそこたくさんの実の収穫があったようにも見えますが
全体的に小ぶりなものばかりですし傷んでいるものも多くて使える実は少なめでした。

昨年もあまり実がならなかったので2年続けての凶作となってますが原因は不明です。
かなり大胆に枝の剪定をしたということもあるでしょうし
庭全体に除草剤を撒いていることも影響しているのかもしれませんし
気温変化など環境要因によるものかもしれませんけど。

まぁ積極的に豊作を狙っているわけでもないのでどうでもいいんですけどね。
というか、カリン酒漬けも飽きてきたし、カリンの木そのものが邪魔になりつつありますが(汗)

 

A201202_2 
今年もホワイトリカーは使わずブランデーベースリキュールを使いました。
8L広口瓶の1瓶につきカリンの実5~7個をスライスして少量の氷砂糖とともに入れ
1.8L入りのボックス型ブランデーベースリキュール×3.5パックを入れて完成です。
今年はそれを6瓶漬けました。

昨年が8L広口瓶×4瓶でしたからそれよりは多くなっていますが
1瓶あたりに使用するカリンの実の量は少なめにしてみました。
たくさん入れてもそのカリンの実がアルコールを吸うだけのような気がしましたのでね。

1.8L×3.5パック×6瓶=37.8L、というか21パックもの
ブランディーベースリキュールを使用したことになりますが、
これらはすべて昨年の消費税増税前に買いこんでいたものなので
今年は出費ゼロ円でのカリン酒漬けということになりました(笑)

 

本日のおまけ画像
A201125_2
ロシアのラーダ・ニーヴァ(LADA NIVA)ですかね。いい感じのヤレ具合ですね。

|

« 新書「アフリカで誕生した人類が日本人になるまで」を読了 | トップページ | でかまる「ガーリック系じゃがバター味コーン塩ラーメン」を実食 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新書「アフリカで誕生した人類が日本人になるまで」を読了 | トップページ | でかまる「ガーリック系じゃがバター味コーン塩ラーメン」を実食 »