« 「絶品レンジでパスタ」なる調理容器を導入 | トップページ | ファミマの「花椒香る 麻婆焼そば」を実食 »

明星の「とうふらぁめん 中華風白麻婆 」を実食

B200820_04 B200820_05
明星食品・明星の「とうふらぁめん 中華風白麻婆 tofu ramen」です。
辛そうに見えないパッケージング・デザインですが辛さレベルは2/5と書かれています。

前回紹介の三宝𠅘に続いて麻婆豆腐系のラーメンですがこちらは白麻婆です。
といっても白麻婆って定義がよく分からずなんとなく白っぽいなら白麻婆ということですか?

それよりも、こちらは縦型のカップ麺でもひと回り小さなサイズとなっています。
容量も66g(麺47g)とかなり少なめです。
それでいて価格はローソンで税込198円ですから決して安いというわけではありません。
豆腐も使ってるけどそれほど低糖質でもないですがカロリー258kcalですし
デザインからしてもやはりヘルシー指向の女性がターゲットの商品なのでしょうかね。


蓋の上に貼られている調味油の他には小袋はありません。
具もスープの素も麺と一緒に予め入っています。
(その様子も写真撮ったんだけど蓋の方にピントがあってしまいピンボケでしたorz)
湯戻し時間は4分とちょっと長めです。

 

B200905_2 
白麻婆といいつつ調味油は真っ赤なラー油でした。混ぜれば赤みは消えますが。
なかなか具だくさんに見え、ニラの緑も鮮やかでビジュアルはいいですね。
豆腐、ニラの他に挽き肉というよりつみれみたいなな具がたくさんあります。
原材料名で確認すると、どうやら大豆たん白加工品のようで肉ではないみたいですね。

花椒の香りがかなり際立ち麻婆らしい雰囲気プンプンです。
それと同時にほのかに豆乳の匂いもします。
これまた原材料名にはスープにも麺にも粉末豆乳が使われているようです。
ただ辛さは痺れ系とホット系のバランス取れたもので辛さも控えめなので食べやすいです。

豆乳で円やかさが増しているのかなと思いきや、
確かに味はクリーミーさもあり濃厚ですがそれ以上に塩辛いです。
何もここまで塩辛くしなくてもというほど塩気を強く感じました。
辛さ2/5でも塩辛さは4/5レベルです(笑)

とろみという点では前回の全とろよりも少なめでちょっとだけとろみがあるかなというくらいです。
そしてこれまた片栗粉のとろみとはちょっと違う感じで
原材料名を確認するとどうやらデキストリンでとろみづけしているみたいです。
難消化性デキストリンではありませんので食物繊維ではなくてこれも糖質ですね。

麺は平たい中細で適度な縮れのあるものです。
ふわっと柔らかくてとっても優しい口当たりの麺に感じられたのですが
表面コートされてるかのようにツルツルの麺肌でその表面部分はやや硬めで
それでコシ感と歯応えが補完されているかのような、ちょっと不思議な食感の麺です。
辛さ控えめなのでこの不思議な麺の食感を堪能できるのも嬉しいところです。

具の豆腐はやはりもう少し量が欲しいところですが
つみれっぽいものは濃厚スープを吸ってとても存在感があって美味しかったです。
全体としてもなかなかレベルの高い一杯でしたけど
それだけにもう少し塩味も控えめにしてほしかったところですかね。
あと、男性だとオジサンでもちょっと量がもの足りない感じが残りますかね(笑)

|

« 「絶品レンジでパスタ」なる調理容器を導入 | トップページ | ファミマの「花椒香る 麻婆焼そば」を実食 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「絶品レンジでパスタ」なる調理容器を導入 | トップページ | ファミマの「花椒香る 麻婆焼そば」を実食 »