« 突如レガシィ系担当に異動しマルチリンクサスに愕然 | トップページ | 文庫「山本七平の智恵」谷沢永一著を読了 »

ペヤングやきそば「ブラック スパイシー シーフード」

B200827_1 
まるか食品・ペヤングやきそば「Black Spicy SeaFood ブラック スパイシー シーフード」です。
ペヤングにしては長々しい商品名がつけられてますね(笑)
しかも、食品に真っ青のロゴを使うというかなり大胆なことやってますし。
セブンイレブンで税別200円で買ってきました。

ブラックスパイシーということで連想するのはやはり黒胡椒ですから
これも最近なぜかよく目にする富山ブラック系やきそば系カップ麺なのかな。
でもペヤングはほとんど実店舗とのコラボはおろか実際のご当地風というのもやりません。
やらないというよりそれ風のを作ってもそういうコラボなり名称で客を釣ることはしませんから
これも富山ブラック風とは決して謳わないけど実は……ってことはあるかもですね。


B200827_4
先入れの乾燥かやく、後入れの液体スープとふりかけという3つの小袋という構成です。
麺はいつもとおなじでしょうし、だから湯戻し時間3分と標準的です。

B200827_5 
完成はこんな感じになります。
ふりかけは掛けただけの状態ですが、この後混ぜ混ぜしてから食べました。
そのふりかけは予想通り黒胡椒が主体でしたけど真っ黒ではないですね。
そもそも液体ソースは富山ブラックのような濃厚醤油ベースではなく
塩味ベースの色も味も薄めのものです。まぁシーフードですからね。

麺はいつもの油揚げ麺で文句なくバランスのとれた食感のものです。
ただし、胡椒の粒々があって少々パサつきが感じられるのが残念なところです。
ボクはたいていしつこくしっかり湯切りしたい派ですけど
これはある程度ずぼらに湯切りするくらいがいいのかもしれません。

粉末ソースの場合はもちろんですが液体ソースでも湯切りは完全にしない方が
美味しく出来るという説もあるようですしね。
でもベチャベチャやフニャフニャは嫌いなのでどうしても湯切り頑張っちゃうんですよね(汗)

味付けは塩胡椒ベースで特に香りは胡椒のものが前面に強く出ていますが
唐辛子系の辛さも隠し味程度にありつつ全体の辛さはヒーハーするほどでもなく
さらに旨味とのバランスも良く安心して美味しくいただけます。

具は確かにイカ、エビもありますが目につくのはカニカマという感じで
少々寂しさを覚えてしまうところもありますが
もともとカップ麺に多大な期待も持っていないのでまぁ納得のレベルですかね。

 

全体的にはパッケージデザインほど奇をてらった商品ではなく
またペヤングのいつものなりふり構わずぶっとんだ感じもなく
思いの外普通に美味しい一杯でした。

|

« 突如レガシィ系担当に異動しマルチリンクサスに愕然 | トップページ | 文庫「山本七平の智恵」谷沢永一著を読了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 突如レガシィ系担当に異動しマルチリンクサスに愕然 | トップページ | 文庫「山本七平の智恵」谷沢永一著を読了 »