« 文庫本「秦氏の謎とユダヤ人渡来伝説」を読了 | トップページ | 斜向かいの広い空地は未だ謎だらけだが…… »

モッチッチ・ワンタンラーメンはSHOCKだった

B200709_15 B200709_16 
エースコック・ACeCOOKの「新食感ラーメン モッチッチ ワンタンしょうゆ 国産鰹だし」です。
モッチッチは元々はこちらのJANJANシリーズのカップ焼きそばから始まって
それがモッチッチシリーズのカップ焼きそばに引き継がれたのが
今度は焼きそばだけでなくラーメンにも展開されたということのようですね。
発売日は今年の6月とのことなのでちょいと出遅れた感はありますが。

JANJANの頃から独特な器の形状とともにその麺の食感はボクのお気に入りでしたから
このラーメンにも期待が膨らみます。
しかも“新食感”押しですし、ワンタンにも期待が持てますし。。。
ちなみに、ローソンで税込198円で買いました。

B200715_2 
蓋の上に貼り付けられている後入れの液体スープの他
麺も具もワンタンも予め一緒に入っているのでそのまま熱湯入れるだけです。
湯戻し時間は縦型カップ麺としては比較的珍しい5分と長めです。
ノンフライ麺なら5分とかも多いのですがこちらは油揚げ麺です。

B200715_3 B200715_4 
こちらが完成ですが、メンマが邪魔して肝心の麺が見えませんので救出して撮影です。

では、その麺から味わいましょう。
むむっ、どこが新食感なのかモチモチなのかまったく分かりません。
確かにカップヌードルのような食感とは違いますけど
生麺・手打ち麺のような本格的なラーメンの食感のようなものでないのは仕方ないにしても
この程度なら油揚げ麺でも近いのがあったと思うし、
一部のノンフライ麺に比べると明らかに普通の食感です。

ワンタンに至っても極普通のカップラーメンに使われているワンタンという感じで
モチモチとかトゥルッとした食感までほど遠く部分的に完全に湯戻しできてないかのような
ペラペラで硬さの残る食感でした。

スープの味つけはあっさり系ながらも普通の美味しくジャンクフード感はないものです。
そういう意味では麺もワンタンもスープも全部含めて普通に美味しいカップ麺ですし
200円以下で買えるので割高感もなく普通に納得できます。

 

でも、モッチッチにしては期待が大きかっただけに完全に期待外れでしたし
“新食感”というより新ショック感を味わってしまいました(笑)

|

« 文庫本「秦氏の謎とユダヤ人渡来伝説」を読了 | トップページ | 斜向かいの広い空地は未だ謎だらけだが…… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 文庫本「秦氏の謎とユダヤ人渡来伝説」を読了 | トップページ | 斜向かいの広い空地は未だ謎だらけだが…… »