« 金ちゃんのぶっかけ明太クリームうどん | トップページ | 昨年オープンのトミースコシアのパスタ・ランチセット »

ディーガのハードディスクが突然消えた!

先日のことですが、8年前に購入したパナソニック・ディーガのBD&HDDレコーダーの
HDDが突然消えてしまいました。
もちろん、筐体の中にHDDは入っているのでそれが物理的に消えてなくなったわけではなく
本体がHDDを認識できなくなかったというか、
いやHDDというものがあることは認識しているのですが
その中身をまるっきり認識できなくなったというような状態になってしまいました。

前日に録画した番組を観ている時、ある番組を観終わって次のを観ようとしたタイミングで
突如、「HDDの残量が少なくなりました。“消去する”で番組を消去できます。」のような
表示が出てナンダソリャと思ったら、その次には録画一覧が何もなくなってしまいました。
随分前に録画して保存していたものも、前日に録画して未だ観てない番組も
すべて一瞬にして消えてしまいました。

しかも、何も無くなってしまったにも関わらず、残量が少ないとはどういうこと?
残量確認するとゼロですよ。
なので次に録画しようとしても出来ません。
あぁ、HDDが逝ってしまいましたか。突然死ですか。無念・残念。

このディーガは2年前にはBDドライブ部分が壊れてしまって
ドライブ・ユニットだけ新品アッセンブリー交換の修理をしたばかりです。
それで今度はHDDの方が壊れてしまったのでは悔しいかぎりです。

HDDに録画してあった番組はBDドライブ修理後に多くはDVDにコピーしていたので
それほど大きな被害というか喪失感はなかったのですが
それでもいくつかの番組はDVD化前だったので少々残念なことになってしまいました。

それよりも、HDDが消失して困るのはやはり録画ができなくなることです。
2年前に購入したシャープ・アクオスのレコーダーがあるので
すぐに困るというほどでもないのですが、
3番組同時録画でも足りない時もあるのでボクにはやはりもう一台必要です。

HDDだけ新品交換することができるのか?
それとも見切りをつけて新しいレコーダーを購入するか……
この際、同じシャープで統一するのもいいのかも……

 

どうしたもんかとしばし思案した挙句
そうだ、USB外付けHDDを繋げればいいんじゃないの、と思いつきました。
B200314_4
少し前にPCデータのバックアップ用にと買っていた1TBのSSDメモリーがあったので
それをディーガに繋いでみることにしました。
ちなみに、レコーダーによってはHDD以外はダメと記されてるものもあるようですが
このディーガはSSDでもちゃんと認識してくれました。
ただ、SDカードや容量の少ないUSBメモリーでは使えませんと警告されましたけど。

これでSSDだからHDDクラッシュの心配からも解放されるし完璧?
と思いきや、外付けHDDへは同時に1番組しか録画できないという縛りがありました。
しかも放送画質そのまま(DRモード)だけで圧縮しての録画ができないという縛りもあります。
USBの通信速度の影響なのか、何かの思惑があってそのような仕様なのか不明ですが。
うーん、ゼロに比べれば1番組でも録画できた方がマシなのですがやはりこれでは役不足です。

なお、この1TBのSSD、楽天さんで税込・送料込で11,480円でした。
HDDに比べればまだ高いですけど、どっちがいいんでしょうかねぇ。

 

さて、どうしたものかといろいろと設定やらツールやらの項目を弄っていると
HDDのフォーマットという項目を発見しました。
フォーマットすると録画してあるものは失われます、とありますが
既になくなってしまっているのでもう未練はありません。
もっともハードディスク上にはデータは存在してるでしょうから
知識のあるひとならバラしてデータを取り出して修復することは可能かもしれませんが。

仕方ないので、HDDのフォーマットをしたら……ラッキーなことに復活しました。
もちろん、消失した録画番組が復活するわけはなく、HDDの機能が復活しただけです。
それでも容量は復活して3番組同時録画もできるので今まで通り使えるようになりました。

 

どうやらHDDクラッシュではなく(データの)断片化によって障害が発生したようです。
PCのHDDで断片化が酷くなるとHDDが稼働しっぱなしになって動作が遅くなり
最終的にフリーズしてしまうなどになるかと思うのですが、
どうして断片化でHDDの中身を一切認識しなくなるってことになるのかは謎です。

そもそも、レコーダーでHDDの断片化の心配はないという話もあり
ネットで調べてもほとんど起こらないと書かれている記事もありますが
起こり得るとか実際にディーガで今回のボクのと同じ症状になってた人も見つかりました。
というわけで、やはりHDDの断片化が原因であって、再フォーマット対応が正解のようです。

ところで、PCではデフラグによってHDDの断片化を解消することができますが
レコーダーではそのようなデフラグの機能はないんですね。
ボクはレコーダーでも使用してない時に勝手にデフラグしているのだと思ってました。
どうしてレコーダーではデフラグが出来ないのか分からないのですが
メーカー側が必要だとは考えていないということなのですかね。

確かに、買って8年になるし1日に5~10番組ほど録画してかなりヘビーな使い方なので
メーカーの想定を超えてしまったのかもしれません。
あるいは何か使い方に断片化を進めることがあったのかもしれません。

 

というわけで、ちょっと調べてみました。というかじっくり考えれば分かることですが。
使用頻度と使用期間はもちろん断片化を進めるのですが、それ以外では
1)観終った録画番組をその都度こまめに消去
2)CMカットなどの編集
3)同時録画、特に録画後の録画画質(圧縮率)の変更
  ※CPU負荷のためか同時録画では自動でDRモードで録画した後に画質変換する。
これらがどうも断片化を悪化させる要因となるみたいです。

ありゃりゃ、これら全部当てはまりますな。
ほとんどの番組は観ては消去、観ては消去の繰り返しですし
保存しておきたいのはCMカットをこまめにしてますし
3番組同時録画もバンバンやってますし。
確かにこれではメーカーの想定外の断片化となってしまっても不思議ではないのかも。

そして、レコーダーではデフラグをすることはできないわけですが
HDDの録画番組をすべてUSB外付けHDD(またはSSD)に移動させてから
HDDを再フォーマットした後に外付けHDDから戻せば、断片化はなくなります。
なので、それを定期的に行うのが対処法としては良いようです。
その際、外付けHDDもレコーダーの一部と見なされるのでコピーではなく移動であり
コピーワンスやダビング10の回数にはカウントされないので何度でもできるそうです。

これからはディーガもアクオスもたまにこの作業をして断片化の解消をしますかね。
もっとも今度は本当に機械的にHDDが壊れるのかもしれませんが……orz
ちなみに、アクオスでもUSB外付けSSDを認識してくれましたが
ディーガ同様にそこへの録画は同時には1番組だけしかできませんでした。
ただし、その番組は圧縮しての録画には対応できるようでした。

|

« 金ちゃんのぶっかけ明太クリームうどん | トップページ | 昨年オープンのトミースコシアのパスタ・ランチセット »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 金ちゃんのぶっかけ明太クリームうどん | トップページ | 昨年オープンのトミースコシアのパスタ・ランチセット »