« コロナ対策ではなくタバコ臭のためオゾン脱臭中 | トップページ | 朝日新聞社の「科学史の事件簿」を読了 »

マルちゃん正麺の「ゆず香る 塩まぜそば」

B200505_04 
東洋水産・マルちゃん正麺の「ゆず香る 塩まぜそば」を買ってみました。
「芳醇コク塩だれ “ゆず風味&ガーリック仕立て”」だそうです。
前回紹介の「蝋燭屋まぜそば」と一緒にローソンで税込240円で買いました。
まぜそばづいているわけではなくて単に焼きそばと同じという認識での購入ですね。

マルちゃん正麺の焼きそばとしてはこの時にソース味焼きそばを食べていますから
まぁその塩味バージョンみたいな感覚ですかね。
柚子を使っているので確かにラーメン的なイメージもあるにはありますけどね。
ちなみに、柚子が入っているわけではなく単に香りを付けているだけのようです。

B200508_1 
乾燥かやく、液体スープ、粉末スープの3つの小袋が入っています。
焼きそばではソースと呼んでいたのがスープとなっているのがまぜそばたる所以でしょうかね。
かやくを入れて熱湯5分と長く待ってから湯切り、
液体スープ、粉末スープの順にからめて完成です。

B200508_2 
一見、ペペロンチーノ?とも思えるようなシンプルですっきりした見た目です。
香りも確かに柚子の柑橘系のものでその意味でもすっきり爽やかな印象ですね。

麺は丸断面の中太で縮れは少なめのものでゴムっぽさはなくモッチモチの生麺に近い食感のもの。
ボクの好みのモショモショ感はないけどカップ麺でこの食感はなかなかの優れものという感じ、
というのは、これってマルちゃん正麺・焼きそばとまったく同じ麺じゃないの?
それでも、不思議だったのは湯切りした直後の麺+かやくの時の香りは
かなりラーメンっぽく感じられたんですよね。
どんな香りをそう感じたのか分かりませんし
はたまた以前の焼きそばではどうだったのかももう覚えていないんですけどね。
それに、スープ掛けたら柚子とガーリックの香りに負けてどっか行っちゃいました。

味付けは酸味と辛味もあるけどしっかりと旨味もあるし
自然なダシと塩の旨味に感じられるかなり好ましい味です。
辛味などの香辛料が前面に出ずに隠し味的な感じだし
酸味もすっきり爽やかな後味にしてくれているようです。
なので、謳い文句の「芳醇コク」というのとはちょっと違うとは思うんですけどね。

鶏肉だんごの具は柔らかく旨味もあるしメンマの食感はなかなか良いです。
ソース味よりもこのような爽やか系の味の方が麺の食感が活きてくるようで
全体的に麺、スープ、具のバランスがよくまた食べたくなるような一杯でした。

|

« コロナ対策ではなくタバコ臭のためオゾン脱臭中 | トップページ | 朝日新聞社の「科学史の事件簿」を読了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« コロナ対策ではなくタバコ臭のためオゾン脱臭中 | トップページ | 朝日新聞社の「科学史の事件簿」を読了 »