« 寿がきや食品「奈良天理スタミナラーメン」 | トップページ | 新書「富士山噴火と南海トラフ」を読了 »

ニュータッチ・凄麺「酸辣湯麺の逸品」

B200423_03 
ヤマダイ・ニュータッチの凄麺
「酸辣湯麺の逸品 黑香酢の酸味とラー油の辛味 彩り豊かな具材にとろみのあるスープ」を買いました。
これも酒のやまやで税別185円(よりどり3個セットで555円)でした。
つまり、一昨日のこれと昨日のこれとで3個まとめて買ったものですね。

ニュータッチの凄麺シリーズはこちらの佐野ラーメンなどで麺の食感の素晴らしさに定評がありますし
パッケージ画像からするとかなり具だくさんみたいですから期待感が持てますね。

B200503_1 
乾燥かやく、そして後入れの粉末スープと液体スープの計3つの小袋が入ってます。
湯戻し時間は4分とちょっとだけ長めとなっています。
液体スープは湯戻し中は蓋の上で温めておくこととなっており、
粉末スープにはとろみ(片栗粉?)が入っているとのことですが
粉末スープを入れて混ぜてから液体スープを入れるよう指示されてます。

B200503_2 
もう少し彩賑やかなのかなと予想してましたがちょっと地味なビジュアルです。
ただ豆腐は大きめなのが4個とそれなりに存在感がありますね。
実際に食べても豆腐はちゃんとした食感の味わえるものになってます。

スープはすっぱ辛い。まぁ酸辣湯麺ですから当然ですかね。
思ったより辛くて、唇と舌先で特に強く辛さを感じますし全体的にもHOTな感覚です。
とろみは思ったより少なめですがそれでも辛さも酸っぱさも包み込むような円やかさを生んでるかな。
辛さを除くと全体にはやや薄味で酸味によってさっぱりした印象のものです。

麺は極細・丸断面の縮れはやや少なめで、4分なのにやや硬めのものです。
モショモショ感はさほど強くないけど歯切れはとても良いです。
とろみによってスープはなかなか冷めなくて、しかも辛いので
麺を大量に一気に啜るのも難しく、
少しずつフーフーしながら食べると逆に繊細さが感じられて
しかも辛さの奥の旨味が薄味ながらもしっかり感じられるような一杯です。

これは確かに「酸辣湯麺の逸品」の商品名に偽りのない一杯でした(*^_^*)

 

B200503_3
ちなみに、蓋裏にはこんなウンチクが書かれてました。

|

« 寿がきや食品「奈良天理スタミナラーメン」 | トップページ | 新書「富士山噴火と南海トラフ」を読了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 寿がきや食品「奈良天理スタミナラーメン」 | トップページ | 新書「富士山噴火と南海トラフ」を読了 »