« 新書「動的平衡2 生命は自由になれるのか」を読了 | トップページ | もう働くつもりないけど学生時代のバイトの話 »

カップ麺「飄香 四川風麻婆麺」を実食

B200401_08 
サンヨー食品の「中國茶老四川 飄香ピャオシャン 東京・麻布十番本店 四川風麻婆麺」
というカップラーメンをスーパーマーケットのベルクで税別198円で買いました。

辛そうだなぁと思いながらも怖いもの見たさ的な気持ちが抑えられずに手を出しちゃいました(汗)
まぁパッケージからはただ激辛ではなくなんとなく美味そうだなという雰囲気を感じたことと
やはり最近は麺紀行で麻婆ラーメンに嵌っていることもあるので気になったんですよ。


B200401_07 B200403_7 
蓋の上に「仕上げの小袋」というものが貼り付けてありますが
麺と一緒に具もスープ調味料も一緒に入っていて他の小袋はありません。
ただほとんど具が見当たらず、小さな豆腐片しか見えないのには期待も萎んでしまいますね。
熱湯3分で仕上げの小袋を入れて完成です。

B200403_8 
パッケージ画像だともっと真っ赤なスープでしたけど実際は意外にそうでもないですね。
というか豆腐もどこかに隠れちゃってもはや麻婆豆腐感はほとんどゼロです。

中太で平たくて折り畳まれたような縮れの強い麺でふかふか&くてんくてんの残念な食感です。
スープはかなり辛いです。辛いというか痛いです。
まぁ辛みは味覚ではなく痛覚なので痛いのは当然なのですが
HOTという感じにはならずに旨味の薄くただただ舌が痛いという感じです。
かといって花椒のようなビリビリ痺れる辛さでもないんです。

エッ何これ、あまりに変だなと途中で気づきました。
完全に混ざっておらず、底の方にスープの調味料が溜まってましたorz
チキンラーメンみたいに麺の表面や合間にスープの素が入っているのではなく
どうやらカップの底辺りにスープの素となる調味料がまとまって入っていたようです。

ちゃんと混ぜたら辛さは変わらないけど旨味はぐんと増してまぁまぁ納得の味となりました。
ただ、やっぱり麻婆豆腐感はないし麺の食感が受け入れられないので残念な一杯でした。

|

« 新書「動的平衡2 生命は自由になれるのか」を読了 | トップページ | もう働くつもりないけど学生時代のバイトの話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新書「動的平衡2 生命は自由になれるのか」を読了 | トップページ | もう働くつもりないけど学生時代のバイトの話 »