« 新書「働かない技術」新井健一著を読了 | トップページ | 龍苑@桐生市の麻婆打麺は独特の美味しさだった »

冷凍ペヤングそばめし&ペヤングピザを実食

先日紹介したセブンイレブン限定のペヤングそばめし・おむすびもけっこう衝撃的でしたが、
こんなものを地元伊勢崎発祥のスーパーであるベイシアで発見しちゃったので
これまた衝動買いして食べてみました(汗)

B200301_2 B200301_3 
どちらも、まるか食品製ではなくマルハニチロ株式会社から出ている冷凍食品で
左は「ペヤングそばめし」、右は「ペヤングやきそばピザ」です。

ペヤングの登録商標を使っているものの
特にまるか食品とのコラボとか共同開発とかは謳われていませんし
(マルハニチロのホームページでは“コラボ”となってますが)
原材料表示でもペヤングのソースを使っているわけでもなさそうなので
おそらく名前貸し程度のものなのかと思われます。
せいぜいまるか食品の商品開発部門の試食・承認を得ているかどうかという感じでしょうかね。

 

では、早速食べてみましょう。
先ずは全く味が想像できない「ペヤングやきそばピザ」から。

1袋に1枚(105g,253kcal)入りで税込213円(希望小売価格は不明)です。
外袋から出してフィルムを剥がして電子レンジでチン(500Wで1分50秒)して完成です。
B200301_5
ボール紙のトレイも付いているのでそのまま切って食べてもよし
ボール紙ごと折り畳んでやきそばパン風にしてもよしということのようです。
いちおう“ピザ”という商品名なのでピザらしくそのまま食べてみることにしました。

けど、やきそばの量があまりに少なく対照的にピザ生地が分厚くて
あまりに焼きそば感が希薄で残念感が湧いてしまいましたね。
パッケージ画像ともずいぶん落差がありますし。
まぁちょっと箸で均せばもう少し見映えはするのかも知れませんが……

全体の量は、最近食が細くなってきたボクでさえも1食分としては全然足りず
小腹がすいた時のおやつや夜食用くらいかなと思います。
と考えるとちょいと割高感もありますね。

味の方ですが、ソースそのものはペヤング感がしっかりあり香りもまずまずです。
ただ、紅生姜がかなり前面に出てくるのとビーフの香りも強くてそこはペヤングとは違うかな。
一番残念なのは麺がブヨブヨにふにゃけていて全然ペヤング感がなかったことです。
というわけで、正直なところ期待外れのものとなってしまいました(-_-;)

 

次は気を取り直して「ペヤングそばめし」に行ってみましょう。
こちらは1袋420g(100gあたり184kcal)で税込280円です。
ちょいと少なめの2人前というところですかね。
ちなみに、麺量は24%となっています。
フライパン調理も可能ですが電子レンジ(1/2なら500Wで3分50秒)でチンして完成です。
B200301_6
思いの外、薄い茶色でセブンイレブンのおむすびよりも見た目はペヤングらしいです。
麺の長さは2~3cmほどもあり一般的なそばめしのイメージよりも麺の存在感がありますね。
キャベツ、ニンジンなどの野菜も多くてそこは本家ペヤングよりも嬉しい気がします。

食べてみると、ピザと同じく紅生姜とビーフエキスがやや強めではありますが
ペヤングのソース味がしっかりしているとともに
麺はプルっとつるっとした麺らしい食感で米粒はパラパラと粒々感あるそれぞれの食感で
セブンイレブンおむすび以上の満足感が得られます。

おむすびはある程度粘りが必要なのでしょうがこちらはパラパラ感を出せるので
それが麺と米粒の食感をそれぞれ明確に際立たせることが可能になっているのでしょうね。
これは癖になりそうなくらい美味い一品でした(*^_^*)

正当なジャンクフードですがイカ、エビなど追加して海鮮そばめしにしても相当イケるんじゃないかな。
コロナ騒動で米まで買占めるアホが出る始末のようですが
ボクはこのペヤングそばめしでも買いだめしようかな(爆)
まっ、買い占めるほど冷凍庫の余裕はありませんが。。。

|

« 新書「働かない技術」新井健一著を読了 | トップページ | 龍苑@桐生市の麻婆打麺は独特の美味しさだった »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新書「働かない技術」新井健一著を読了 | トップページ | 龍苑@桐生市の麻婆打麺は独特の美味しさだった »