« WiMAXシングル終了間際でWiMAX2+へ移行 | トップページ | 手延ラーメン北山@みどり市は行列のできる店だった »

素粒子論に関する新書2冊を続けて読了

前回紹介の本に続いて宇宙科学というかそれより素粒子論に関する本を2冊読みました。

B200124_1 B200201_4 
左「重力とは何か アインシュタインから超弦理論へ、宇宙の謎に迫る
右「強い力と弱い力 ヒッグス粒子が宇宙にかけた魔法を解く
どちらも幻冬舎新書で著者は大栗博司氏です。

暗黒物質や暗黒エネルギーにも少し触れているので宇宙にも関連していますが
基本的には素粒子の構成とそこに働く力の「標準模型(標準モデル)」について解説しています。
著者の大栗氏は素粒子論の研究者ですから当然それらの解説がメインとなってます。

「重力とは何か」が2012年5月発行、「強い力と弱い力」が2013年1月発行なので
前回紹介の本と同じくらいの最新とは言いづらいくらいちょい古い本で
はっきり覚えてませんがおそらくどちらもブックオフで中古で買ってきたものでしょう。

ボクはアインシュタインの相対論ならなんとなく概要は分かるような気がしていますが
(実際には分かった気になってるだけできちんと正確に理解していないのでしょうが)
量子論、そして素粒子論となるとなんだか拒否症みたいな部分もでてきて
なかなか分かったような気にならないですから
これらの本もけっこう手ごわかったです。

ただ、ちょいと面白かったのは、古本なので「重力とは何か」には前読者が引いたと思われる
赤鉛筆での傍線(サイドライン)が序盤からあちこちにあって、
しかも、えっそこは大して重要じゃないのに何で傍線引いた?みたいなところが多かったのに
序盤過ぎたらもう一切赤鉛筆の傍線が無くなっちゃったんですね。
あぁここでもう読むの諦めちゃったのかぁ、読了せずに売り払っちゃったのかぁと(笑)

それに比べればボクはチンプンカンプンなところもありつつもいちおう最後まで読んで
なんとなく部分的には分かってきたところもあるのでヨシとしましょうかね。
まぁ、ヨシの意味は自己満足というだけのことですが(笑)
何せこんなこと理解しても実生活にはなんの役にも立ちませんし
誰かに知識をひけらかすような悪趣味は持っていませんし、、、
いや、ぼっちなのでそんな相手もいませんしね(汗)

 

そして、この2冊は切り口は違いますが著者も同じで書かれている内容もかなり重複しています。
発行日も1年も違わないわけですから内容が大きく変わるはずもありません。
ただ、その2冊の発行日の間の2012年7月にはヒッグス粒子(と考えられる新粒子)の発見という
一大ニュースがあったので、それを受けて「強い力と弱い力」は書かれています。

ですからヒッグス粒子についても詳しく書かれているのですが、
ヒッグス粒子そのものは1022分の1秒という一瞬の寿命しかなく崩壊するので
それ自体の存在よりもヒッグス場の考え方が標準模型にとっては重要であり
それが正しい(破綻しない)ことの証拠としてヒッグス粒子の発見が大きな意味があるということです。
と言われてもやはりチンプンカンプンではありますけどね(汗)

 

なお、量子論や素粒子論が一般の人にとっつきにくいのは著者も分かっているようで
「強い力と弱い力」の終章でもこんなことを書いています。     (以下引用)

                   一般相対論は、アインシュタインという飛び抜けた
才能を持つ科学者がほぼ一人で築き上げました。これは、実にシンプルかつ壮麗な美しさを持
つ理論です。彼は、ニュートンの重力理論と自らの特殊相対論の矛盾を解決するために、「時
間や空間の性質が重力を伝える」という驚嘆すべき発想からスタートし、すべての答えを数学
的に導き出しました。そこには、「この理論しかありえない」と人を納得させるだけの力強さ
があります。
 それに対して標準模型は、四〇名以上のノーベル賞受賞者を含む数多くの物理学者たちが、
さまざまなアイデアを出しあって作り上げたものです。何か辻褄の合わないことが見つかるた
びに別の理論を継ぎ接ぎして、苦労して織り上げたパッチワークのようなものです。
 しかも、そこには「これしか考えられない」という必然性がありません。理論的には、別の
可能性がいくらでも考えられるのです。(中略)もちろん実験結果がそれを支持しているので
すから現実にはそれが正しいのですが、なぜそうでなければならないかが基本原理から説明さ
れているわけではありません。                  (引用終わり)

確かにそうなんですよね、小学校で1+1=2とそういうものだと教わっても
なんでそうなるのか基本原理が分からないと躓いてしまうのとある意味おんなじですね。
ですから、何度でも似たような本を読んで慣れるしかないのかなとも思います。
慣れれば分かったような気になりますしね(爆)

|

« WiMAXシングル終了間際でWiMAX2+へ移行 | トップページ | 手延ラーメン北山@みどり市は行列のできる店だった »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« WiMAXシングル終了間際でWiMAX2+へ移行 | トップページ | 手延ラーメン北山@みどり市は行列のできる店だった »