« 幸楽苑の10円ラーメンを食べてきた | トップページ | ヤバそば、シビ辛蕎麦と2つの創作カップ蕎麦を食べてみた »

79Vはお金を掛けずに設計の手間を掛けさせてしまった

前回までの記事で79V(初代スバル・フォレスター)の操安乗り心地開発において
具体的にいろいろやったことについて書いてきました。
そこでも折に触れてあまりコストを掛けず型費も抑えて種類増も極力抑えたと書いてきましたが
一方でリアサスクロメン嵩上げ廃止やリア早当たりロングウレタンヘルパーなど
突拍子もない提案をしたので設計担当者にはそれなりに手間を掛けさせてしまいました。

もっともタイヤ開発やサスペンションの仕様決めなどそれほどやり直しや揺り戻しなどなかったので
開発全体としてみるとそれほど設計担当者に無理な負担を強いたとはボク自身思ってませんけど。
ただ、相手がどう思っているかは知る由もないですよね。

この辺についてもうちょっとだけ詳しく書いておきましょう。
といっても、今回の記事は手短にするつもりですが……

 

リアサスクロメン嵩上げ廃止はリアサスクロメンだけ見れば何も変更していないし
79Vの当初計画では嵩上げしたクロメンを新規で製作することになっていたので
それに比べれば設計の手間はかからないと思いがちですが、
サスペンションのストローク位置やジオメトリーが大きく異なってくるので
設計で確認することは格段に多くなります。

それ以上にフロントサスクロメンは嵩上げしてリアサスクロメンは嵩上げしないとなると
フロントサスクロに載っかってるエンジンとミッションと
リアサスクロにぶら下げているリアデフの高さ関係がずれてくるため
プロペラシャフトの各ジョイント位置での屈折の具合もずれてしまうため
それらの調整が必要になってきてしまうんですね。
プロペラシャフトの微妙な角度変化で振動が出たり高速時の安全性(危険回転数)など
様々な重大な問題が生じてしまうので、かなり設計担当者は手間が掛かったと思います。

おそらく最初にボクが嵩上げ廃止を言いだした時は
設計担当者はなんでそんな面倒くさいことやんなきゃいけないんだと思ったことでしょうね。
サスペンションの設計担当者ならまぁ仕方ないと思ってくれたとしても
プロペラシャフトなどの駆動系の設計担当者は飛んだとばっちりを食わされたと思ったはずです。
エンジンから後ろまで繋がっている排気系もマフラーハンガーなど変更が必要ですから
これまたそれらの設計担当者は余分な仕事が増えたと思ったことでしょう。

 

ロングウレタンヘルパーにしても実験するのは2個のウレタンヘルパーを重ねて
適当な長さでカッターナイフで切った貼ったして長さや硬さを組み合わせて
簡単に試作品を作ってサーベイ試験できちゃいますが、
それを設計するとなると今までそんな長いヘルパーの経験もないので
部品メーカーも含めていろいろと大変だったろうと思います。

ヘルパーにすぐに当たる=頻度が大幅に増えるわけですからヘルパー自体の耐久性も心配ですし
車体全体への入力がどうなるかなどについても確認が増えることになるわけですから大変です。
ただ、79Vはコイルバネ定数などはかなりソフトな設定にしていたこともあってか
総合的に車体への入力は少なくて耐久試験をしている方々からは全然余裕だと言われましたね。
また、当時は人が運転して悪路を走って耐久試験をしていたのですが
耐久試験をしていた方々からは79Vは乗り心地が良く疲れないのでありがたいとも言ってましたね。

 

また、その他の項目についてもやはりボクは普通じゃないことをやろうと言い出すので
それぞれの設計者は戸惑って手間も掛かったんじゃないかと思います。
まぁボクにとっても設計者にとっても仕事ですから妥協するわけにはいきませんが
面倒くさい奴と思われいてもしかたないでしょうね。
それでもあまり文句も言わずに前向きにやってくれた設計者の方々には感謝しかありませんね。

 

とはいえ、ただボクが「やって~」と言っただけでは誰もそんな面倒なことやってくれませんし
そもそも本当に効果があるかどうかも分からないのに「やって~」と無責任なこと言えませんから、
その前にサーベイ試験をして、それから効果をきちんとデータ計測して、
さらにどうして効果があるのかのメカニズム・理屈を整理してからやっと提案できるわけです。
そして、そういうデータや理論の裏付けがあるからこそ設計担当者も耳を貸してくれるわけです。

それでも懐疑的に思う人もいますし設計担当者だけでなくその上司やら
性能全体のとりまとめをしている(実験総括部)の人や
商品企画のPGM(プロジェクト・ゼネラル・マネージャー)などの納得・承認も必要なので
実際に試乗会などを開催したりしてデータと理論だけでなくその効果の体感もしてもらったりして
やっと合意形成ができて、GOがかかることになります。

まぁ結局はこのような合意形成がもっとも大変で骨の折れる仕事であるわけです。
そこはある意味数値データや理論を通りこした人と人とのコミュニケーションの領域でもあり
精神的にも疲弊するところではありますが、逆にそれが仕事の醍醐味でもあるわけですがね。

|

« 幸楽苑の10円ラーメンを食べてきた | トップページ | ヤバそば、シビ辛蕎麦と2つの創作カップ蕎麦を食べてみた »

コメント

スタッフ間の「合意形成」……。
どんな仕事の世界でも、これが一番面倒でややこしいところですね。

投稿: よっさん | 2019-12-03 17:41

>よっさん

この合意形成がすぐにできると生産性は格段に上がるんでしょうけどね。
合意形成ではなくトップダウンならすぐに方針は決まりますがそれが正解かどうかはこれまた怪しくなります。
まぁ、スバルの場合はトップダウンはそれほど強くなかったのではと思いますが、
トップでもない闇の鶴の一声が大きな力を持っていた側面も否定できないですかね(汗)

投稿: JET | 2019-12-03 17:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 幸楽苑の10円ラーメンを食べてきた | トップページ | ヤバそば、シビ辛蕎麦と2つの創作カップ蕎麦を食べてみた »