« 麻婆茄子ラーメンはないが赤城食堂のマーボーラーメンを食す | トップページ | 新書「背すじは伸ばすな!」を読了 »

10年超ぶりにオルオルのタイヤ交換!

先日、オルオルで90kmほどのボクにとっての久々のロングライドをしてきたのですが、
さすが超軽量カーボンロードバイクは羽根が生えたように軽い軽いと喜んでいたところ
途中からどうもフロントタイヤあたりから微かにペタペタペタというような妙な音が聞こえてきました。
小さなシールかテープとかなにかが貼りついたのかなと思いながらも大したことないとそのまま走って
休憩のタイミングでやっとタイヤを確認してみました。

B191118_1 
ありゃぁぁ、なんだか酷いことになってましたorz
スタート時に空気入れたりしてますからさすがにその時点でこんなに酷かったら気づいていたはず。
異音も途中からしだしたので走行中にこうなってしまったのでしょう。
まぁこうなる兆候はすでにあったのでしょうけどね。

サーキット走行したクルマのタイヤがタイヤカスを拾ってトレッド面に張り付いたような感じ。
ただもちろんそんな走りもしてませんしタイヤカスがいっぱいある路面を走ったわけでもありません。
余分に張り付いているようでもあり、逆に剥がれてしまっているようでもあり、
これどうなっちゃってるの? というのが第一印象です。
ただオレンジ色が出ている部分などは明らかに表面トレッドが剥がれて
内部構造部分が露出しているのでやはりトレッドゴム(キャップゴム)の剥がれでしょうね。
トレッドゴムが剥ぎ取られつつ撚れるようにして一部はまたトレッドに張り付いたのですかね。

帰還してからよくよく調べてみると、このタイヤはオルオルを新車購入した後すぐに
やっぱりオレンジ色のタイヤの方が似合うなと思って交換したこの時以来
一度も交換していませんでしたorz

つまり、2009年4月以来10年半以上もそのままにしていたということです。
ちなみに、その間の走行距離はおおよそ1700kmです。
ロードバイク用タイヤの一般的な寿命はおよそ1~2年、2000~5000kmだそうです。
走行距離はともかく年数は完全にオーバーですね。
ママチャリ用タイヤやジテツウ用タイヤなら10年くらいもっても不思議ではないかもですが
いくら室内保管とは言えほぼレース用タイヤともいえるミシュランPRO3ですから
そんなに持つわけがないですよね。

ちなみに、リアタイヤの方は見た目は異常がありませんでした。
リアタイヤは途中で2回ほどパンクしてタイヤのカーカスにも傷をつけてしまったので
直近ではこの時にタイヤ交換をしています。
それでももう7年も履いたままですね。距離は500km弱ですが。

 

B191124_1 
というわけで、前後ともタイヤ交換しましょう。
今度のタイヤもオレンジ色です(笑) ただし、ずーと前に買っていたものです。
つまり、ロードバイク用タイヤなんて何年も持たないから予め予備を買っていたのです。
だったらもっと早い段階で交換しておけってことですな(汗)
さらに恥ずかしいことに同じタイヤが5本もストックしてありましたorz

シュワルベ(SCHWALBE)アルトレモZX 700×23Cです。
よくみたらこの2本はVグレードで他の3本はHDグレードでした。
どっちがいいのかどうなのかよくわかりませんが……
楽天さんの購入履歴によると2014年1月に¥5,620×2で買ったようです。
5年以上も前のタイヤとなると未使用でもまたすぐにダメになっちゃうかもですね。

本当はタイヤと一緒にチューブとリムテープも交換した方が良いのでしょうけど
貧乏性で面倒くさがりなので目視確認でOKと判断してそのまま使うことにしました。

B191124_2 
とりあえず、30分ほどでちゃちゃっと交換して
ついでに(?)チェーンなどの清掃と注油もして完了です。
見た目はミシュランPRO3とさほど変わりませんが少しだけ野暮ったいかな(笑)
走行インプレッションはどうせ差が分からないでしょうから書かないつもりです。

|

« 麻婆茄子ラーメンはないが赤城食堂のマーボーラーメンを食す | トップページ | 新書「背すじは伸ばすな!」を読了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 麻婆茄子ラーメンはないが赤城食堂のマーボーラーメンを食す | トップページ | 新書「背すじは伸ばすな!」を読了 »