« 森の中の美術展XXと麺紀行などなど | トップページ | 久々の高経大リレー講義(6)と麺処鶴舞屋 »

ワンショルダー・バッグがヤレてきたので予備購入したが……

この時の記事で紹介したワンショルダー・バッグ(パタゴニア・アトム・スリング)ですが
ずり落ち防止ベルト付というか3点支持ショルダーストラップ付であり
また適度な容量でバイク(自転車)でのお出かけにちょうど良いので
早期リタイアした今でも最も使用頻度の高いバッグです。

B190513_3 
8年以上も酷使しているからなのかお気に入りのオレンジ色も色褪せたりと
全縦的にかなりみすぼらしくもなってきていますが、
それよりも矢印部分のようにファスナーの根元の部分が一部破れてきてしまいました。
このバッグはやや三角形のおむすび形をしているので直方体の角ばったモノを入れて
無理にファスナーを閉めるとこの辺りに強いストレスが掛かりやすいということも一因でしょう。

こうなるとファスナーごと交換・縫い付けしないと直りませんから素人には難しいです。

ところで脱線しますけど、、、

タイトルにも使った“ヤレる”って言葉、よくクルマなどがヤレてきたとか何気なく使ってましたけど
“破れる”と書いて「やれる」「やぶれる」と読んでいるんですね。
クルマが破れるってのは変な言い方ですけど、まぁ破れるから転じて
経年劣化などで疲れてきたとか褪せてきたとか性能・品質が落ちてきたことを意味しているんでしょう。
まぁちょいと旧車好きな人ならいい具合にヤレて来たなんて嬉しそうに話しますが(^^ゞ

で、ワンショルダー・バッグが文字通り“破れて”きてしまいましたので
まだ使えるうちは使い倒すつもりでありますが、
どのみちそう遠くないうちに破れは広がって使いものにならなくなりそうなので
だったら増税前に(というほど強い考えはなかったですが)買っておくことにしました。

B190914_2 
今までのも使い勝手は良かったので同じ型のものにしようとしたら
そのパタゴニア・アトム・スリングはおむすび形からやや長方形っぽくなったり
ポケットの配置なども変わったものへとモデルチェンジしていました。
確かにこちらの方がさらに使い勝手も良くなっていそうだし
ファスナーへのストレスも軽減されて耐久性も上がっているだろうと喜んでポチりました。

いや、本当はオレンジ色のアクセントが入ったものが欲しかったんですが
人気が高いのかいずれも在庫切れで数ヵ月待っても入手できそうもなく断念して
こんな地味なものになりました。
まぁ地味なバッグの方が服には合わせやすいので良いんですけどね。
送料・税込¥7,992でした。もっと変な色だと安いのもあったんですが。

ところが、これ、3点支持ショルダーストラップではありませんでした。ガーン!(@_@)
きちんと確認しなかったボクの自己責任ではあるんですが
前モデルが3点支持ショルダーストラップ付でしたから当然あるものだと疑いもしませんでした。
他の部分ではモデルチェンジでさらに良くなっていると思えるだけに
この3点支持ショルダーストラップ廃止だけがボクにとっては改悪であり致命傷でした。

まぁこれはこれでウォーキングやストライダなど前傾しないバイク乗りでは使えるので
返品したり売却せずに使おうと思いますが、前傾して乗るバイク用には使えません。

 

B190926_1 
というわけで、結局もうひとつ別のワンショルダー・バッグを購入することになりました。
チャムスのボディバッグです。送料・税込¥6,696でした。

こちらも若干長方形に近くなってますけどややマチが狭いので容量的には
パタゴニアのより劣る感じなのと、
ショルダーベルトの前側にポケットがないのが弱点かなというところです。
パタゴニアの新しいのは前側のポケットが伸縮素材で出来ているので融通が利いて便利です。
まっちょうど良いポケット袋をショルダーベルトに縫い付ければ解決しますけどね。

|

« 森の中の美術展XXと麺紀行などなど | トップページ | 久々の高経大リレー講義(6)と麺処鶴舞屋 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 森の中の美術展XXと麺紀行などなど | トップページ | 久々の高経大リレー講義(6)と麺処鶴舞屋 »