« 新書「『永遠の0』と日本人」小林栄太郎著は途中放棄した | トップページ | モッチッチ塩レモン焼そば »

150ccという中途半端な排気量にした理由

A190731_6 
プジョー・ジャンゴには原付一種の50cc、原付二種の125ccと軽二輪の150ccの
3種類の排気量のエンジンが用意されているのですが、
ボクが購入した「じゅごん」は150cc(カタログ上は151cc)のものなので軽二輪になります。
ただ、軽二輪は125cc以上250cc未満という区分なので
150ccという排気量は軽二輪としてはなんとも中途半端なモデルという印象になります。

事実、ボクも本気で中途半端だと思っていて最初は125ccのモデルを注文しちゃったのです。
どういう人が150ccなんて中途半端なオートバイ買うんですかねぇ、なんて訊いちゃったら
「高速道路使う人でしょうね。もっともそんなにパワーないから主に首都高とかだね。」
とオートバイ屋の店員さんの言葉にあぁなるほど、じゃぁボクは関係ないなと納得したものです。

250ccくらいなら100km/h巡航も苦にならないので高速走っても邪魔者扱いされないですが
150ccでは大型トラックにも煽られそうで快適なツーリングってならないでしょうからね。
でも、確かに首都高などなら便利な場合もあるでしょうね。
地方でも例えば実家の愛知県なら知多半島道路などでも125cc以上でなければ走れないので
150ccのメリットも大きいのかもしれないです。

ただ、群馬県内にはあまりそのような道路はないんですよね。
高崎市内に原付走行不可の橋(50m区間)があるだけで、
逆に桐生市梅田湖周辺で125cc~400ccだけ土日休日走行禁止という
まったく分けの分からない規制があったりしますけどね(怒)

 

性能的には125ccより150ccの方が排気量相当分だけパワー、トルクが増して
それなりに加速力、登坂力、最高速には余裕が生まれるでしょうけど
まぁでも所詮2割増し程度ですから大きな差はないと思います。
燃費は150ccの方が少し悪いでしょうけど走り方でも変わるくらいで大差ないでしょう。
(カタログ値では125ccが2.7L/100km、150ccが2.8L/100km)
その他、車両重量、装備などは125ccも150ccもまるっきり同一のようです。

違いはやはり金銭面でしょう。
車両価格差が27,000円あり、150ccは取得時に重量税4,900円必要です。
125ccは重量税は必要ありません。
毎年の軽自動車税は150ccが3,600円/年で125ccは2,400円/年ですから
その差は1,200円/年になります。
自賠責保険は24ヶ月(2年間)で比較すると、150ccが12,220円/2年に対して
125ccは9,950円/2年なのでその差は1,135円/年です。

一番大きな差がでると思っていたのが任意保険です。
125ccはファミリーバイク特約が使えますからクルマの保険に特約をつければOKです。
ソニー損保だと約9,000円/年です。
むかし、エリアン(原付1種のアプリリア・エリア51)に乗っていた時は
このファミリーバイク特約に入っていましたけどもっと安かった印象があるんですけど……

一方、150ccだとファミリーバイク特約では対象外ですから
単独でバイク保険に入らないといけません。
けれど、エビちゃんなどもう何年も無事故で18等級になってますから
それを引き継ぐと補償内容にもよりますが12,000円/年ほどですから
125ccのファミリーバイク特約との差は3,000円/年ほどしかありません。

結局、取得時に3万円ほど、年間維持費で5千円ほど125ccの方が安いというだけです。
なんだか大した差ではないなと思えてきてしまいました。
無職・無収入の身ですから少しでも安い方がいいのですが
どうしても必要な交通手段として買うわけでもないですから
そこまでの安さにこだわるのもおかしな話になってしまいます。
安さだけにこだわるなら中古の50cc原付でもいいわけですし。
(30km/h制限や二段階右折の問題はありますが……)

 

それよりか、ファミリーバイク特約はよくよく確認すると良い点・悪い点あるのでよく考える必要があります。
良い点は安いこと、年齢制限がないこと、何台でも、他人から借りた原付でも補償されること、
それと事故っても等級には影響がないことなどです。
しかし、悪い点としては、等級がないから無事故でも安くならないこと、ロードサービスがないこと、
そして自損事故以外での自分の怪我の治療費が補償されないことです。
(相手の過失割合分の治療費は相手の保険から補償される)

先日のモタックスの故障で無料ロードサービス、レッカー移動してもらって助かったので
それを思うとロードサービスがないっていうのは案外大きなデメリットです。
そのためにJAFに入って年会費払うのもバカらしい気もしますし
故障時は有料でという割り切りもなかなか出来ない気もします。

125ccでもファミリーバイク特約ではなく単独でバイク保険に入るという手も考えられます。
そうすればロードサービスも受けられて150ccよりは安い料金体系になっています。
しかーし!よくよく聞いたら250ccのバイク保険と125ccのバイク保険はまるっきり別物で
250ccでの等級は125ccのバイク保険には引き継がれないとのことです。ガーン!
それでは125ccのバイク保険はどーんと高くなります(ってほどではないですが)

 

というわけで、諸々検討した結果、ロードサービスが付いて自分の治療費も心配しなくてよいことから
一見中途半端に思えた150ccを選択することにしたわけです。
これなら、万一高速道路に乗ることになっても対応可能ですし
エビちゃんの時に買ったモバイルETC(?)も使いまわしできますからね(笑)

で、ここから急遽オートバイ・ショップに連絡して125ccから150ccへ変更してもらうことに。
幸いにも125ccにしても150ccにしても「スポーツ」というグレードは日本国内に在庫がなく
輸入待ちの状態であったため注文の変更が可能だったのですが、
もし国内在庫があったら125ccのまま登録完了になってしまっていたかも知れないです。


なお、125ccはナンバープレートがピンクでダサイとか逆にカワイイとか言う人がいますが
黄色い軽自動車のナンバープレートがどうこういうのと一緒で
ボクこういう意見にはまったく共感を抱きませんのであしからず。
色だけでなくナンバープレートの地名でも○○はダサイだとかいう人に対しても
ボクはあからさまに蔑みますからね(笑)

|

« 新書「『永遠の0』と日本人」小林栄太郎著は途中放棄した | トップページ | モッチッチ塩レモン焼そば »

コメント

ご購入おめでとうございます。
すみません、お祝い出遅れました。
この150ccクラスですが、13年前にベスパLX150を一足先に買ってます。
なので、「ようこそ150ccの世界へ」をお祝いの言葉とさせて頂きます。(笑)

投稿: はら坊 | 2019-08-04 19:57

>はら坊さん

おぉ150ccの大大先輩でしたかぁ。
いろいろご教授よろしくお願いしますね<m(__)m>

投稿: JET | 2019-08-04 20:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新書「『永遠の0』と日本人」小林栄太郎著は途中放棄した | トップページ | モッチッチ塩レモン焼そば »