« 「神話の系譜」大林太良著を読了 | トップページ | 金融庁レポート「老後2000万円必要」はどうでもいい »

プラモ製作(98)スバルなんちゃって初代ジャスティ

B190417_1 
今井科学製1/20スケールのスバル・レックスコンビXLを作りました。
「十番街ストリート」シリーズのNo.3ということみたいですが
その「十番街ストリート」ってのが何なのかさっぱり分かりませんが……
同じシリーズにはこの記事で紹介したスズキ・アルトなどがあったようです。

今井科学が撤退後にこの金型がアオシマに移っているので
前回製作のレックスコンビとは基本的に同じ中身のキットになります。
なのでそのまま作っても面白くありませんから
ここはちょっと改造して初代スバル・ジャスティっぽくしてみました。

初代スバル・ジャスティはボクが学生時代に初めて新車で買ったクルマで
そのままスバル(富士重工)に入社後も数年乗っていたので
レックス以上に想い出のあるクルマです。

A860719_18 
こちらのJET-PHOTOにも当時の画像とともにいろいろ書いてありますが
初代ジャスティはこんなクルマです。
簡単に言えば、軽自動車のレックスをベースにして幅を広げて(少し長くして)
2気筒エンジンに1気筒足した3気筒1リッターエンジン載せただけです(笑)
実際にドアパネルやサスペンション回りなどはレックスのものと共通でした。

ですから、それと同じようにプラモデルでも縦に切って幅を広げてやれば
ジャスティになるというわけなのですが、
本当に幅を広げるにはボディはパテ修正でなんとかなったとしても
ウィンドゥガラスやダッシュボードなどの部品は
幅を広げて作るのは至難の業となってしまいますから
そこは無謀なチャレンジはせずにレックスの幅のままとして
雰囲気だけジャスティに似せることにしました。

ボクが乗っていたジャスティは3ドアの4WD・5MTのRSというグレードで
名前からしてもなんとなくスポーティな装いのものでしたが、
エンジンは8000rpm以上回るけどただ回るだけで
笑っちゃうほど非力なクルマでした。

それでも、あちこちの林道などを走り回って遊んでいました。
それもあってラリータイヤをラリー用アルミホイールに履いて
アルミロールバー入れバケットシートにシンプソンの5点ハーネス……
ってな変な仕様に改造してましたね。

 

S24_1 S24_2 S24_3 
キットはガラスサンルーフ仕様でしたがパテ埋めしてノーマルルーフ仕様にしました。
前後のバンパーはすべてパテで成形してあります。
ボディサイドのショルダー下にモールがあらかじめモールドされてましたが
それはすべて削り取ってパテ修正して仕上げました。
代わりに下の方にプラ板を貼ってサイドモールにしてあります。

フェンダーミラーからちょっと小ぶりですがそれらしいドアミラーに変更し
リアワイパーもちゃんとつけてその他あちこちをチマチマ改造してあります。

最も苦労したのに最も出来がイマイチになってしまったのが
フロントのヘッドライト周りと同じくグリル周りです。
角型2灯の安いシールドビームとその内側に三角状の車幅灯をつけて
一見、台形異形ヘッドランプっぽく見せようとしていたこの顔付きが
ジャスティの最大の特徴なのですが、やはりそこが難関だったわけです。

1/20スケールの角型ヘッドライトの余り部品はストックになかったので
1.7mm透明プラバンから削り出して作り、
ジャスティのグリルは横長のハニカム形状のものですが作れないので
元のレックスの横筋のモノを削りながら収めるようにしたのですが
ちょっと立体感に欠けてしまいましたね。

あと、いちおう自分が乗っていたジャスティと同様に
白いスポークタイプのアルミホイールとか、内装も
(なんちゃって)4点式アルミロールバー、バケットシート、モモステっぽく
仕上げてみました。

細かいことですが、ダッシュボードの押ボタン式ヘッドライト&ワイパースイッチも
なんとなくそれっぽい形状に加工してあげました。
真夜中に林道走行中にキックバックで弾かれたりした時に
指が当たってヘッドライト全消灯になって超焦った記憶があります。
これはとんでもなくダメな設計ですよね。

全体的にみると、前作のレックスと見比べると
似てるけど雰囲気の違うクルマにはなっているかなと思いますし、
それなりにジャスティ風と言えるくらいにはなったかなと自己満足してます(笑)

 

なお、毎度のことですがJET-PHOTO の方に
もう少し詳細な画像を載せています。
今回のなんちゃってジャスティはこちらの「スバル」から見ることができます。

|

« 「神話の系譜」大林太良著を読了 | トップページ | 金融庁レポート「老後2000万円必要」はどうでもいい »

コメント

凄いです!
前回のレックスと並べちゃうと「大きさが一緒じゃないか」みたいなことになるのかもしれませんが、単体で見る限りジャスティにしか見えません。

差別化している特徴をしっかり捉えると、こんなに見事に変身するんですね。
モデラーの神髄を見せていただきました。m(_ _)m

投稿: ぶらっと | 2019-06-13 00:35

>ぶらっとさん

お褒めいただきありがとうございます。
といいますか、そこまでいわれるとちょっと照れちゃいますが(笑)

まぁジャスティもレックスも自分で所有していたクルマなので
それぞれの差別化のポイントもよく分かっていたというのがありますね。

投稿: JET | 2019-06-13 05:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「神話の系譜」大林太良著を読了 | トップページ | 金融庁レポート「老後2000万円必要」はどうでもいい »