« 「世界でバカにされる日本人」を読了 | トップページ | プラモ製作(84)ホンダRA272 »

スバルでパワハラ・自殺などまさにブラック職場

パワーステアリング部品の品質問題で操業停止が続いているスバル、
それについても具体的に何が起きているのか
もう退職したボクにはまったく分かりませんが、
まぁありがちなのは部品メーカーもしくはその調達先などが
仕様変更したりして不具合を出したということなのかな思いますが……

その操業停止よりも目に止まったのはこんなニュースでした。(以下引用)

 SUBARU(スバル)群馬製作所(太田市)の46歳の男性社員=埼玉県=が2016年12月に自殺し、太田労働基準監督署が労災と認定していたことが24日、分かった。上司からの叱責や月の残業が100時間を超える長時間労働でうつ病を発症したのが原因としている。遺族の弁護士が同日、東京都内で記者会見して明らかにした。認定は昨年8月。

 上毛新聞の取材に対し、同社は「故人に深く哀悼の意を表すると共に、ご遺族の皆さまに心よりお悔やみを申し上げます。労災認定されるような事態を防げなかったことに対しては大変遺憾に思っている」とコメントした。
                                       (引用終わり)

自殺があったのは2年ほど前のことですから
まだSUBARUではなく富士重工業であったころですし
ボクもまだ富士重工に在籍してSTIに出向していた時のことです。

その年の春に完成したばかりの超立派な
西本館ビルからの飛び降り自殺だったようですが、
その日の朝、出社すると正門前にパトカーや救急車が駆けつけていて
非常線が張られたみたいな状態になっていて騒ぎになっていました。
ボクはSTIに出向中でもこの時に記事にしたように
富士重工の敷地内の古い建屋の一室を事務所としていたので
その事件現場の横を通って出社していてその状況を見ていたわけです。
(瞬間を見ていたわけじゃないですよ)

最初は何かの事故か急病者でも発生したのかと思ってましたが
どこからともなく自殺があったということだけは聞きました。
でもそれ以上のことは分かりませんでしたし知ろうともしませんでした。
ただ、業績好調で真新しいビルで快適そうな職場環境であろうはずなのに
自殺とはどんな原因があったのかなと思ってましたけどね。

それよりも、その直後のSTIでの朝礼の最中に
ボクの隣に立っていた若い人が突然ぶっ倒れてしまい
救急車呼んだりしてそちらの方が身近で大きな話題になってしまいました。
まぁ、倒れた方は単なる体調不良だけでその後は大事に至りませんでしたけど。

 

それにしてもこんな酷い職場が未だにあったとはちょっと衝撃です。
確かに、30数年前に配属になった時の上司なんかは
ほぼパワハラでしょうといえるようなことをしてましたし、
パワハラに近いようなことをしていた人も周りで見てきましたけど。
近年になってもパワハラまがいの言動を目にすることもありましたし
それに近い上司がいたこともありますが。

それでもさすがにそれが肯定されるような職場ではなかったですし
周りの職場でもパワハラがそのまま状態化するようなことはなかったです。
パワハラしていた上司も問題ですがその職場の同僚や
周りの職場の人たちもそれを放置していたということですから信じがたいことです。
部門が異なるので職場の風土も異なっていたのでしょうが
これはもう職場風土の問題ではないですよね。

パワハラ、セクハラなどの相談ホットラインもありますし
うつ病であったなら医師やカウンセリングの方もいたはずなのに
どうして放置状態になってしまったんでしょうかね。

これは企業として問題があったということですね。
そういう意味ではブラック企業と言われても仕方ない状態ですね。
完成車検査の不正やリコールやら操業停止やら不祥事が続いてますが
その中でもこの問題が最も深刻と言わざるを得ないですね。
これら全部が根っこで繋がっている可能性もありますが。

 

さすがにボクの周りでは自殺やパワハラなどの問題はなかったです。
セナ・ロスが原因で寮で自殺した人はいましたが。。。
それでも長時間残業している人はいましたし
うつ病になってしまった人などはけっこういました。

あと昔の職場でセクハラ疑惑がおきたこともありましたね。
ボクが2週間ほどの海外出張から帰ってきたら
職場の雰囲気が妙にギスギスしていて
セクハラ騒動がおきていたんですね。
まぁ何らかの誤解から生じたらしいのですが
そういう疑惑が生じるのもやはり管理職や職場風土に問題があったのでしょう。

 

それにしても、この自殺事件をうけてこの労働時間調査があったのですね。
それが今になって公表されるってのもちょっと問題です。
これまた隠蔽体質のブラック企業と言われても仕方ないですね。

以前に働いていた会社のことを悪く言うのは嫌なんですけど
ボクはもうそこから脱出できたのでよしと考えましょうかね。
それにスバル車は好きだし今でも愛着がありますが
会社自体は現役で働いていた時からずーと嫌いでしたしね。
とはいえ、スバルはぜひこれを機に生まれ変わってほしいものです。

|

« 「世界でバカにされる日本人」を読了 | トップページ | プラモ製作(84)ホンダRA272 »

コメント

勤めていた方のお話だけに、生々しいものがありますね。
早期退職されると聞いて、スバル好きとしては「もったいない」と思いましたが、今となってみると良いタイミングで退職されたのかもしれませんね。

他社との競争の中、きれいごとだけでは済まないのかもしれませんが、今の時代に「その会社の社員の働き方」も大事な購入基準の一つになっていると思います。
誰もが、自分が好きで乗っている車がこんな労働環境で作られたと考えたくはないですからね。

何度同じセリフを言ったことかと思いますが、今度こそ本当にこれを機に生まれ変わってくれることを切に願います。

投稿: ぶらっと | 2019-01-27 03:40

>ぶらっとさん

たしかにきれいことだけでは済まない部分もありますけど
スバルの場合は内向きの理論で諸々の問題が発生してるようです。
そういうところからではやはり真にお客さん(世の中)のためになる製品も生まれないでしょうね。

投稿: JET | 2019-01-27 06:51

何かに狙われているかのように嫌な報道が続いていますね
高橋三雄先生と話す度に、愚直で真面目な社風と感じたのですが幻想だったのでしょうか
それとも経営が好調になる中で社風が利益至上主義に変わってしまったのでしょうか

自分もサラリーマンですし、企業の表と裏はそこそこ理解しているつもりですが、
こうも悪い報道が続くと、さすがにスバルを特別視できなくなってきました

良い意味での垢抜けない経営は微笑ましく思いますが、
人道面で垢抜けない野蛮な振る舞いは受け入れ難く
他人の不幸の上で自分の趣味を楽しむことなどできず

ただ、企業規模を考えても残業時間管理の仕組みが無かったというのはおかしいですし、
残業やパワハラを労組が黙ってるのは弊社ではとても考えられないことです
スバルからの反論は無いようなので事実っぽいですが、どうもしっくりこないところです

投稿: 五条銀吾 | 2019-01-28 13:37

>五条銀吾さん

ボクも正直よくわからないことが多いのですが、
高橋三雄さんも開発部門の人ですから昨今の製造部門等で起きていることは
またちょっと事情が違っているのかも知れません。

ただ昭和30年、40年代の適当ながらも“モーレツ”な頃の習慣をそのまま残して
昨今の効率化・収益重視の上辺だけ取り入れてしまったのかもしれないです。

なお、この当時の勤怠管理は多くのフレックスタイムを導入している部署では
自己申告に近いシステムだったはずです。
上司はただ承認するだけだったのでしょう。
(もしかしたら残業が多過ぎると叱責したかも知れません)
カードをかざしての入出門管理はしていましたが、
人によっては忘れたり故意にしなかったり一度出門にして再び仕事したりしてたようです。
パソコンのログオンなどでの勤怠把握はできてませんでしたね。

投稿: JET | 2019-01-28 15:19

元現場の社員です この会社は駄目だよ⤵
昔はいい会社だったんだけどね😢
21世紀前後から業績不振になりその当たりからおかしくなってきた✋
パワハラ何か日常茶飯事あげくの果てに気に入らない社員は販売店出向🚗
私も販売店いるときにこの会社辞めました😅

投稿: | 2019-05-04 23:43

>元職場の社員さん

確かに業績不振から会社全体ですさんできた感はありますね。
ただ近年は業績良くなったんですけどねぇ。
人によって組織によって温度差が大きいこともあったのでしょうね。
そういう温度差があるってことそのものが会社として問題なんですが。。。

投稿: JET | 2019-05-05 02:16

元スバルの社員です。
太田本工場TC内の実験部署にいました。
仕事はアイサイト関連の事をやっていました。

当時の部署は毎年のようにメンタル疾患者が出ており、
パワハラは悪という考えは全くありませんでしたね。
吊るし上げ、大勢の前で怒鳴るといった行為が日常茶飯事でした。
それでダメになるヤツは使えないというような雰囲気でした。

幸い自殺者は出ませんでしたが、
まさに地獄絵図のような労働環境でした。

不祥事連発を機にこういう所が改善されると良いですね。

投稿: 元社員 | 2019-08-15 13:29

>元社員さん

そうですね、実験でもメンタル疾患者は多くてボクの職場にもいました。
アイサイト部隊は実験内でも特に長時間労働が常態化していて傍から見ていても危ない状態だなと感じていました。

アイサイトの商品化成功がスバルを建て直したのは事実ですが、アイサイトの成功がこれまた様々な歪を生み出してしまったのもこれまた事実なんでしょうね。

自動運転技術開発の熾烈化でまた同じことが繰り返されないよう願っています。

投稿: JET | 2019-08-15 15:20

失礼します。
当時の富士重工にお勤めの方、ご存知でしょうか…?
Nさんて知りませんか?Nさんも、辞めちゃったのでしょうか?

投稿: 友達探し | 2019-09-04 21:53

>友達探しさん

初めまして。コメントありがとうございます。
残念ながらNさんのことは存じ上げておりません。
なにせ弱小自動車メーカーのスバルですがそれでも従業員は1万人以上いますから大半は知らない人です。

なお、重複コメントになってまししたので1つは削除しました。
また、実名掲載は本人のプライバシーに影響するためイニシャルに変更させていただきました。
ご理解よろしくお願いいたします。

投稿: JET | 2019-09-05 06:00

実名掲載…確かにダメですよね、失礼しましたm(_ _)m
やっぱり知りませんよね…今もいるかも分からないし…
謝りたい事たくさんあってすごく純粋な気持ちで探してるのです。
ありがとうございました。返事感謝してます。

投稿: 友達探し | 2019-09-05 18:45

矢島3ペイントで2年ほど期間やりましたが、社風は意味不明なレベルでしたね。
軍隊の出来損ないのような感じで怒号、イヤミ、吊し上げ、陰口の言いふらし、班長などが手拍子をとっての集団イジメ。
上にはメッチャクチャ媚びるゴマする。
おかしなとこでした。

投稿: | 2019-12-05 12:29

>名無しさん

それは大変でしたね。
ボクは製造部門ではなかったのでそこまでの経験はありません。

投稿: JET | 2019-12-05 14:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スバルでパワハラ・自殺などまさにブラック職場:

« 「世界でバカにされる日本人」を読了 | トップページ | プラモ製作(84)ホンダRA272 »