« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »

2018年12月の記事

大晦日恒例の2018年まとめ

今年も2018年のまとめをしたいと思います。
早期リタイア・無職生活も2年目に入って
すっかり慣れてしまった1年となりました。
(昨年2017年のまとめはこちらです)

アトピー性皮膚炎もずいぶんと症状が軽くなり
また春の花粉症シーズンも大した症状もでなくなりました。
MPS(筋筋膜性疼痛症)の兆候もなく健康面では問題ない1年でした。

車輪モノ関係ではお買い物用自転車としてルイルイを購入して
それでも小エビはそのまま所持(ただし放置)してますので
車輪総数は2輪増えています。数えるのはもう面倒ですが(汗)
動力付き車の年間総走行距離は2,007km(昨年1,814km)で、
人力の車の年間総走行距離は2,662km(昨年2,452km)です。

動力付きも人力もまぁ昨年とほぼ同レベルですね。
動力付きはもう少し増えても良いかと思いますが。。。
人力、つまり自転車にはもう少し乗りたいと思っていたのですが
結局は昨年よりちょっとだけ多くなっただけにとどまりました。
昨年より多かったといっても、後述のようにルイルイだけで1,000km超えですし、
10月、11月、12月の3ヶ月だけで1,000km超えで追い込んだ形でした。

それでは一台づつみていきましょう。

続きを読む "大晦日恒例の2018年まとめ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

来年も月曜始まりのカレンダーを使います

昨年にもこの記事で似たようなことを書きましたが
やはり無職であってもカレンダーはあると便利だと感じています。
そして、これまたボクにとっては月曜はじまりのカレンダーが欲しいのですが
100均ショップでは月曜はじまりのカレンダーを見つけることが出来ませんでしたorz

書店やホームセンターなどでは月曜始まりのカレンダーも見つかるんですが
500円とか1000円とか払ってまでどうしても欲しいってほどでもないんですよね。
500円あれば安ワイン一本飲めますし1000円あればラーメン一杯でお釣りがきます。
ってどういう金銭感覚してるんだってところですけど(笑)

まぁ無職なので大した予定もありませんから
グーグル・カレンダーだけで事足りるわけで
来年からは紙のカレンダーは廃止しましょうかねぇ。
と考えていましたが、、、

続きを読む "来年も月曜始まりのカレンダーを使います"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2代目ドミンゴの操安乗開発に携わった

前回の記事で、スバルの操安乗り心地を開発・実験する部署に異動しても
コロコロと担当車種が変わったり途中でプロジェクトが中止になったりして
腰を落ち着けて仕事をしている気持ちを持てずに
フラフラしていたことを書きました。

今回はその後の昔話をしてみたいと思います。

幻の2代目ジャスティ(77S)の操安乗開発に携わっている時も
いちおうサンバー&ドミンゴの操安乗開発も兼任するという形でした。
ただし、その頃はサンバーは5代目が発売された後なので
フルモデルチェンジなどの企画もまったくない状況だったので
VAと市場不具合対応がメインの業務でした。
また、(2代目)ドミンゴの開発もまだ本格化していなかったので
ひとりで兼任という形でもそれほど大変だったわけではありませんでした。

ところが77S開発は1年ほどで中止となり
替わりに2代目ドミンゴの開発が本格化することになります。

続きを読む "2代目ドミンゴの操安乗開発に携わった"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

新書「俺たちの定年後」成毛眞著を読了

B181213
ワニブックスプラス新書の「俺たちの定年後 成毛流・60歳からの生き方指南
成毛 眞 著を読みました。

ボクはまだ60歳手前ですが、早期リタイアしてしまっているので
定年後と言われてももう過ぎてしまっているとも言えます。
まぁ、これからどうしようかとか、60歳過ぎたらどうしようかと
迷っているわけでも何かに不安があるわけでもないので
指南本など読んでもあまり意味がないのですが、
なんとなく面白そうだと思ったので読んでみたわけです。

著者の成毛 眞氏って、、、あぁそういえば以前にこの本を読んでいました。
別に成毛氏のファンでもなく、どちらもテーマはまったく違う本ですし
たまたま手に取った本が同じ著者だっただけのことでしょう。

続きを読む "新書「俺たちの定年後」成毛眞著を読了"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

散歩途中で見かけたやぬ゛そば

A181227_3
散歩中、住宅街の中にある蕎麦屋さんですが、
もともと店があるのは気付いていましたが
やっているのかどうか分からなかったのだけど
今日、たまたま通りがかったらのれんが掛かっていたので
ものは試しと入ってみました。

「やぬ゛そば」と看板に書かれてますが、もちろん「やぶそば」です。
“ぬ”のように見えるのは“婦(ふ)”を崩した文字だそうで、
これは知りませんでした(恥)

続きを読む "散歩途中で見かけたやぬ゛そば"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プラモ製作(81)日産マーチK11型

B181203_1
フジミ模型の1/24スケールの2代目日産マーチを作りました。

型式だとK11型ということだそうですが
何やらスバル360のK111型と似てますねぇ。
まぁ初代マーチがK10型なので続きなだけでしょうが。

そして、このマーチは例の幻と散ったスバルとの共同開発車(77S)
ベースとなるはずだったクルマです。
なんかちょっと因縁を感じますねぇ。

続きを読む "プラモ製作(81)日産マーチK11型"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高崎市の麺処・風人とフィアット髙前

A181225_1
高崎市にある麺処 風人(ふうじん)というラーメン屋さんまで
タイレル君で麺紀行してきました。

12時前に入店したのですが、カウンター12席の店内は
すでにほぼ満席に近い状態でした。
たまたまなのかいつもこのくらいの人気店なのか分かりませんが。

入店して最初に自販機で食券を買うスタイルの苦手なお店でした。
しかもメニューは豊富で結構難解ですから余計にやっかいです。
こういう店は常連じゃなければ事前にネットとかでメニューを調べて
決めてから行くのが正解なのでしょうね。

続きを読む "高崎市の麺処・風人とフィアット髙前"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

退社前の会社に届いていたクリスマスカードの行方は?

クリスチャンでないのでクリスマスとはほとんど無縁なのですが(笑)
現役サラリーマン時代には何通かのクリスマスカードが
毎年会社に送られてきていました。

クリスマスカードだけでなくニューイヤーカードや年賀状などもありますが
多くは海外の比較的小さな会社で過去に一緒に仕事をした際に
名刺交換などをした人(会社)からです。
中には某レーシングドライバーなどの方からも送られてきてました。
長いものは10年以上も毎年律儀に送ってきてくれてます。
おそらく秘書や庶務の方がほぼ自動的にやっているのでしょうけどね。

そして、会社の部署名宛に送られてくるわけですが
部署を異動しても会社内なら分かるので本人まで届けられてました。
ただ、もう退職しちゃったのでそれらのカードやハガキってどうなるのでしょうかねぇ。
今さらですがちょっと疑問に思ったので簡単な記事にしてみました。

続きを読む "退社前の会社に届いていたクリスマスカードの行方は?"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

20代までは借金しまくってました

こんなタイトルにすると、消費者金融から高利で借金して
いわゆるサラ金地獄にでも陥っていたかのように勘違いされかねませんが、
もちろんそこまで悲惨な人生を送っていたわけではありません。

50代ではそれなりに貯金もできて退職金も合わせて
早期リタイアすることができたボクですけど
20代のころはローンを組むということに特に抵抗感がなく
今考えるとかなり安直に借金していました。

大学生になってすぐに運転免許を取ってクルマが欲しくて
車両本体価格たった5万円の中古車(大古車?)でさえ
全額親から借りて買ったのです。
まぁそれはすぐに返済したし借金というほどでもなかったですが。

大学5年生(留年したのでね)の時に新車で買ったスバル・ジャスティ
100万円ほどでしたが全額借金で買いました。

続きを読む "20代までは借金しまくってました"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

操安乗業務に異動後もフラフラしていました

以前の記事で操安乗業務へ突如異動した理由をボクなりに考えてみたのですが、
今日はその後の昔話をしてみようと思います。

フラフラしていたといっても何も仕事をさぼって
フラフラと遊びほうけていたということではないんですが、
ひとつの車種やプロジェクトを中心に腰を落ち着けて取り組むという
そういう状態にはなかなかならず、
「ボクの仕事はコレコレです」とか「コレをやりました」と
はっきり言えるものはほとんどなかったのです。

まぁ、ある意味丁稚奉公(でっちぼうこう)みたいなもので
何でもお手伝いさせられていた、ということですかね。
ただやっぱり達成感とかそういうものは得られなかったのは確かです。
まぁ仕事に達成感を求めると不幸になると当時から考えていたので
それほど嫌とは思っていませんでしたけど。

今日の記事ではそんな昔のフラフラしていた時代を振り返ってみたいと思います。

続きを読む "操安乗業務に異動後もフラフラしていました"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

桐生市のROOSTERラーメン

桐生市の市街地・本町通り沿いにあるラーメン屋さんへ
ミニベロのタイレル君で麺紀行してきました。

A181221_4
小さなお店なのでクルマや自転車だと気づきにくいですね。
事実、ボクはこの通りを何度も走ってますけど今まで知りませんでした。
それにラーメン屋さんっぽくない外観ですしね。
夜はワインバーとかになるそうですから
ラーメン屋さんらしくないのは当然かもしれませんが。

続きを読む "桐生市のROOSTERラーメン"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「朝鮮半島統一後に日本に起こること」を読了

B181210_1
扶桑社新書の「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論
シンシアリー著を読み終えました。

副題に書かれているように著者は韓国生まれ韓国育ちの韓国人だそうです。
韓国での歯科医院を休業して日本に移住しているとのことで
数年後には日本に帰化するつもりのようなことも書いてありました。

帯に書かれているように
「統一後、韓国が日本にミサイルを撃ってくる」可能性がある
ということが書かれています。
今の北朝鮮が日本に直接ミサイルを撃ちこむより
統一後の韓国(南側政府)が日本に撃ってくる可能性が高いのだそうです。

続きを読む "「朝鮮半島統一後に日本に起こること」を読了"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

海藻MAX スカルプDやきそばを食べてみた

B181205_1 B181205_4
まるか食品・ペヤングのカップ焼きそばを2種類食べてみました。

ひとつは、「海藻MAX スカルプDやきそば ヌルヌル塩味」です。
「男たちよ、立ち上がれ」なんてわけの分からないことが書かれてます。
税込み¥216で買いました。

もうひとつは、「ピリっとおいしい!たらこやきそば」です。
こちらは税込みで¥198でした。

続きを読む "海藻MAX スカルプDやきそばを食べてみた"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

プラモ製作(80)赤帽サンバー550バン

B181130_1
アオシマ文化教材社の1/24スケール、スバル・サンバー赤帽仕様を作りました。

以前に作った同じくアオシマの赤帽サンバーは富士重工製最後のサンバーである
6代目サンバー・トラックのパネルバンのものでしたが、
これは3代目サンバーのバン(ワンボックス型)の赤帽仕様です。
いわゆる、通称・剛力サンバーと呼ばれるもので
軽枠拡大で550ccになったヤツですね。

実はこれは元・今井科学の金型のこちらの製品を赤帽仕様化したものみたいです。
今井科学から販売されていたころにこの赤帽仕様があったのか(多分なかったかな)
それともアオシマに金型が移ってから赤帽仕様が追加されたのか分かりませんが。

続きを読む "プラモ製作(80)赤帽サンバー550バン"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

先日事故のあった上武大橋の現場を見に行った

15日、土曜日のことですが、旧・上武大橋の解体撤去作業中に
橋桁が落下してダンプカーを直撃するという痛ましい事故がありました。
ダンプカーの運転手の方が亡くなっておりますので
野次馬根性で見に行くのは不謹慎かと思いましたけど、
新しい上武大橋も含めてまだどのようになったのかも知りませんでしたから
その辺りの確認も含めて見に行ってきました。

上武大橋は利根川に掛かった群馬県伊勢崎市と埼玉県深谷市を結ぶ橋ですが
河川敷の利根川サイクリングロードにおいても
対岸を結ぶ重要なルートの一部となっています。
自宅からだと広瀬川サイクリングロードを川下側に15kmほど進むと
利根川と合流した直後に上武大橋を渡って
対岸の利根川サイクリングロードを川下側に進むと
太田市や館林市などにまでも行くことが可能です。

ただ、新・上武大橋の工事などに伴って
ここ数年はスムーズに通行が出来なくなっていたんですよね。
ですからどうなったのか確かめてみたくなったというわけです。

続きを読む "先日事故のあった上武大橋の現場を見に行った"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

天文入門講座の聴講とスパゲッ亭 加良

昨年も行った天文入門講座を今年も行って聴講してきました。
場所も昨年と同じで群馬大学桐生キャンパスです。
寒いですが自宅から20kmほどですからサーモン号で行きました。

講義は午後からですのでその前に大学近くでランチとします。

A181216_5
「路地裏古民家 スパゲッ亭 加良(かりょう)」というお店です。
大学近くの学生相手のガッツリ系イタメシかと思いきや
なかなか風情のある洒落たイタリアンでした。

続きを読む "天文入門講座の聴講とスパゲッ亭 加良"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お歳暮もお中元もわが人生には無縁

あはは、“わが人生”なんて大それた書き方するほどのネタではないんですけど、、、
12月の中旬となるとお歳暮のシーズンとかと云われます。
でも、ボクには全然ピンと来ませんねぇ。
なんせ、タイトルにも書いたようにお歳暮もお中元も
いずれも一度も贈ったことも受け取ったこともないからです。

個人事業主なら取引先に贈るというのはあるでしょうし、
結婚の仲人さんとか人生の転機になった恩師とかには贈るのかも知れませんが
幸か不幸かそのような人はボクにはいませんでしたし
むろんボク自身がそんな立場にはなりませんでしたし。

一般サラリーマンだとほとんど贈る相手もいないのではないかと思うのですが、、、
まぁ最近ではあまりお歳暮商戦みたいな言い方もされなくなってきてますけど
それでも依然として何か国民の多くの人の行事みたいな言い方もされますよね。
ボク自身があまりにも無縁なのでそういうCMや報道に違和感を感じちゃうんですけどね。

続きを読む "お歳暮もお中元もわが人生には無縁"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

トラットリア・フィーロのアマトリチャーナ

今日は風が強く冷たい一日でした。
バイク(自転車)での外出は控えて
散歩がてら歩いて麺紀行してきました。

A181214_1
自宅から2kmもないところにあるイタリアン・レストランの
「トラットリア・フィーロ(Trattoria FILO)」というお店です。
日本語に訳すと「食堂 糸」みたいな感じなんですかね(笑)

続きを読む "トラットリア・フィーロのアマトリチャーナ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スバル伊勢崎製作所のバスが消えてた!

A181212_1
散歩で久しぶりに富士重工(スバル)の(旧)伊勢崎製作所の前を通りました。
今は桐生工業の伊勢崎製作所なんですけどね。

そしたら、なんと! 正門脇に展示してあったはずの
日本初のモノコック&RRバス(フレームレスリアーエンジンバス)
「ふじ号」が消えちゃってるじゃないですか!
ここにはこの時のようにバスが有ったはずなんですが。

もうここ伊勢崎製作所のバス事業部が事業撤退してから
ずいぶんと経っていますから
いつまでも昔のバスを展示していても意味がないということでしょうか。
それとも老朽化のために崩壊が酷くて
とうとう廃棄処分になってしまったのですしょうか。

いずれにしてもそれだと残念なことですよね。

続きを読む "スバル伊勢崎製作所のバスが消えてた!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プラモ製作(79)いすゞ・ピアッツァXE

B181125_1
フジミ模型の1/24スケールのいすゞ ピアッツァXE(JR130)を作りました。

わざわざJR130なんてマニアックな型式なんて書かなくても
ピアッツァ(PIAZZA)といったらこのクルマだけでしょ。
と思ったら、、、2代目ピアッツァってあったんですね。
そう云われれば……ってほど影の薄いクルマですが。

初代ピアッツァはジウジアーロ・デザインをほぼそのまま忠実に再現したという
そのスタイリングが当時話題になったクルマです。
個人的にはジウジアーロは初代VWゴルフや初代フィアット・パンダ
などのような実用車のデザインには素晴らしく長けていると思うけど
スポーツカーとかとなると少しあっさりし過ぎていると感じていて、
このピアッツァも117クーペの後継車というほどの
艶やかさはないなという印象をもっていました。
もっとも117クーペもジウジアーロ・デザインですが……

続きを読む "プラモ製作(79)いすゞ・ピアッツァXE"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

蕎麦屋で「写真は嫌いだ」と言われた

本格的に寒くなってきましたねぇ。
さすがに気温が一桁代になると外に出るのが億劫になりますが
そう思っていると完全に引きこもり状態になってしまいます。
そこで、今日は奮い立って麺紀行に出かけることに。

北関東道が関越道に繋がる高崎ジャンクションの近くにある
とあるお蕎麦屋さんまでコメットさんで行ってみました。

A181211_1
先ずは店の前で記念撮影です。

続きを読む "蕎麦屋で「写真は嫌いだ」と言われた"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

角川新書「日本人の遺伝子」を読了

B181130_2
角川新書の「日本人の遺伝子 ヒトゲノム計画からエピジェネティクスまで
一石 英一郎 著を読みました。

一見、前回読んだ「核DNA解析でたどる 日本人の源流」と似たような内容みたいで、
確かに日本人の起源というか由来などにも触れられてはいますが、
著者は人類学者や考古学者でもDNA解析研究者でもなく医者ということのようで
ですから病気や医療に関係するような日本人(日本人に限らずでてきますが)の
遺伝子について雑学的にあれこれと書いてあるというような内容の本です。

それでも、帯面に書かれている「日本人のDNAは、古代ユダヤ人と共通」との文言は
かなり刺激的で興味をそそられますね。ただ、それ以上深堀りされてませんが。。。

続きを読む "角川新書「日本人の遺伝子」を読了"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

30年ほど前には飲酒運転してたorz

年末年始は宴会なども多いため飲酒運転摘発の検問も多くなるそうです。
元々サラリーマン時代でも必ず職場の忘年会というものがあったわけでもなく
人事異動などによる歓送迎会や慰労会などと重なったりした時だけ
忘年会や新年会と兼ねての宴会とすることがほとんどで、
その意味では年末年始よりむしろ期末期始めの宴会の方が多かったですかね。

ボクは自動車メーカーに勤めていたので飲酒運転は厳禁、
というか自動車メーカーでなくても昨今では飲酒運転はご法度ですが
自動車メーカー勤務ならなおさらのことで
例えばもし飲酒運転で事故なんか起こしたら
懲戒解雇も覚悟しなければならないでしょう。
そしたら退職金も貰えず即失業なんてこともあり得ます。

今では飲酒運転についての社会的な目も厳しいので
若い人には信じられないことかも知れませんが、
ボクが20代そこそこの頃の時代は今ほど厳しくはなく
軽い酒気帯び運転はちょいちょいやってしまってましたね。
というカミングアウトのネタを今日は書いちゃおうかと思います。

続きを読む "30年ほど前には飲酒運転してたorz"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テストドライバーという言葉への違和感

サラリーマン時代、仕事関係以外の人に
「スバルの実験部門で働いています」というと、よく
「テストドライバーですか?」と訊かれました。さらに、
「すごいですね、私もやってみたかったんですよ」なんていう人もいます。

まぁ社交辞令的に喋っているとこもたぶんにあるのでしょうけど
どうもその“テストドライバー”ってな言葉と
“憧れ”みたいな言い回しに違和感といいますか
何か誤解してるんじゃないかなという思いを毎回感じたものでした。

ちょっと前に、スバルの実験部門のドライバースキル向上の取材などが
メディアで取り上げられたりしたので知っている人もいるかもしれませんが、
スバルには“テストドライバー”という肩書の職種の人はいません。
そして、テストコースを走ってばかりいることを仕事としている人もいません。
他の自動車メーカーにはいるのかもしれませんが……

続きを読む "テストドライバーという言葉への違和感"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

麺屋はちまるの辛らーめん

A181207_1
自宅から2kmほどのところにある「麺屋 はちまる」という
ラーメン屋さんに散歩がてら歩いて行ってみました。

といいますか、本当はここのすぐ目と鼻の先にある
ずいぶん前に行った佐野ラーメン系の「手打ちラーメン 優」をめざしたのですが、
なんと夜~深夜のみの営業というスタイルになってしまってました。
確かにここの一画は居酒屋やスナックなどが多いので
〆の一杯としてのラーメンに的を絞ったのでしょうね。
個人的にはちょっと残念な気持ちがありますが。

続きを読む "麺屋はちまるの辛らーめん"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プラモ製作(78)アルシオーネVS

B180707_1
タミヤ模型の1/24スケールのスバル・アルシオーネを作りました。

このキットではスバル4WDターボ XTクーペの名称が使われていることからも
アメリカ市場での販売を強く意識したものだと言えるでしょう。
まぁ、アルシオーネ自体が日本国内よりもアメリカ市場向けだったこともあるでしょうし。

いちおう、右ハンドル仕様、左ハンドル仕様と
どちらでも作ることができるようになってますが、
やはり不器用な(?)アメリカ人向けなのかかなりシンプルというか
部品点数も少なくてある意味でタミヤとしては手抜きなキットになっています。
前輪の操舵も出来ませんしね。

続きを読む "プラモ製作(78)アルシオーネVS"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

群馬は違法駐車だらけで歩行者に優しくない!

以前の記事で、日本の横断歩道は、
とりわけ車至上主義のはびこる群馬県の横断歩道では
横断歩行者優先がまったく守られていないことを
幾つかの動画とともに紹介しました。

今回はそれと同じく歩行者軽視の車至上主義がもたらしている
横断歩道とは違った事例を紹介したいと思います。
今回も動画にしました。(実は静止画を繋ぎ合わせただけです)

続きを読む "群馬は違法駐車だらけで歩行者に優しくない!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

太田市のDININGれんげのらーめん

A181204_3
太田市の市街地にある「DINING れんげ」というラーメン屋さんに行ってきました。
自宅からは20kmほどですが、今日は風も穏やかなのでコメットさんこと
内装3速のミニベロで行くことにしました。

まぁ、数年前はこのミニベロでほぼここにほど近い職場にジテツウしていたので
その時の懐かしの経路を辿りながらのポタリングになりましたけどね。

ちょっとお洒落なラーメン屋さんな感じですが
ボクの苦手な自販機で食券買うタイプの店でした。
ボクのすぐあとに何人ものお客さんが入ってくるわ
千円札はなかなか入っていってくれないわ……
結局熟考することなくあせって食券買って、、、、
つり銭とるのを忘れましたorz

まぁ日本ですから、後のお客さんから渡されましたけど(汗)

続きを読む "太田市のDININGれんげのらーめん"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「核DNA解析でたどる 日本人の源流」を読了

B181124_1
河出書房新社の「核DNA解析でたどる 日本人の源流」斎藤 成也 著を読みました。

前回紹介の「人類進化の秘密がわかる本」の中でも少し触れられていたのですが
日本人はどこからどのような経路で日本に来て
様々な混血などを経て今に至っているのかということを
DNA解析を主として解明しようという内容になっています。

まぁボクも日本人ですから自分のルーツがどこにあるかということは
どうしても特別な興味を持っていますからね。

続きを読む "「核DNA解析でたどる 日本人の源流」を読了"

| | コメント (7) | トラックバック (0)

U.F.O.ミーゴレン焼そばを食べてみた

B181118_1
新作カップ焼きそばかと思って買ってみました。
日清焼そばU.F.O.ミーゴレンです。
「インドネシア風甘辛焼そば フライドエシャロットの香ばしさとチリの辛みがクセになる!」
だそうです。
調べたら11月12日新発売だそうです。

しかーし!以前こんなのを食べてました。
アジアンダイニング味の殿堂 インドネシア風甘辛焼そば ミーゴレン」です。
ほぼ、ほぼほぼおんなじですよね。同じく日清食品ですし。
敢えて言えば、U.F.O.シリーズとしては新発売なのかも知れませんが。

続きを読む "U.F.O.ミーゴレン焼そばを食べてみた"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自動車の開発はちょっと変だと思った

工業製品の開発というのは、一般的には
企画(または営業)→設計→試作→試験
という流れで進み試験結果が×ならそれが設計にフィードバックされて
設計変更→試作→試験を何回か繰り返して全ての試験結果が○になれば
製造工程へ移行していくというものでしょう。

ボクは大学で機械工学科だったので学生時代にもそう教えられてましたし、
学生時代に鉄工所でアルバイトしていた時にも
経験的にそのように理解していました。

でも、自動車メーカーのスバル(富士重工)に入社したら
どうもそれとは違っていてなんか変だなと感じました。
今日はそんなことを記事にしたいと思います。
ただし、いわゆる暴露ネタではありませんのであしからずご了承を。

もっともボクはスバルしか勤めていませんし、
自動車以外の業種も詳しく知りませんから
あくまでもスバルの場合ということしか言えません。
でも、他社との共同プロジェクトや技術交流、
あるいは部品メーカーや技術コンサルティング会社とのやりとりを通じて
他のメーカーでもそれぞれ違いはあるものの
大きな括りでみると似たようなところが多いのではないかと思っています。

続きを読む "自動車の開発はちょっと変だと思った"

| | コメント (10) | トラックバック (0)

« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »